今話題の「男のトリセツ」、男性の取り扱い方に悩む女性が急増中!

アンミカがMCをつとめるTOKYO MX(地上波9ch)のバラエティ生番組「日曜はカラフル!!!」(毎週日曜11:30〜)。9月13日(日)放送の「カラフル!!TOPICS」のコーナーでは、今話題の“男のトリセツ”を取り上げました。



◆男性の心、取り扱い方がわからない女性が急増中!?

「女心と秋の空」ということわざがありますが、これは「女性の異性に対する感情は、秋の空模様のように移ろいやすく難しい」という意味です。しかし、実はこれ、明治時代までは「男心と秋の空」だったそう。つまり、女心と同じく、男性の感情も移ろいやすく読み解くのが難しいんだとか。

実際にそう感じるという視聴者モニターの女性に話を聞いてみると、「学生時代に特定の男の子にちょっかいを出されることがあって、私はそれがすごく嫌だったんですけど、実は私のことが好きでちょっかいを出していることがわかって。好きなら好きって伝えればいいのになって思うので、男性心ってわからないなぁって感じました」とのこと。

さらには、「SNSは更新しているのに、LINEの返事は見てくれないっていうのが理解できない。既読にならないんです。1日1クリックくらいできるじゃないですか。それができないなんておかしくないですか?」という意見や、「私が○○にご飯を食べに行きたいって言うと、『君が行きたいなら行くよ』とか、『俺はどっちでもいい』って最終的に言う。"どっちでもいいって何?”と思って、そこに意思表示はないのかなっていう。彼氏の心を読み解きたい」など、巷には男性の取り扱い方に困っている女性が溢れかえっているようです。

◆今話題の「男のトリセツ」本、気になるその中身は?

そんな男性の取り扱い方に困っている女性に向けた、男性の心を読み解く本が発売され話題になっています。それは、人気恋愛コラムニスト神崎メリさんの最新刊"「本能」を知れば、もう振り回されない!恋愛&婚活以前の 男のトリセツ”。

そこには女性が男性に振り回されないための男性の取り扱い方法が徹底解説されており、発売直後からAmazonの売れ筋ランキングで第1位を獲得。SNSでは「彼の行動の意味がわかって勉強になった!」、「参考になるトリセツがたくさんだった!」と絶賛の声が。

例えば、「彼のほうからアプローチしてきて付き合ったはずなのに、私から距離を詰めたらなぜか急に冷たくなった」という女性の疑問に対し、この本では「男性は女性から距離感を詰められると、自分から好きになった相手でも『逃走本能』が働き距離をとってしまう」と解説。

そして、そんな男性のトリセツも紹介。それは「"LOVE and バイバイ”の法則」。これは、デートのときは彼氏とラブラブしながらも、家路についたら自分から連絡をしないというもの。男性は元来「女性を追いかけたい」という狩猟本能を持っているため、この方法をとることでその心に火がつき、男性からもっと距離を縮めてくれるそうです。

他にも「男性の地雷を踏まないためのトリセツ」や「元カノに未練たらたらな男性へのトリセツ」など、この本には使える男のトリセツが満載です。

◆今ドキの男子のトリセツ…頭をポンポンしてほしい!?

しかし、世の中には35億人の男性がおり、トリセツは人それぞれ。そこでこの日は「俺のトリセツ」座談会を開催。自分のトリセツを言いたいモニターを集めて発表してもらいました。

すると、さまざまな意見が挙がるなか、40代独身男性からは「自分といるときはありのままでいてほしい」というトリセツが。自分といるときは飾らずに、ありのままでいてくれると幸せを実感するそうです。

また、「とにかくホメてほしい!」という男子大学生も。「褒めて頭をなでてほしい。男性から女性に頭ポンポンとか"キュン”とする仕草がありますけど、女性から男性にされてもめちゃめちゃうれしい」そうで、とりあえずホメて、頭をポンポンしてあげると喜ぶ男性もいるようです。

さらに、20代男性が挙げたトリセツは「異性の友達には、ほどよい距離感をお願いしたい!」。なんでも女性の友人はあまり自分に近づきすぎないでほしいそうで、その理由は好きになっちゃうかもしれないから。

「女友達に優しくされたり、ボディタッチやスキンシップをされたりすると、"俺に気があるのかな!?”って(その女性を)気になり始めちゃう」とのこと。女性のみなさんは何気ないボディタッチも慎重に!

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:日曜はカラフル!!!
放送日時:毎週日曜 11:30〜12:55 「エムキャス」でも同時配信
出演者:アンミカ、クリス松村、よしあき
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/variety/colorful/
番組Twitter:https://twitter.com/sunday_colorfu

関連記事(外部サイト)

×