消える2時間ドラマ。最盛期の月30本からわずか2本に。パターン化による視聴者離れと制作費が要因

2時間ドラマが視聴者離れで激減 パッケージ全体のパターン化を指摘する声も

記事まとめ

  • テレビから2時間ドラマが消えており、最盛期は月に約30本放送されたが5月は2本のみ
  • 2時間ドラマが激減した最大の原因は“パターン化”による視聴者離れだという
  • また制作期間もコストもかかるドラマが削られ、バラエティー番組に枠を奪われたとも

消える2時間ドラマ。最盛期の月30本からわずか2本に。パターン化による視聴者離れと制作費が要因

消える2時間ドラマ。最盛期の月30本からわずか2本に。パターン化による視聴者離れと制作費が要因

浅見光彦シリーズのロケ風景(提供/TBS)

◆2時間ドラマ本数が激減!?

 テレビから2時間ドラマが消えている。今年3月で1989年から30年続いた2時間ドラマの老舗枠TBS系「月曜名作劇場(旧・月曜ゴールデン、月曜ミステリー劇場、月曜ドラマスペシャル)」が終了した。かつては同枠のほか、日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」(2005年終了)、テレビ朝日系「土曜ワイド劇場」(2017年終了)などの枠が多数あり、最盛期は2時間ドラマが週に8枠、月に約30本放送された時期もあった。しかし、今年4月はたった5本、5月に至っては2本のみ(地上波のみ。再放送、連続ドラマの拡大スペシャル、複数回にわたる特別ドラマは除く=筆者調べ)と激減している。

 これまで100作品以上の2時間ドラマに出演し、連続ドラマ「民王」で体が入れ替わった首相親子に翻弄される官房長官・刈屋孝司役、「3年B組金八先生」の金八先生の同僚教師・北尚明役など視聴者の記憶に残るキャラクターを数多く演じてきた俳優の金田明夫さんは「2時間ドラマは俳優として、しっかり役を作って勝負ができる場でもあった。全てなくなってしまったわけではないが、寂しい限りです」と絶滅寸前の状況に肩を落とす。

◆視聴者離れの要因は?

 なぜ2時間ドラマは作られなくなってしまったのか。その最大の原因は“パターン化”による視聴者離れだ。

 かつては殺人事件が起き、刑事や探偵などがそのミステリーを解き明かし、断崖絶壁に追い詰められた犯人が人を殺すに至った心情を吐露するのが定番だった。

 「浅見光彦」シリーズなど数多くの2時間ドラマを手掛けてきた矢口久雄プロデューサーは「視聴者を離さないために、スタートからCMを20分は入れない。その後は3分CMを流して、3分本編、またCMと細切れになることもあった。そしてCMや時間の“またぎ”のタイミングで殺人事件やお色気のある入浴シーンを入れる。かつてはこれで成功していたのですが、本来の作り手の努力はそこじゃなかった」と内容だけでなく、パッケージ全体がパターン化していたことを指摘する。

 金田さんも「ドラマがあまりにも均一化してしまった。俳優から見ても『何だコレ?』って悲しくなる作品もありましたからね。一回、淘汰される時期なのかもしれません」と質の低下を憂慮していたという。では、一体いつから歯車が狂いだしたのか。

◆テレビ業界挑戦の歴史だった2時間ドラマ

 2時間ドラマはテレビ業界の挑戦の歴史でもある。

 元祖は1977年にテレ朝の土ワイ枠で放送された「時間よ、とまれ」(主演・渥美清)だ。当時は「ドラマは1時間」が常識。しかし、1時間半の同作はTBS系「Gメン'75」など強力な裏番組が並ぶ中で視聴率16.8%(ビデオリサーチ調べ)をマーク。その成功を受けて各局で続々と2時間ドラマが制作され、視聴率30%を超える作品も生まれた。

 また、テレビのリモコンが普及したのに伴い、ザッピング対策の最前線にもなった。

「脚本づくりが一から変わった。起承転結の“起”ではドラマが生まれないので視聴者が持たない。だから“転”から描くようになり、スタートから10分以内に人が死ぬんです。そして“承”では視聴者を逃がさない“またぎ”の手法が導入されました」(矢口プロデューサー)

