「何度読んでも感動…」中瀬ゆかりが絶賛する山本文緒の長編小説

TOKYO MX(地上波9ch)の情報バラエティ生番組「5時に夢中!」(毎週月〜金曜 17:00〜)。1月28日(木)放送の「中瀬親方のエンタメ番付」のコーナーでは、新潮社出版部部長の中瀬ゆかりさんがおすすめのエンタメ作品を番付形式で紹介しました。



【"中瀬親方”による1月のおすすめ作品】

◆関脇
絵本「わたしのげぼく」
上野そら 作/くまくら珠美 絵(アルファポリス)

かしこいネコの「わたし」と、泣き虫でどんくさい飼い主の「げぼく」。わたしは、毎日一緒に遊んでくれて、尽くしてくれるげぼくと幸せな日々を過ごしていた。月日が流れ、げぼくは青年へと育っていくのに対し、わたしはどんどん年老いていく。わたしは、この先どうなるかを悟り、げぼくへの想いを残し、別れのときを迎え……。

中瀬親方のコメント「こちらは新刊ではなく2017年7月に発刊された作品で、発売当初から大人向けの"ネコ”絵本として反響が大きく、感動作だと評判でした。ネコを飼っている人がこの絵本を読んで反応しない人はいるのだろうかと思うくらいで、私は最近読んだんですけど、涙が垂直に飛んだほどでした。(読み終わって)うちにいる3匹のネコをただただ抱きしめる時間を過ごしました。

誇り高きネコのひとり語りで、ネコを飼っている人ならわかると思いますけど、『わたし』は決してこびたりしない。『げぼく』に対し、本当に心を込めたメッセージを送っている感じが、何度読み返しても何度も同じところで涙が出ました。ネコ好きの方は、必読の書だと思います!」

◆大関
映画「すばらしき世界」
2月11日(木・祝)より全国ロードショー

「ゆれる」「ディア・ドクター」などで映画賞に輝く西川美和監督と、名優・役所広司のタッグが贈る"社会”と"人間”の今をえぐる問題作。直木賞作家・佐木隆三さんのノンフィクション小説「身分帳」に惚れ込んだ西川監督が、長編映画としては初の原作ものに挑んだ。人生の大半を刑務所で過ごし、社会に適応しようとあがく元殺人犯・三上の苦悩と生きざまを実在の人物を元に描く。

中瀬親方のコメント「役所広司さん演じる三上は、13年の刑期を終えて出所し、何とか社会復帰しようとするんですけど、怒りの感情をコントロールできず事態を悪くしてしまう繰り返しなんです。でも、すごくチャーミングな一面もあって、観ているうちにどんどん三上に惹きつけられていくんですけど、とはいえ三上は罪を犯した元ヤクザ。私たちとはちょっと違う人間だと思いがちなんですけど、(更正しようとする)彼の姿を観ているうちに、違わないんだと。一度人間がレールを踏み外したり、社会から排除されたりしたときに、立ち直る、やり直す方法はないものなのかと、すごく考えさせられます。

今はコロナ禍で、人との繋がりやコミュニケーションがなかなか取れないなかで、この映画は本当に人との繋がりについて今一度考えさせてくれると思います。三上だけでなく、脇役のキャラクターも素晴らしくて、人間ってやっぱり"愛おしいな”って感じながら、余韻の深いラストへと展開していきます。とても面白かったです!」

◆横綱
小説「自転しながら公転する」
山本文緒 著(新潮社)

東京のアパレルで働いていた32歳の主人公・都(みやこ)。しかし、母親の看病のため茨城の実家に戻り、地元のアウトレットモールのショップで非正規として働き始める。職場ではセクハラなど問題続出し、実家は両親共に体調を崩しているという状況のなか、都は同じモール内にある回転寿司店で働く元ヤンキーの男性・貫一と出会い、恋に落ちていく……。

中瀬親方のコメント「山本文緒さんはものすごく大好きな作家さんで、唯一不満があるとしたら、7年ぶりの新作なので"もっと書いてほしい!”と思うくらい待ち望んでいた長編なんです。

都は、"このままでいいのか”と(貫一と)結婚に踏み切れずにいて、仕事、恋、家族との関係にぐるぐると悩む日々を、自転・公転に例えて描いているんですけど、山本さんは『結婚は"少しくらい不幸でいい”』とおっしゃっていて。"この人がいないと生きていけない”という選択も素敵ですけど、"この人がいなくても生きていける”という選択があってもいいんじゃないかと。

山本さんは作品発表時のインタビューでも『"家を建ててナンボ”とか"結婚して子どもを持ってナンボ”といったいろいろな古い価値観がまだ残っている。でも、下の世代というのは少ないお金で充実した生活をする価値観を構築していかなきゃいけない……それは素晴らしいことで、下の世代から自分たちが学ばなければいけないんじゃないかという思いがあって、この小説を書いた』ということでした。都と貫一の2人がどうなっていくのか、ドキドキしながら読みました。いろいろな思い入れの仕方があるんですけど、私は貫一がとにかく魅力的な男だなと感じて、3回読み返しました。何度読んでも感動のしどころがある、本当にすごく面白い小説なので、ぜひ読んでみてください!」

中瀬さんが推す3作品、ぜひチェックしてみてください! 毎月最終木曜日に発表するこのコーナー、次回2月のエンタメ番付は、2月25日(木)にお届けする予定です。お楽しみに。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:5時に夢中!
放送日時:毎週月〜金 17:00〜17:59 <TOKYO MX1> 「エムキャス」でも同時配信(地上波放送エリアを除く)
メインMC:ふかわりょう(月〜木)、原田龍二(金)
アシスタントMC:大橋未歩(月〜木)、ミッツ・マングローブ(金)
番組Webサイト: https://s.mxtv.jp/goji/
番組Twitter: @gojimu
番組Facebook:https://www.facebook.com/5jinimuchuu

関連記事(外部サイト)