「危機」を利用して自身の権力拡大を迫るヒーローたち。「現代社会」を風刺する『ザ・ボーイズ』

「危機」を利用して自身の権力拡大を迫るヒーローたち。「現代社会」を風刺する『ザ・ボーイズ』

「危機」を利用して自身の権力拡大を迫るヒーローたち。「現代社会」を風刺する『ザ・ボーイズ』の画像

 近年の映画界の傾向に従って、2019年もまた、様々なアメコミ・ヒーロー映画が公開された年であった。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズでは、集大成ともいえる作品『アベンジャーズ・エンドゲーム』など3作品が公開され、いずれも大きなヒットとなった。一方、マーベルに比べて、映画では押され気味のDCだが、『アクアマン』、『ジョーカー』などの諸作品が話題を呼んだ。

 Netflix、Amazonプライムといった海外のドラマを放送する配信サイトでも、すでにアメコミ・ヒーロー物は一大ジャンルだ。いわゆる「Arrowバース」物など、国内で鑑賞できるヒーロー・ドラマは数十本にも及ぶ。

 こうした百花繚乱状態のアメコミ・ヒーローシリーズの中で、異彩を放っているのが、Amazonプライムで視聴できるドラマ『ザ・ボーイズ』である。ガース・エニスのコミックスが原作のこのドラマは、現在シーズン1が完結しており、シーズン2は近々配信される予定である。

◆アンチ・ヒーローな物語

 『ザ・ボーイズ』の世界には、様々な特殊能力を持った多くのスーパーヒーローが存在する。ヒーローたちは企業と契約するなどして活動しているのだが、その中でもヴォート社は200名を超えるヒーローを抱え、「セブン」と呼ばれる7人のエリート・ヒーローを中心に莫大な収益をあげていた。

 ただし、ヴォート社のヒーローたちはメディアで見せる清廉潔白なキャラクターとは全く違う。不道徳であり、私利私欲を追及し、力を濫用し、薬物に走るなど、腐敗しきった存在である。しかしその事実は、圧倒的な権力によって隠蔽されている。そうした世界において、彼らヒーローによって被害を受けた者たちの集団「ザ・ボーイズ」が、役に立たない警察や司法、マスメディアに代わって、ヒーローに自ら復讐をはかろうとする。これが、この物語の根幹のあらすじである。

 この作品は、それ自体がアメコミ・ヒーロー物のパロディであることは明白である。「セブン」はジャスティス・リーグだし、そのリーダーであるホームランダーは、スーパーマン(キャプテン・アメリカも入っているか)。クイーン・メイヴはワンダーウーマン。Aトレインはフラッシュ。他のヒーローも、元ネタを彷彿とさせるものが多い。そうしたキャラクターたちが実は悪いことをしていたというアンチ・ヒーローの構造は、これだけヒーロー物が溢れているこのご時世だからこそ注目され、その過激な描写も手伝って、話題となっている。

◆権力の風刺

 DCやマーベルといったアメコミ・ヒーロー物の風刺作品となっている『ザ・ボーイズ』だが、それらの映画やドラマのファンを激怒させるほど、そうした作品をバカにしている印象はない。

 個人的なことを語れば、筆者は『インクレディブル・ハルク』(周囲で著しく評判が悪い)以外はすべて見ているMCU作品のファンのだが、『ザ・ボーイズ』あらすじを読んで、何かそうした作品が貶められている気持ちがしてしばらく敬遠していた。

 しかしそうした態度はよくないと思い、決意して鑑賞してみたところ、意外にもヒーロー物を冷笑するような作品ではなかったことが分かった。物語の外観としては、確かにアメコミ・ヒーロー物への風刺となっているのだが、そこで真に風刺されているのは、アメコミ的な「正義」というよりもむしろ、権力であり、アメリカ国家および社会そのものなのだ。

 『ザ・ボーイズ』において、ヒーローのパワーは、政治学的な意味での権力と同一のものとしてみなされている。多数のヒーローを抱えるヴォートは、ヒーローのパワーをもとに、国家においてより強い権限を持とうとする。当面の目標は軍との連携であるが、ヒーローのパワーの自由な行使を恐れる政治家の抵抗にもあい、議会を思い通りに動かすことができない。そこで彼らが利用するのは、「危機」だ。ホームランダーは、あるハイジャック事件に対する対応に失敗し、それを隠蔽したあと、メディアに向かって以下のような内容の演説を行う。つまり「我々の力が制限されていなかったら、このような惨劇は回避できたのに」と。

