恋愛のプロ直伝! 恋をきれいに自然消滅させるポイント

アンミカがMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ生番組「日曜はカラフル!!!」(毎週日曜11:30〜)。8月16日(日)放送の「カラフル!!TOPICS」のコーナーでは、最近増加中というカップルの“自然消滅”を取り上げました。



◆最近のカップルは"自然消滅”を望んでいる!?

"自然消滅”とは「別れを告げずに恋愛がフェードアウトして終わること」。SNSでも自然消滅で別れた人たちの投稿でいっぱい。
例えば、「前の彼氏との恋は自然消滅させました」、「お互いに"どうでもいいや”ってなって自然消滅しました」、「距離を置いていたら自然消滅で別れました」といった投稿があり、実際に自然消滅で別れた人に話を伺ってみても「普通に別れ話をして別れるには勇気が必要だったので、自然消滅という形をとりました。連絡がきてもLINEを返さなくしたり、ちょっとずつ無視していったんです。自然消滅させてよかったと思っています(20代女性)」とかなり肯定的。

また、ある20代女性の話では、自然消滅のきっかけは「新型コロナ」。「緊急事態宣言が出ちゃって『会えないね』ってなって、そこからLINEだけのやりとりだったんですけど、そのまま徐々に連絡減らされてフェードアウト。あぁ……"察さなきゃな”みたいな」と振り返ります。

◆コロナ禍の今が"自然消滅”のチャンス!?

「今、自然消滅するカップルはかなり増加しています」と語るのは、のべ5,000件以上の男女関係に関する取材を行ってきた恋愛のプロフェッショナル、恋愛コラムニスト・ライターの亀山早苗先生。

特に30、40代のカップルに多くみられるそうで、その理由は"コスパ”。不況のなかで育った彼らは恋愛以外のことが大変なだけに、「前提として恋愛に対する熱量が低い」と亀山先生。そして、恋愛は時間と手間と労力がかかり"コスパが悪い”と考えている人が増えているそう。さらには、「たとえ付き合ったとしても別れ話もコスパの悪いイベントの1つになってしまう」と指摘します。

また、増加の原因はもう1つ。「コロナという状況は、自粛を理由に会わずに済むし、連絡がなくなってもあまり不自然ではない状況なので、自然消滅をさせるには絶好のチャンスと言えます」と亀山先生。別れたい相手がいるなら今は自然消滅させる絶好の機会のようです。

◆恋愛のプロ直伝、上手な自然消滅の仕方

亀山先生からは、簡単かつ手軽に自然消滅したい人に向け、アドバイスをいただきました!

まず、期間はあまり焦らないことが大事。いきなり連絡をしなくなるのではなく、だいたい3ヵ月ぐらいかけて徐々に連絡頻度を減らしていくことが基本だそう。

そして、デートの断り方にもコツがあり「自分自身が新たな人生、新たな道を模索している感じを出すのが重要」と言います。例えば「資格の勉強をしている」など、前向きな取り組みを理由に誘いを断ることで、相手はなんとなく気持ちが冷めていることを察し、わだかまりなく自然消滅できるんだとか。

なお、自然消滅させる恋は、ある意味でサステイナブル(持続可能)な関係で、「バツっと縁が切れる感じではないので、一度終わっても復活する可能性もある」と亀山先生。取材したなかには、自然消滅してはまた付き合うを繰り返しているカップルもいたそうで「お互い分かりあっているので、時期的に付き合ったり、別れたりが、ごくごく自然にできてしまう」とのこと。

もしも別れることになったら、自然消滅でスマートに恋をフェードアウトさせるのもアリかも!?

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:日曜はカラフル!!!
放送日時:毎週日曜 11:30〜12:55 「エムキャス」でも同時配信
出演者:アンミカ、クリス松村、山之内すず
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/colorful/
番組Twitter:https://twitter.com/sunday_colorfu

関連記事(外部サイト)

×