フランスでは国が肩代わり…日本も養育費の不払い問題解消へ

TOKYO MX(地上波9ch)朝のニュース生番組「モーニングCROSS」(毎週月〜金曜7:00〜)。2月11日(木・祝)放送の「ニュースランキング」のコーナーでは、養育費不払い解消に向けた動きについて意見を交わしました。



◆8割にも及ぶ養育費の不払い

養育費の不払いや離れて暮らす親子が定期的に会う「面会公流」が実施されない問題など、親が離婚した後の子どもの養育を巡る課題解消に向け、上川法務大臣は法制審議会に対し関連する制度の見直しを諮問しました。

幅広い世代で注目が集まったこのニュース。弁護士の金塚彩乃さんは「ようやくだなと思う」と率直な感想を述べ、現在シングルマザーへの養育費の不払いが8割にも及ぶというデータがあるそうで「あまりにも家族法の進展が遅すぎる」と指摘。

さらには、「いろいろな家族の形態があるのにそれをサポートすることなく、昭和22(1947)年の家族法をそのまま使っているような部分がある」と言い、「いろいろな人々の生き方のサポートを可能にするような家族法になってほしい」と望みます。

◆家族の在り方が"多様”なフランスでは…

金塚さんによると、フランスでは養育費の不払いは国が立て替え、支払い義務者から税金などで徴収するそうで、「当事者間にどれだけ負担を負わせてしまうのかも論点。国や行政の役割ということをきっちり考えてほしい」と主張します。

また、フランスでは結婚せずに子どもを持つことも普通で、「形に捉われない、いろいろな生き方が日本でももっと広がっていくといい」と金塚さん。そのためには女性が働き、自活できる社会体制の整備。さらには、家族法だけでなく、女性の労働や賃金の問題などの重要性を示唆し、「行政だけでなく社会全体の変化も必要」と訴えます。

家族の在り方については「議論が遅すぎる」という声もあるなか、スローニュース代表取締役の瀬尾傑さんも「全くその通り」と同意し、「少子化対策という観点からも家族の多様性などを認めることはとても大事」と言います。

とりわけシングルマザーの貧困の原因となっている扶養の問題については「早く手を打つことが大事。この議論自体はとてもいいと思うのでスピーディーにやってほしい」と要望。その一方で、兵庫県明石市ではすでにフランス同様、行政が養育費を立て替えていることを引き合いにし、「行政が肩代わりしたり、サポートしてあげることは必要なこと」と話していました。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:モーニングCROSS
放送日時:毎週月〜金曜 7:00〜8:00 「エムキャス」でも同時配信
レギュラー出演者:堀潤、宮瀬茉祐子
番組Webサイト:https://s.mxtv.jp/morning_cross/
番組Twitter:@morning_cro

関連記事(外部サイト)