障害を持つヒロインの成長を描く。『37セカンズ』HIKARI監督に聞く<映画を通して「社会」を切り取る9>

障害を持つヒロインの成長を描く。『37セカンズ』HIKARI監督に聞く<映画を通して「社会」を切り取る9>

(C)37 Seconds filmpartners

◆下半身不随のヒロインの成長を描く

 生まれてくる時、息をしていなかった37秒間――そのわずかな時間で脳性まひになり、下半身不随になった23歳の女性ユマが主人公の映画『37セカンズ』。ユマの性、将来の夢、母親との葛藤、そして家族のつながりがみずみずしく描かれた同作品は、2019年3月、世界3大映画祭の一つである第69回ベルリン国際映画祭にて、同映画祭史上初の「パノラマ観客賞」と「国際アートシネマ連盟賞(CICAE賞)」をW受賞。他の数多くの海外映画祭でも高い評価を受けました。そして2月7日から日本でも新宿ピカデリー他全国の劇場にて公開されています。

 監督は高校3年生でアメリカユタ州へ単身留学、大学卒業後は、女優、カメラマン、アーティストとしてのキャリアを積み、ジョージ・ルーカスら数々の映画監督を輩出した名門、南カルフォルニア大学の大学院で映画作りを学んだHIKARIさん。初の長編映画となった本作がハリウッドの目に止まり、オファーが殺到中です。

 そんなHIKARIさんに同作品の製作の経緯や意図、演技初挑戦となる主人公のユマを演じた佳山明さんのことなどについてお話を聞きました。

◆障害者の性をテーマに

――『37セカンズ』は障害者の性が大きなテーマとなっていますが、このテーマを選んだ理由についてお聞かせください。

HIKARI:元々仲の良かった友人の男の子が、19歳の時に酔ってプールに飛び込みそのまま脊椎損傷で半身不随になりました。そのことがきっかけで下半身不随の男の子と親友の話を書いたのですが、書き終わった頃、本作にも出演している熊篠慶彦さんに出会ったんですね。彼は車いす生活をしながら障害者の性のバリアフリーについて取り組んでいるんです。

 その時に障害者の性の話を聞いて、自分が女性であるのに男性が主人公の話を書くのは違うかな、とも思い始めて。そこで、熊篠さんに紹介して頂いた下半身不随などの障害を持っている女性たちやサンフランシスコにいるDr.コーエンというセックスセラピストに会って取材を始めました。

――取材の中でどのような話が印象に残りましたか。

HIKARI:そのヒアリングの中で下半身不随の女性でも自然分娩もできる、セックスで感じることもできると聞きました。下半身不随であるということは普段は何も感じないということですが、にもかかわらずセックスで感じることができる、そして、赤ちゃんが自分の力で出て来ることができる。その女性の持つ魂の強さみたいなものが素晴らしいと思って、元の男性が主人公のストーリーを下半身不随の女の子が主人公のストーリーに書き直したんですね。

――「障害者の性」というテーマは重いテ―マであり、ある意味挑戦だったとも思います。

HIKARI:まさにその「重い」テーマを誰かが取り上げて撮らなくてはという思いがあったんです。「なぜそこに行くの?」という声もありました。でもそれは健常者の言葉。障害者の人たちはその問題と毎日向き合っているのに「重い」と言う理由で取り上げないのはおかしいと感じました。しかも、このストーリーは障害者でなくても成り立つものなんです。

――そうですね。恋愛や性に悩んだり、母親との関係に葛藤したりするのは健常者も同じです。脚本を書き始めたのはいつ頃でしたか?

HIKARI:2016年でした。2016年の5月に初稿が上がった後、8月に開催されたサンダンス映画祭とNHKが共同で毎年主宰している脚本のワークショップに参加し、ストーリーのブラッシュアップをしました。サンダンス映画祭からは1名先生が来ますが、1日目は脚本の書き方のレクチャーを受け、2日目は脚本に対する具体的なアドバイスをもらいます。

