中国で海警法改正、武器使用が可能に…尖閣周辺の緊張高まる

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。1月25日(月)放送の「ニュースランキング」のコーナーでは、中国で海警法が成立したことによりさらに緊張化する「尖閣問題」について意見を交わしました。



◆「海警法」成立で中国の武器使用が可能に

中国の全国人民代表大会 常務委員会は、中国海警局の武器使用を含む任務と権限を定めた「海警法」を可決。中国海警局の船舶は、沖縄県・尖閣諸島周辺で日本領域への侵犯を繰り返しており、両国の緊張が高まることが懸念されています。

このニュースは10代の関心はあまり高くなかったものの、20〜40代の男性を中心に注目が集まりました。

ジャーナリストの福島香織さんは開口一番「尖閣の問題は本当に危機的状況」と現状を案じ、「この法律改正でひょっとすると漁船が巻き込まれる。要するに予測できない衝突、紛争に繋がるようなことが起きても不思議ではない」と危惧します。

さらに、習近平政権は今年初頭、戦争を仕掛けそうな激しい軍令を出していただけに、「今年は本当にやる気を見せるような感じだったので何があっても不思議ではない」と福島さん。

それだけに日本も衝突など予想外のことが起こったときにどのような対応できるのか、それこそ発砲ができるのか、自衛隊が出動できるのかなど「そういったことをちゃんとシュミレーションしておかないと本当に危ない」と注意を促します。

◆習近平政権の狙いは…

MCの堀潤も「現場の建て付けだと自衛隊が直ちに武器を使用して応戦という形にはなっていませんからね……」と同意しつつ、海上保安庁の装備や権限はこのままでいいのか、人員の手当ては充分なのかと憂慮。

すると国際弁護士の湯浅卓さんも、「結局、戦争を前提にいろいろな条約などができているわけで、具体的・日常的な衝突でこれをクリアしていこうという中国側の狙いが明らかになったということ」と見解を示していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter:@morning_cross

関連記事(外部サイト)

×