笹野高史、劇中で舐めた携帯電話の味は…「ほのかに〇〇です」

伊藤健太郎さん主演の映画『十二単衣を着た悪魔』が公開し、黒木瞳監督からお礼の言葉がありました。



黒木監督は、「スタッフのみんな、そして出演者のみんなに支えられて、作品を完成することができました。今日は本当に映画をご覧になって下さって、ありがとうございました」と話しました。

この映画は、自信を失ったフリーター男子が源氏物語の世界へタイムスリップ。平安時代の美しき最強ヒロインと出会う物語です。

スマートフォンを舐める演技が光る笹野高史さんから、一言あいさつがありました。

「携帯電話の味のご報告を申し上げます。
ほのかに、しょっぱかったです」と言って、笑いを誘っていました。

映画『十二単衣を着た悪魔』は、全国公開中です。

関連記事(外部サイト)