安全地帯を抜け出して撮る〜西成を描いた映画『解放区』太田信吾監督 <映画を通して「社会」を切り取る3>

安全地帯を抜け出して撮る〜西成を描いた映画『解放区』太田信吾監督 <映画を通して「社会」を切り取る3>

? 2019「解放区」上映委員会

 日本最大のドヤ街と言われる大阪・西成区の飛田新地やあいりんセンター、三角公園などでロケを敢行、そこに息づく人々の姿を描いた『解放区』。今年10月のテアトル新宿での上映を皮切りに各地で上映され、話題となっています。

 太田信吾監督は、当初大阪市に助成を受ける形で制作をスタートさせるも完成後に映画の内容が相応しくないと修正指示を受け、これを拒否。助成金を返還し、完成から5年の歳月を経て完全な自主映画として公開され、年明けからも地方各地で上映されます。そんな太田監督に『解放区』制作に至るまでの経緯、そして、ドキュメンタリーに寄せる思いなどについてお話を聞きました。

◆チームプレーが好きだった

――中高生時代はどのように過ごしていましたか?

太田:生まれてから父親の仕事の都合で埼玉に引っ越すまで約10年を長野県千曲市で過ごしました。習い事でピアノを弾く傍ら、中学時代は陸上部、高校時代はサッカー部に所属しながらバンドもやっていました。チームで何かをしたり、場を作ることがしたかったんですね。映画を見るのも好きで、高校生の時に河P直美監督の『萌の朱雀』(1997)に衝撃を受けて自分も映画を作ろうと考えるようになりました。

――大学時代は最初から映画を撮りたいと思っていたのでしょうか。

太田:思っていました。なので、ドキュメンタリーに興味があって、最初は映画サークルに入ったのですが、あまりにも人数が多く話の合う人と出会えなかったこともあってすぐに辞めました。

 その頃ちょうど、家族の縁があった長野県の天龍村の過疎化が進んでいるということを聞いて、アートで村を盛り上げようと大学1年生の時からアートサークルを主宰しました。新潟の越後妻有(えちごつまり)にそうした試みがあることを知って、自分でもやってみたいと思ったのです。

 行政とコラボレーションして、絵画や演劇、写真や建築に取り組んでいる学生たちを長野県の天龍村に集めてひと夏を過ごしていました。天龍村名産のていざなすのパッケージをデザインしたり、学童保育で子供たちと演劇をしたりしていました。

 ――最初に映画を撮影したのは?

太田:父と娘の近親相姦を題材にした映画でした。4年生の時に撮ったのですが、演出も十分にできず、つまらなくてお蔵入りにしています。

――その後、「卒業」(2009)でイメージフォーラムフェスティバル優秀賞・観客賞を受賞しています。

太田:処女作の自主映画があまりにつまらないと感じてしまって。それまで全てをかけて打ち込んできたものが一気に崩れた気がしてショックで引きこもりました。1年半ほど全く学校にも行かず、本も読まず、映画も見ずにぶらぶらして留年もしました。「卒業」はもう一度リセットしてゼロから映画をはじめてみようと、たった一人で製作した、引きこもりから自分が立ち直るセルフドキュメンタリーです。

――この作品には自ら出演しています。

太田:「卒業」の前のお蔵入りにしている処女作の失敗は、ディテールを描けなかったことと、自分の頭の中だけで作ってしまい、知らないことを知った風に描いてしまったことだと思いました。自分の計算を崩して、撮れないものを撮ることが大事であるにもかかわらず、そこを撮れなかったという歯痒さがあったんですね。

 そうした反省もあって、「卒業」はカメラマンに委ねて絵コンテ通りかっちり撮るのではなく、自分の視点で撮るために、セルフドキュメンタリーにしました。会話をするように、存在が揺らいでいくような映像を撮ろうと。

◆引きこもりからの卒業の果てに

――俳優としても活躍していますね。

太田: 引きこもりから脱して大学に復帰した時、哲学を専攻していたのですが、演劇の講座を取りました。演出家の平田オリザさん、宮沢章夫さん、松井周さんなどが担当する授業だったのですが、それが面白かったんですね。全く人としゃべらない日々が続いていたので、久しぶりに人と話したこともあったのかもしれません。

――そうかもしれないですね。

太田:「卒業」はセルフドキュメンタリーですが、撮影中には演技をしているようなところもあったのですが、この時に友達に「演技もしてみたら?」と言われたこともありました。

 無事単位が取れて卒業できることになったのですが、岡田利規さん率いる演劇ユニット「チェルフィッシュ」の「三月の5日間」の香港公演にあたり、オーディションがあったので受けてみたら通ったんですね。その時に就職より映画や演劇の世界で生きて行こうと決めました。香港で経験した初舞台は大学を卒業した次の日でした。

