日本の映画料金、世界でもトップクラスに高いのはなんで?

日本の映画料金、世界でもトップクラスに高いのはなんで?

photo via Pexels

 3月18日、TOHOシネマズが映画料金を1800円から1900円に上げると発表した。これに不満の声をあげる映画ファンは多く、問題となっている。その背景にはどんな理由があるのか、迫ってみたい。

◆日本の映画料金は世界でもトップクラスの高さ

 まず、映画ファンの間には、「ただでさえ日本の映画料金は高いのに」という声がある。では、どのくらい高いのか?

 世界各国の映画料金の比較を行った海外サイト「Nation Master」の資料を見ると、’14年の調査時点で日本の映画料金は17.67ドル、調査対象174か国中5番目の高さだ。

 1位のサウジ・アラビアの60ドルというのは驚異的な高さだが、日本の映画料金の値上げが26年振りであることを考えると、以前であれば2位アンゴラ、3位スイス、4位ノルウェーよりも高かった可能性さえある。今回の100円値上げというだけでもノルウェーを抜く可能性は大だ。

 その他、代表的な国との比較で言えば、イギリスが13.30ドル、フランスやドイツが12.29ドル、中国が12.23ドル、イタリアやスペインが10.92ドル、アメリカが10ドル、台湾が8.91ドル、韓国が8.41ドル(いずれも’14年時点の統計)となっている。

 ちなみに筆者の住んでいるブラジルは、ほかの南米圏の国同様に入場料は安く、7.65レアルとなっている。この5年で物価がだいぶ上がった気もするので今となってはもう少し高い気がするが、それでも生活実感として10ドルを超えているということはない。

 しかもブラジルの場合、日本でも導入されているシニア料金は通常料金の半額(日本の場合は700円割引だが半額には至らず)であるほか、映画館のスポンサー銀行による半額割引が効くところも多く、それがゆえに日本円換算で600円もかからないで映画を見ることができている。

◆ブラジルなら「VIP席」で1600円程度

 そんなブラジルでも高い映画館というのは存在する。それは「VIP席」と呼ばれるもので、そういうタイプの映画館に行くと、座席が大きなリクライニング・シートになっている。グルメやポップコーンをはじめ、通常の映画館ではまず食べられそうにない小洒落た料理までウェイトレスが運んでくるサービスのものもあるが、それでも料金は日本円で1600円程度だ。もしブラジル人が日本の映画館に行ったら、信じられない思いをすることになるだろう。

◆配給と映画館の経営母体が同一会社

「ある映画館の料金が上がっただけなら、ほかの系列の映画館に行けばいいのでは?」と思われる方もいるだろう。だが、TOHOシネマズの値上げはほかの映画館にも大きな影響力を及ぼすものだ。それはなぜか? 日本の映画館は配給会社が直接的に経営、あるいは提携しているケースがほとんどだからだ。

 ’00年代以来活発化したシネマ・コンプレックスの発展の影響で、現在、日本における映画館数は大手4社がそのほとんどを占めている。東宝系列のTOHOシネマズ、ワーナーが参加しているイオン・シネマ、松竹が経営する松竹マルチプレックス・シアターズ、東映が運営するティ・ジョイの4つがメインとなっているのだ。

 大昔は、配給会社専門の映画館というものも存在したが、スクリーン数の多いシネコンが生まれてからは「一社提供」というわけにもいかず、映画館としてはさまざまな配給会社の作品がないと運営していけないのが現実だ。

◆「TOHOシネマズ」価格が業界標準になりやすいワケ

 そこで、ある映画館Aが、ほかの配給会社Bの運営する映画館よりも極度に低い料金設定をしたら、いったいどういう事態が考えられるか? 「Bで配給している作品は、Aでは上映させない」。そういう反応が起こっても何ら不思議はない。

 現在、邦画のヒットの大半を占めているのは東宝の作品だ。ほかの劇場の料金がTOHOシネマズとさほど変わらないのには、そういう理由もあるかもしれない。

 なお、外国の例では、配給会社と映画館チェーンを運営する会社はわかれているのが普通だ。AMCやシネマークといった世界的な映画館チェーンに、特定の配給会社が経営に関わっているなどという話は聞いたことがない。

◆日本の映画料金はいつから上がった?

 最後は「日本の映画料金はいつからそんなに高くなったのか」という問題で締めることにしよう。みずほ銀行産業調査部の作成データによれば急騰した時期は2つあり、ひとつは’70年から80年代初頭にかけて。そしてもうひとつが、バブル期の’89年から’93年にかけてだ。

(※1:出典リンク)

 最初の高騰の理由は、テレビの急速な普及により、それまで国民最大の娯楽だった映画の需要が落ちてしまったためだ。映画の動員数の落ち込みをフォローする意味で映画料金を上げていっていたら、‘70年頃には一般入場料金550円だったものが、‘80年頃には1400円と、1000円近くも高くなっている。

 そして、次はバブル期。この時期は映画料金に限らず、あらゆる物価が上がっていた時期でもあるので「さもありなん」という感じだが、同時にレンタルビデオが活発化しはじめていた時期でもある。

 同様に上記グラフを見ると、60年代から急減していた入場者数は、’70年代以降述べ2億人を切った状態での横ばい状態がずっと続いている。筆者自身も、子供だった80年代に映画料金が1000円を超えたころを覚えている。「子供がそんなに手を出せるものではないな」と思い、映画に興味を持てなくなった時期もあった。

 その後、大人になると子供時分に観なかったタイプの映画を見始め、再び映画館に通うようになった。しかし、そのころも、「映画館は高いからレンタルまで待つわ」という知人も決して少なくなかった。「もう少し価格設定を抑えてくれていたら、人々が映画館に対してフレンドリーになれたのでは……」と今にして思う。

<取材・文/沢田太陽>

関連記事(外部サイト)