台湾美人棋士・黒嘉嘉、日本の天才少女棋士・仲邑菫と囲碁直接対決(2)

台湾美人棋士・黒嘉嘉、日本の天才少女棋士・仲邑菫と囲碁直接対決(2)

9歳と思えぬほど成熟した佇まいの仲邑菫(左)と美貌の棋士、黒嘉嘉

 弱冠9歳の天才少女棋士・仲邑菫と、台湾の黒嘉嘉の対局の様子を、前回に続き報じる。

 約十分間の対局開始後撮影が終わった後、報道陣は一階待合室に移動することになった。

 たとえば将棋の名人戦や竜王戦のような大一番の場合、写真撮影用に何度か棋士が初手を指し直す風習みたいなものがある。

 将棋の初手は、九分九厘飛車先の歩を前に出す「2六歩」か角道をあける「7六歩」のどちらかに決まっているが、それを棋士がカメラマン一同のために何度か繰り返すわけだ。

 この記念対局の場合、持ち時間そのものが十分と非常に短いため、「撮影用打ち直し」はなかった。何手かお互いが打つのを適当に撮影してください、というやり方だった。

 筆者の囲碁の実力はというと、以前この媒体にご登場いただいた張栩名人が開発した「囲碁パズル」の八問目か九問目でつまるレベルである。つまり無に等しい。したがって、対局における打ち手がどうこうという論評はできないし、する気もない。仮にアマ二段程度だったとしても、それでプロの打ち手に口を出すほど筆者は身の程知らずではない。

 さて対局終了までどうするかな…と考えていると、一人東南アジア系でスマホを見ながら戦況を追う男性がいる。「ジミー」と名乗るこの男は、マレーシアで囲碁のインストラクターを務めているという。

 「この後は、シンガポール代表のアマ選手と夕食に行くことになっているんだ」

 この週末に予定されていた「SENKO CUPワールド碁女流最強戦2019」においては、プロの対局に日本から四人、それから韓国・中国・台湾・欧州(今回はロシア)から一人ずつの四人の八人で争うことになっており、同時に開催される「世界アマ女流選抜戦」にはタイ・シンガポール・マレーシア・ベトナムから一人ずつ出場することになっていた。

 おそらく、彼が言っているのはそのシンガポール代表のことだろう。

◆スマホに表示されたAIによる戦況判断

 スマホを見せてもらうと、まさに七階で行われている対局の盤面が表示されている。上のほうにはAIの戦況判断がついている。対局のうち三分の二くらいはほぼ互角だったが、ある瞬間から明らかに白、つまり黒嘉嘉に形勢が傾き、勝てる確率がほぼ100%となった。

 現実問題として、黒嘉嘉は世界有数の女流トップ囲碁棋士であり、仲邑菫はいかに天才少女で、囲碁最先進国の韓国で修行しているとはいえ「奨励会」を卒業していない存在である。これで先手以上のハンディなしで勝てたとすれば大金星である。したがって、素人目にもこの結果は予想がついた。

◆記者会見ではおとなしい少女だった仲邑菫

 対局が終わり、報道陣が再び対局室に通された。まずは、代表質問が行われる。

 ちなみに、筆者が個人的に知る藤井聡太は元来外向的な性格ではない。今や日本中知らぬ者がいない超有名人となってしまったが、彼自身は決してこの状態を嬉しいとは思っていない。話すときも下を見て相手と目を合わせることがなく、ボソボソ話すだけだ。

 ただし、将棋に関しては雄弁である。「昨日のXX対XXの王座戦第四局の74手目、後手は王手馬取りにどう対応すればよかったのですか?」と聞けば、必ず立て板に水のごとく答えてくれる。大盤解説であれば、聴衆が何百人いようと平気である。生物学上はまだ未成年かもしれないが、将棋に関しては完全に大人であり、老獪ですらある。