――岡田さんは細かく演技指導するのでしょうか。

太田:岡田さんは想像を持つことが動きやセリフに先行するという考えなので、どんな想像を持つかということについてはきちんと話し合います。動きやセリフの言い方など細かな演技指導はありませんが、逆に、コンセプトについての理解やイメージがない状態で演技することを嫌がるように思いますね。そういう演出家はあまり出会ったことがなくて面白いです。

※以下では、「解放区」のネタバレになるような内容を含みます。

◆被写体の死を越えて

――「卒業」の後、高校の先輩にあたるミュージシャンの増田壮太さんを描いた前作「わたしたちに許された特別な時間の終わり」(2013)の制作を本格的に開始していますね。

太田:撮影から公開まで7年掛かっています。2007年に彼からライブ映像の依頼があったことがきっかけでライブを撮り始めました。次第にこの人は映画になるなと考えて、日常の撮影も始めたんです。

――増田さんは、高校時代にバンドコンテストで優勝し将来を期待されながらもプロとしてデビューする機会に恵まれず、鬱になってしまいます。そして「この映画を完成させてね」という遺書を残して27歳で自らこの世を去るのですが、物語の途中、増田さんが太田監督を刺し殺そうとしたシーンが印象的でした。

太田:別の日に鬱で攻撃的になった増田さんに、本当に殺されるのではないかと恐怖を抱いたことがあったんですね。そこで、もっと映画を面白くするために、台本を書いて演技しようと提案したところ、増田さんが考えたのがあのシーンでした。友達と僕とで借りていたアトリエで何テイクも撮り直しました。

――そういうやり取りがありながらも増田さんは撮影の途中で、自分で命を絶ってしまったんですよね。予兆はあったのでしょうか?

太田:実家を出て板橋でひとり暮らしを始めた頃からは何回かありましたね。何を飲んだのかはわかりませんが、オーバードーズして実家に連れ戻されたこともありました。

――「わたしたちに許された特別な時間の終わり」は増田さんのご両親と太田監督が話すシーンがあります。今回の「解放区」も引きこもりの本山さんの家を訪ねるところから始まり、お母さんが登場します。何かつながりがあるのでしょうか?

太田:「解放区」は前作「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を意識しています。映画は完成しましたが、最後の方は増田さんのことを鬱陶しくなって距離を取ってしまっていたことに未だに罪悪感があって。

 増田さんは鬱だったのですが、病気の人ほど正常ではないのかという意識がありました。感受性が豊かだからそうなったのではないかと。前作が完成した直後から、精神的な病を抱えた人が一歩踏み出していくようなロードムービーを撮りたいと思っていました。そういうこともあって今回は引きこもりの人の家族との関わりも描いているんですね。

◆自主映画でしかできないこと

――西成を舞台にした理由についてお聞かせください。

太田: 2010年に「卒業」の上映で西成に行ったことがきっかけです。労働や貧困問題などの日本社会のひずみが凝縮されたある意味象徴的な場所だと思い、2013年から脚本を完全に作って撮っていました。主人公の須山はかつて西成で出会った行方不明のショータを探すという設定ですが、実際に僕とショータ君と出会ったのは2010年で、彼を探していたというのは本当の話です。

――テレビ局の上層部が企画会議で須山の撮った映像に対してコメントするシーンが秀逸です。商業ドキュメンタリーの制作で感じている限界も描いたのでしょうか。

太田: そうですね。コンプライアンスはもちろんですが、商業の現場ではプロデューサーから、ディレクターと被写体の関係性も含めて主観を消すように指示が出ます。ラッシュ段階(撮影後、編集前の映像素材をチェックする工程)で撮ってきた素材に対して「こういう絵は要らない」と言われることもあります。

 ――商業の現場での撮影と自主映画の撮影はスタンスを変えているのでしょうか。

太田:変えています。商業の現場ではクライアントのオーダーに応えるようにしていますが、自主映画の時は被写体の印象などを決めつけないように、常に自分の価値観を更新したり、撮ったものを疑ったりと主観を入れるようにしています。撮りたいと思ったものを撮れないなら「撮れないところを撮る」という感じですね。

――なるほど。

太田:商業であれば「被写体が必死で努力する部分を撮って欲しい」というオーダーがあったとしたら、そこにはまらない映像は全部弾かれるんですね。商業の世界はスポンサーさんもいますしオーダー自体は否定しません。でも、自主映画はそうした制約はないので、商業制作ではできないことを実践していますね。

――そうなんですね。

太田:撮る側が安全な位置にいるところをなるべく避けることも意識しています。商業であれば撮るだけ撮って、撮影が終われば自分の居場所に帰ります。でも、自主映画でそれはしたくない。常に被写体と同じところに身を置いてゆらぎの中で撮っていたいですね。

*「解放区」制作秘話や太田監督の考える映画の届け方、作り方などについては、近日公開される続編をお待ちください。

 公開情報:1/10(金)より宮城・チネ・ラヴィータ、1/15(水)より広島・横川シネマ、1/31(金)より佐賀・シアターシエマにて上映、以降全国順次公開

<取材・文/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わっています。

関連記事(外部サイト)