 このシーンは、国家の危機に際しては、国民の生命を守るために国家に課せられている制限を緩め、権力を集中させなければならない、という、権力者が非常事態に対してより強い権限を求めることへの痛烈な皮肉になっている。日本の総理大臣とその与党は、予想されていた自然災害が起こった当日、宴会を開いていた。その一方で彼らは、災害に迅速に対応するために憲法に緊急事態条項を盛り込めと主張する。彼らの目的は危機への対応ではなく、権力の拡大なのだ。

 危機の政治理論を採用するならば、国のあり方を最終的に決める力を持つのは、国家の敵を名指しできる者である。そして軍事力は脅威をつくりだすことによって、自らの必要性を常に証明し続けなければいけない。シーズン1の結末をみると、この作品がこのテーゼをはっきりと意識していることが理解できるだろう。

◆ジェンダー問題の「リアル」な描写

 権力の問題に絡んで、『ザ・ボーイズ』において重要なファクターとなっているのが、ジェンダーの問題だ。「セブン」はホームランダーを中心に、ホモソーシャルな共同体として描かれている。男性ヒーローたちは、セクハラや性暴力、女遊びを当たり前のように行う。

 興味深いのは、彼らのスポンサーたるヴォート社は、表向きはリベラルな価値観によって動いているということだ。だから、ヒーローによる性暴力が何らかの理由によって露顕した場合、制裁を下さざるをえないし、ヒーローもそれに従わざるをえない。

 だが、ヴォート社は一方で、新人ヒロインであるスターライトに露出度の高いコスチュームを着せて男性ファンを増やそうとするなど、真に女性の人権を考えているわけではない。ヴォート社のフェミニズムは、新自由主義であり、グローバリズム的な価値と結びついている。つまり、当事者からも批判を受けることが多い、マイノリティ運動の資本主義的な濫用なのである。そしてそのグローバル資本の権力は、男性同盟的な権力(ヒーロー)と裏で手を組んでいる。

 その矛盾の煽りを受けているのが、クイーン・メイヴである。彼女は、メディア向けには「強い女性」を演じているのだが、実際にハラスメントを行う男性ヒーローたちに対しては、せいぜい体よく「あしらう」ことができるのみで、具体的な対応はできない。そこには歴然とした「ガラスの天井」があるのだ。

◆「正義」を冷笑しているわけではない

 『ザ・ボーイズ』の世界は、現実と同様、強い者が幅をきかせ、弱い者が虐げられる世界だ。人々の希望たる「正義のヒーロー」は、実は「正義」ではなかったのだ。

 しかし、そのことから、この物語は「正義」なんて存在しないのだ、ということを訴えていると解釈してしまうのは早計だろう。たとえ「セブン」およびヴォート社の「正義」がインチキだったとしても、そのことによって「正義」そのものがインチキになるわけではないのだ。

 おそらく明確な意図をもって、このドラマの作り手は、普遍的な「正義」そのものを攻撃することそれ自体は避けている。ヒーローの独善的な「正義」が描写されることはあるが、たとえばそれは宗教右派的な団体のそれであり、初めから怪しいものとして扱われている。新自由主義的なフェミニズムは風刺されていても、性暴力の告発それ自体が皮肉られているわけではない。その意味では極めてPCに即した作品であるといえるだろう。

 この物語の中で、「正義」が賭けられている存在は二人いる。事実上の物語の主人公ヒューイ。彼はいくら復讐のためとはいえ、手段を選ばないやり方でヒーローを殺そうとする「ザ・ボーイズ」のリーダー、ブッチャーの方針に完全には納得していない。また、「セブン」の新人メンバー、スターライト。彼女は、信じていたヒーローたちの真の姿に傷つけられながらも、なお自分の信念を貫こうとする。

 「正義」を完全に相対化してしまうのではなく、こうした登場人物たちに留保しておく。これが『ザ・ボーイズ』を単純なアンチ・ヒーローの物語とはみなせない理由となっている。

 

 筆者は原作コミックを未読なので、この物語が今後どのような展開をするのかを知らない。だが、少なくともシーズン1は、現代社会の諸問題(国家権力、グローバル資本、ジェンダーなど)を堕落したヒーローを通して描いた秀逸な風刺劇であると考える。今のところ日本では過激な暴力や性描写、ブラック・ユーモアといった演出面に注目が集まっているが、ストーリーや世界観の構造についても、もっと語られてしかるべきだろう。

<文/北守(藤崎剛人)>

【北守(藤崎剛人)】

ほくしゅ(ふじさきまさと) 非常勤講師&ブロガー。ドイツ思想史/公法学。ブログ:過ぎ去ろうとしない過去 note:hokusyu Twitter ID:@hokusyu82

関連記事(外部サイト)