天才少女棋士・仲邑菫と、台湾美人棋士の囲碁直接対決!

天才少女棋士・仲邑菫と、台湾美人棋士の囲碁直接対決!

天才少女・仲邑と台湾の才媛が夢の対局!

 2月20日、東京・市ヶ谷にある日本棋院七階のホールには、報道陣による文字通り黒山の人だかりができていた。

 とはいっても、これから繰り広げられる戦いは名人戦でもなければ本因坊戦でもない。世界一決定戦でもなく、もっといえば公式戦ですらない。あくまでも記念対局、プロ野球でいうオープン戦みたいなものである。

 にもかかわらず、囲碁界には不似合いなほどの注目を集める理由は、最年少プロと話題をさらっている仲邑菫初段が台湾の「美人すぎる囲碁棋士」黒嘉嘉(ヘイ・ジャアジャア)七段と対局するからにほかならない。

 午後四時開始に備え、午後三時半過ぎに棋院入りした筆者であるが、控室をのぞくとすでに黒七段が到着し、同郷の謝依旻(シェイ・イミン)六段と談笑しているのが見える。日本棋院による事前の告知によると、「黒七段は対局日当日に来日のため、交通状況、天候不順等の問題によって、対局の遅延もしくは、対局者変更の可能性がございます。」とのことだったが、無事来日できたのだと胸をなでおろす。

「美人すぎるXX」という表現はあまりにも手垢がつきすぎており、まさか筆者が署名記事の中で使うことになるとは夢にも思っていなかったが、控室の黒嘉嘉をのぞき見すると、決して誇張でもなんでもないことがわかる。なお、控室の扉は開かれたままになっており、断じて筆者が何かやましい手法を使って中を見たわけではないことをここに明記しておく。

 仲邑菫は日本棋院初となる「英才特別採用推薦棋士採用者」枠でプロ棋士となった。

 将棋の常識からすると考えられない出来事である。というのも、将棋界においてはプロ養成機関「奨励会」に入会し、まずは三段まで上がり、毎回半年続く三段だけのリーグ戦で一位か二位になる以外、プロ棋士になる道はないからだ。それも、「26歳までに」という鉄の掟がある。かつて、瀬川晶司がプロ棋士になりたいと嘆願状を出した時、大部分の現役プロ棋士が猛反発したのがその点だった。

 「オレたちは26歳で死ぬという条件を受け入れて全てを捨てて戦ってきたのに、一度26歳で死んだヤツをなぜ受け入れなければならないのか?」

 世間的に見れば、瀬川晶司は当時プロを相手に公式戦で勝率七割以上を記録しており、「プロより強い人が、なぜプロになってはいけないのですか?」という素朴な疑問が生まれるわけだが、実際に何人ものプロ棋士と友人付き合いをして、寝食を共にし、共著まで出している筆者にはこの反発の気持ちが痛いほどわかる。とある友人の高段棋士はいみじくもこの日本棋院の動きを見てこうつぶやいた。

「将棋連盟だったら暴動がおこっているかもしれません」

◆床に足が届かない仲邑菫は、行儀よく靴を脱いで椅子の上に正座

 藤井聡太の場合は、正規に奨励会へ入り、正規の昇段規定に基づき昇段し、三段リーグも正規の規定にしたがって勝ち抜いているため、誰一人文句をつける人はいない。そして奨励会在籍中に何度も生きるか死ぬかの戦いをくぐりぬけているから、対加藤一二三戦をはじめとするプロとの対局でも平然としていられるのだ。その点において、藤井聡太と仲邑菫は同列の存在ではない。

 もちろん、今回の「英才枠」は中国・韓国に後れをとっている囲碁界が起死回生の一手として放った奇手であることはわかる。実際、韓国においては英才枠出身の棋士が世界トップクラスになっているという事例があるのも事実である。藤井聡太による史上空前の将棋ブームに触発されたのも確かだろう。一つだけ確かなことは、たかだかオープン戦でこれだけの注目・報道陣を集めているという点からいえば、広報戦略として短期的には日本棋院の大勝利であるということだ。

 午後四時となり、両対局者が入場しカメラのシャッター音がやかましくなる。もちろん、そのシャッター音の一部が筆者のカメラであることを否定するつもりも毛頭ないのだが、報道陣の様子を写真にとると、ひと際目立つスキンヘッドの御仁がいる。誰だろうと思ってよく見ると武宮正樹九段だったりする。同業者にとっても気になる一局のようだ。

 囲碁と将棋が決定的に違うのは、将棋が国内戦であり、囲碁が国際戦であるということだ。したがって、正座ではなく椅子対局が当然となっている。将棋のプロ棋士で膝や腰を痛めて正座に苦しむ人たちは少なくない。将棋にも一刻も早いイス導入を願うばかりである。

 黒嘉嘉に続き、仲邑菫が入場する。小学四年生としても小柄の部類に入るであろう仲邑菫は、着席しても床に足が届かない。すると行儀よく靴を脱ぎ、いすの上に両ひざをたたみ、戦闘態勢に入った。

 囲碁に限らず、チェスや将棋も含めた一対一のボードゲームというのものは、必ず先手のほうが有利となる。二者がほぼ同一の力の持ち主であれば、将棋の場合第三者が五枚の歩を投げ、「歩」が出たか裏側の「と金」が出たかの枚数で先手後手を決める。

 囲碁の場合は片方が適当に石を握り、相手が握った石の数が偶数か奇数かを予想して先手後手を決める。今回は、明らかに仲邑菫のほうが力が下ということで、「定先」(じょうせん)といって事前に仲邑菫が先手で黒の石をもつというきまりに基づいて行われた。

 こうして対局は始まったわけだが、筆者は事前に黒嘉嘉が所属する台湾の芸能事務所に独占インタビューを申し入れていた。

 すると彼女のマネージャーから「現在黒嘉嘉は週末の大会に向けて囲碁に集中しております。したがいまして、どうしてもインタビューご希望の場合は日本棋院にお問い合わせください」という返答があった。

 そう、今回の黒嘉嘉来日の主目的は「SENKO CUP ワールド碁女流最強線2019」である。優勝者には賞金一千万円が出るこの大会において、昨年黒嘉嘉は準優勝であった。もちろん、大一番を前に邪魔するつもりは毛頭ない。あくまでも大会終了後に、囲碁の普及のため二・三十分筆者とのおしゃべりに応じてくれればそれでいいのだ。仲邑菫の将来性も聞いてみたいではないか。

 ということで筆者は日本棋院にこのマネージャーからの返答をそのまま転送し、あわせて黒嘉嘉本人に向けたインタビュー申し込みも書き込んだ。一体筆者は黒嘉嘉の独占インタビューをモノにできるのか?

 次回は、対局終了時の様子を報告していきたい。

【タカ大丸】

 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

関連記事(外部サイト)