 その点、仲邑菫に質問を向けると、文章の答えが返ってこない。もちろん、小学三・四年くらいの岡山の田舎者の少年だった筆者が、東京の変なおじさん数十人に囲まれ、テレビカメラまで突きつけられていたならまともな応対はできなかっただろう。

 それを割り引いても、これまでさんざん奇人・変人・異人・偉人を相手にしてきた筆者が仮に独占インタビューを敢行したとしても、仲邑菫からコメントを引き出せる自信がない。

 一方、黒嘉嘉は手慣れたものである。さすが芸能事務所に所属していることもあり、メディア応対も相当に訓練を受けていることがわかる。日本語こそわからないが、通訳を通じて的確な応答をしていく。

 一通り代表質問が終わった後、一社につき一問ではあるが各自に質疑応答の機会が与えられ、筆者は手を挙げた。

◆黒嘉嘉は、死活を英語で「Life and death problem」と表現した

 黒嘉嘉の父親はオーストラリア人であり、Joanne Missinghamという英語名も持ち、米国暮らしの経験もある。まだ英語を話す映像などは見たことがないが、それならば英語がわかるに違いない、と筆者は読んだ。

「Jiajia,英語で一つ質問いいですか?」予想通り先方は「Sure」と答えた。

「あなたはプロ棋士として、六歳の趙治勲が林海峰と対局した棋譜を見たことがあるはずです。六歳の趙治勲と、今日のスミレを比べて、彼女の強みと弱みはどこだと思いますか?」

 ご存知ない方のために解説すると、囲碁界で神童の伝説として必ず取り上げられるのが「六歳の趙治勲」である。

 沢木耕太郎著「馬車は走る」(文春文庫)に収録された短編「帰郷」に詳しいが、すでに日本へ渡っていた碁打ちの長兄が呼び寄せた、というか本人の意思とあまり関係なく自分には絶対届かない名人位を獲らせるために無理やり韓国から末弟・治勲を引っ張ってきたわけだが、来日一週間でハンディ戦とはいえ、バリバリのプロだった当時の林海峰六段に圧勝した。プロ棋士の黒嘉嘉がその棋譜を知らないはずがない。

 すると黒嘉嘉は少し困惑の様子を見せた。筆者は趙治勲の名前を原語、つまり韓国風に「チョ・チフン」と発音したのだが、それがわからなかったらしい。その日通訳を務めていた林漢傑八段の助言もあり、筆者の意図がわかったらしい。「わかりました」

「そうですね、彼女の序盤は非常に攻撃的なスタイルでした。あとは、最終盤にさしかかる前の問題である死活問題に取り組んでいけば、さらに実力が向上すると思います」

 黒嘉嘉は、死活を英語で「Life and death problem」と表現した。

 いくつかの応答を終え、フォトセッションに入った。

 椅子や碁盤を片付け、仲邑菫用の足台を入れた後に黒嘉嘉と二人が再び会場に呼び入れられ、撮影が始まる。筆者が二人を撮影すると、なぜか左隅にスマホで撮影に集中している武宮正樹九段のスキンヘッドが映りこんでいたりする。

 次回は本大会の様子を伝えていきたい。

【タカ大丸】

 ジャーナリスト、TVリポーター、英語同時通訳・スペイン語通訳者。ニューヨーク州立大学ポツダム校とテル・アヴィヴ大学で政治学を専攻。’10年10月のチリ鉱山落盤事故作業員救出の際にはスペイン語通訳として民放各局から依頼が殺到。2015年3月発売の『ジョコビッチの生まれ変わる食事』は15万部を突破し、現在新装版が発売。最新の訳書に「ナダル・ノート すべては訓練次第」(東邦出版)。10月に初の単著『貧困脱出マニュアル』(飛鳥新社)を上梓。 雑誌「月刊VOICE」「プレジデント」などで執筆するほか、テレビ朝日「たけしのTVタックル」「たけしの超常現象Xファイル」TBS「水曜日のダウンタウン」などテレビ出演も多数。

関連記事(外部サイト)