新田真剣佑、「三浦春馬さんは役者への道しるべ」

俳優の新田真剣佑さんが、国内映画では初の単独主演する『ブレイブ -群青戦記-』の製作報告会見が行われました。



映画は、スポーツの名門校で活躍していた高校生たちが、突然、学校まるごと戦国時代にタイムスリップ。戦国の世を生き抜くため、それぞれの部活の知識を生かし奮闘していくアクションストーリー。

会見終盤、新田さんが、共演した三浦春馬さんへの思いを語ってくれました。

「役者になりたいなって思ったのが、三浦春馬さんで、この映画でご一緒できてすごく嬉しかったです。僕の夢であった共演をすることもできましたし」

そして、「大好きな春馬さんの最高の姿がこの映画みれるので、ぜひぜひ楽しみにして頂きたいですし、最高の笑顔を…春馬さんにも届けられるんじゃないかなと思います」と、新田さんは時折涙ぐみながら話しました。

映画『ブレイブ -群青戦記-』は、3/12(金)より全国公開です。

関連記事(外部サイト)