 そのワークショップで日本代表作品に選ばれたことがきっかけで映画化に向けて動き出しました。

◆主演の佳山明さんとの出会い

――主演を佳山明(めい)さんに決めてから脚本を書き直したとのことでした。

HIKARI:佳山明さんも出生時に脳性まひになり車椅子の生活をしている女性で、オーディションで出会った当時は福祉の大学を卒業したばかりの23歳でした。

 自分が用意していたストーリーは、性と主人公の社会での立ち位置にフォーカスしたものだったのですが、明さんのピュアでおぼこい感じ、何も知らない、生まれたての卵のような気質に合っていなかったんですね。明さんの気質を映画に活かしたかったので、明さんにもヒアリングして脚本を書き直しました。

――劇中では入浴シーンなど障害者の方々の生活がリアルに描かれていますね。

HIKARI:障害者の方々の生活については、熊篠さんはもちろん、いろんな人たちに聞きました。寝る時間も食べる時間も排泄の仕方も、生活スタイルはみんな違うんですね。

 明さんにも、もちろん明さんのスタイルがありました。なので、明さんがお風呂に入るのを手伝ったり、介助師の方の様子を見て脚本の中に取り入れていきました。明さんとは一緒に映画にも行って共に多くの時間を過ごしましたね。

――明さんとはどのようにして出会ったのでしょうか?

HIKARI:スタッフで力を合わせてみつけました。「車椅子に乗っている女性募集」として、日本全国の会社や団体にFacebookも使いながらオーディションの告知をしました。1000件ぐらい当たりましたね。最終的に約50人の女性にオーディションに来ていただき、最後2名まで絞って明さんに決めました。

 最初のシーンを2つ3つやってみて、明さんだと思いました。彼女の持つ初々しさが、恋愛をしたことがないという映画の設定にぴったりだったんです。

◆演技ではなく「導く」演出を

――明さんは演技初挑戦とのことでしたが、演技指導はどのようにされたのでしょうか?

HIKARI:明さんにはいかにユマになってもらうか、彼女の生活に入っていけるか、ということに注力してもらいました。"Acting is reacting.” という言葉がありますが、演技「指導」ではなく導くようにしました。演技は日本語で書くと「演じる技」と書きますが、自分はそういうやり方が苦手だったので。

 明らかに演技とわかるところはカットし、違うと思ったところは本人が分からなくなるぐらいまで撮り直しました。

 明さんはすべてが初めてだったので、こちらが何か言った時の彼女のリアクションも「ドッキリ」みたいで良かったですね。周りが素晴らしい役者さんたちだったので、彼女も周りを見ながら学んでいきました。

――劇中では明さん演じるユマがどんどん輝いて美しくなっていきますね。

HIKARI:ストーリーの順番で撮影しましたが、その中でユマを演じる明さん自身が成長しているのが分かりました。その成長を描きたかったんですね。23歳の女の子が自分のやりたいことをみつけてどんどん大人になっていく。それは障害者かどうかとは関係なく起こることですよね。

――ベテランの方々が脇を固めています。

HIKARI:障害者を中心にサービスを行うデリヘル嬢の舞は、ユマの人生の先輩的な面もありますが、オーディションをやってもイメージに合う人はいませんでした。そういうこともあって、渡辺真起子さんは会ってみたいと思って友人の紹介で一緒にご飯を食べに行ったんですね。そこでぴったりだと思ってお願いしました。

 ユマのお母さんの恭子役の神野三鈴さんは、プロデューサーの山口晋が元々一緒にお仕事をしていたんです。たまたま会社にいらしていて、スタッフと話す姿を見たのですが、遠くから見て恭子役に合いそうだな、と思って。その後お会いして、お話をして決めた感じです。

 ユマの介護福祉士・俊哉役の大東駿介さんは食事会で知り合ってオーディションに来ていただきました。人との縁でこれだけの人たちが集まったんです。

※後編では、ベルリン国際映画祭での受賞がきっかけで大手エージェントに所属するHIKARIさんに、アメリカでの映画作りや本作に込めたメッセージ、これから挑戦してみたいことなどについてお話を聞きます。

<取材・文/熊野雅恵>

【熊野雅恵】

くまのまさえ ライター、クリエイターズサポート行政書士法務事務所・代表行政書士。早稲田大学法学部卒業。行政書士としてクリエイターや起業家のサポートをする傍ら、自主映画の宣伝や書籍の企画にも関わっています。

関連記事(外部サイト)