 当時としては斬新な手法、さらに気軽に旅行に行けない主婦層をターゲットに地方の観光地を舞台にした旅情ものが受け、1988年から1991年の最盛期には民放キー局は2時間ドラマ枠を週に8つも抱えるまでに。増えすぎた枠は緩やかに減っていったが、「2000年代に入っても、連ドラの視聴率が伸びない中で2時間ドラマだけが大当たりしていた時期もあった」(同)と安定して視聴率を稼ぐコンテンツとして長らく君臨した。

◆重くのしかかり始めた「製作費」

 しかし、近年のテレビ離れの加速と共に、視聴率は低迷。大物俳優が主演を務める作品も少なくなっていった。

「だんだん落ち目の俳優が出ているものと思われるようになってしまった。実際に引っ張りだこの俳優が出てくれなくなり、悪循環に陥っていました」(同)

 そしてトドメを刺したのが、収益が伸び悩むテレビ局の製作費問題だ。制作期間もコストもかかるドラマが削られ、スタジオ収録だけなら1日で終わり、制作費も半分以下で済むバラエティー番組に枠を奪われた。

 矢口プロデューサーは「それでも面白ければ、視聴者は離れないはず。過去の成功体験に引きずられ、我々制作陣がもがききれなかったんです」と反省を口にするが、金田さんは「僕は矢口さんの作品にも数多く出演させていただきましたが、どの現場でも全員がいいものを作ろうと力を尽くしていた。定番化してしまった“崖”が出てこないドラマを作ろうとかね」と弁護する。

 しかし、「でもエコノミックな問題が入ることで何かがおかしくなっていった。制作側だけでなく、そこを安住の地みたいにしていた俳優もいっぱいいた。みんながいけないんです」と流れに抗いきれなかったと振り返る。

◆2時間ドラマは消滅しない!

 あらためて直近の2時間ドラマの放送状況を見てみると、今年3月は18本(前年は12本)。例年3月は年度末の改変期のため2時間ドラマが多く放送される傾向にあり、今年は開局60周年だったフジテレビが6本、近年は月1本しか放送しないこともあったTBS系「月曜名作劇場」が最後に3本放送したことなどで前年より大幅に増えたが、4月以降は目に見えて減少している。

 このまま2時間ドラマは消滅してしまうのだろうか。2人の答えは「ノー」だ。

 矢口プロデューサーは「2時間は一つの物語をやるのに、ちょうどいい長さ。映画と同じで、完結した物語を作るには最適の場だと思います。長くて視聴者が持たないという声もありますが、3時間くらいぶっ続けでやっているバラエティー特番が見られているのに、ドラマだけが見られないことはないはず。人間のディープな部分を描き、みんなが見たいものを作れば、必ず見てもらえる」と諦めていない。

 金田さんも「2時間で気持ちよく完結するドラマも必要。連ドラみたいに全部で10時間も見続けるエネルギーのある人ばかりではないですから。偉い作家が脚本を書き、有名俳優が出演していれば、いいドラマというわけじゃない。映画『カメラを止めるな!』だって、そうでしょ。ドキドキ、ワクワクがあれば必ず見てもらえる。何だって見てもらえる時代じゃなくなっただけで、僕は悲観していません」と訴える。

「だからこそテレビ局には声を大にして言いたい。苦しい時期に放り投げるのは簡単です。でも、勇気を持って私たちと一緒にあがき続ける“ラストサムライ”になって欲しい」

<金田明夫さん>

1954年東京生まれ。俳優。ドラマ「高校教師」、「3年B組金八先生」、「風林火山」、「科捜研の女」、「警視庁・捜査一課長」、「民王」、「東京タラレバ娘」など出演作多数。ホームレスから首相まで幅広い役を演じ分ける名バイプレーヤーとして知られる。

<矢口久雄さん>

映像コンテンツ企画・制作会社テレパック プロデューサー。ドラマ「浅見光彦」シリーズ、「愛の劇場 温泉に行こう」シリーズ、「汚れた舌」、「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」などを制作。

【文/中野龍】

1980年東京生まれ。毎日新聞「キャンパる」学生記者、化学工業日報記者などを経てフリーランス。通信社で全国の地方紙に配信する著名人インタビューや放送芸能記事を担当するほか、ウェブメディア、週刊誌等に寄稿。

関連記事(外部サイト)