多様性を推し進めるアカデミー賞の新基準。「映画が変わってしまう」という批判の愚

多様性を推し進めるアカデミー賞の新基準。「映画が変わってしまう」という批判の愚

photo via Pexels

 近年、女流監督や黒人キャストによる作品、アジア系の映画などからヒット作が生まれ、より多様性が注目されている米エンタメ業界。そんななか、賞レースでも、よりダイバーシティを推し進める施策が話題となっている。

◆「映画が変わってしまう」は本当?

 世界で最も有名な映画賞といえば、やはりアカデミー賞だ。長い歴史と権威のある同賞の、作品賞に関する新たなルールが世界中の映画ファンの間で賛否両論を巻き起こしている。

 簡単に説明すると、より多様なバックグラウンドを持つキャストやスタッフを起用しなければならないのだが、見出しや内容を要約したまとめ記事だけで、その是非を判断するのは早計だろう。

 案の定、ネット上には「ポリコレが騒がれすぎた結果!」「マイノリティが優遇されすぎている!」といった声が溢れているが、まずは新たな基準の内容をしっかりと読んでから、議論をするべきだ。以下、米国芸術科学アカデミーが発表した内容を翻訳してみた。(参照:米国芸術科学アカデミー)

◆実際はほぼすべての作品がクリアか

 2024年の第96回アカデミー賞から、作品賞の候補となる作品は、下記AからDの4基準のうち2つを満たす必要がある。まずは基準Aから見てみよう。

●基準A:スクリーン上の表現、テーマ、物語について

 基準Aを満たすには、作品は下記の基準のうち、ひとつ以上が該当すること。

 ▼A1・主演、もしくは重要な助演について

  少なくとも一人以上の主演、もしくは重要な助演が下記の人種もしくは民族の出自である。

 ・ アジア系

 ・ ヒスパニック/ラテン系

 ・ 黒人/アフリカ系アメリカ人

 ・ 先住民族/アメリカ先住民/アラスカ先住民

 ・ 中東系/北アフリカ系

 ・ ハワイ先住民/太平洋諸島系

 ▼A2・その他の出演者

  脇役やより小さな役柄の30%以上が、下記の基準のうち2つ以上に該当する。

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

 ▼A3・主なあらすじ/主題について

  作品の主なあらすじやテーマ、物語が下記を扱っている。

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

 基準Aを満たすには上記のうち、たったひとつをクリアすればよい。つまり、白人男性以外がまるで登場しない作品でない限り、ほぼすべての作品が基準Aはクリアすることになる。

◆画面の裏にも新基準が影響

●基準B:製作の主導権とスタッフについて

 基準Bを満たすには、作品は下記の基準のうち、ひとつ以上が該当すること。

 ▼B1・製作の主導権と各部署の責任者について

  次の製作責任者や各部門の責任者のうち、2人以上が下記のグループに該当する。

  キャスティング・ディレクター、撮影、作曲、衣裳デザイン、監督、編集、ヘアスタイル、メイクアップアーティスト、プロデューサー、プロダクション・デザイナー、舞台装置、音響、特殊効果、脚本家

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

  少なくとも一人以上が下記の人種もしくは民族の出自である。

 ・ アジア系

 ・ ヒスパニック/ラテン系

 ・ 黒人/アフリカ系アメリカ人

 ・ 先住民族/アメリカ先住民/アラスカ先住民

 ・ 中東系/北アフリカ系

 ・ ハワイ先住民/太平洋諸島系

 ・ そのほかの人種や民族

 ▼B2・その他の主要なスタッフについて

  少なくとも6人以上のスタッフ/製作班、技術職(プロダクション・アシスタントを除く)が下記の人種もしくは民族の出自である。これらのスタッフは第一助監督、照明監督、スクリプターなどを含むが、これに限定されない。

 B3・その他、全体のスタッフの構成について

  スタッフの30%以上が、下記のグループに該当する。

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

 こちらも同じく、スタッフの多くが白人男性で占められないかぎり、ほとんどの作品がクリアすることになる。

◆映画産業全体の底上げにつながるか

 基準Cは業界全体の雇用におけるダイバーシティを推進していくものだ。社会全体がこういった取り組みを行っているなか、映画産業もその流れに乗っていこうという思惑が見て取れる。

●基準C:業界への参入と雇用機会について

 基準Cを満たすには、作品は下記の基準のうち、どちらも該当すること。

 ▼C1・有給実習生、およびインターンシップの機会

  作品の配給会社もしくは出資会社には、下記のグループに該当する有給実習生かインターンシップがおり、下記の基準を満たしていること。

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

  メジャースタジオ/配給会社では、次の役職の多くに独立した有給実習生/インターンシップ(また人種や民族集団も含まなければいけない)がいなければならない→製作/開発、物理的な製作、ポストプロダクション、音楽、特殊効果、配給権の取得、業務、配給、マーケティング、宣伝

 ▼C2・実習の機会と技能開発

  作品の製作、配給もしくは出資会社は、下記のグループに該当する者に、実習もしくは雇用機会を提供すること。

 ・ 女性

 ・ 人種や民族集団

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

◆観客が目にするポスターや宣伝も変わる?

 そして、最後の基準Dは我々観客に直結する内容となっている。近年、邦画界、そして広告全般においても、偏見が感じられるようなマーケティングや宣伝が炎上することが増えているが、この基準はそういった「宣伝側のマジョリティの思い込み」を防ぐことにもなりそうだ。

●基準D:観客開発

 

 基準Dを満たすには、下記の基準に該当すること。

 ▼D1・マーケティング、宣伝、配給においての表現

  スタジオもしくは映画会社のマーケティング、宣伝もしくは配給部に、下記のグループに該当する複数の上級管理職がいること(また人種や民族集団の個人を含まなければいけない)。

 ・ 女性

 人種や民族集団

 ・ アジア系

 ・ ヒスパニック/ラテン系

 ・ 黒人/アフリカ系アメリカ人

 ・ 先住民族/アメリカ先住民/アラスカ先住民

 ・ 中東系/北アフリカ系

 ・ ハワイ先住民/太平洋諸島系

 ・ LGBTQ+

 ・ 認知や身体的な障害がある人、もしくは聴覚に問題や障害のある人

  女性客をターゲットにした作品では、問答無用でピンク色の背景にキラキラしたフォントのポスターが作られる……なんてことも減っていくはずだ。

  また、作品賞以外の部門については現在と同じ基準が適用され、特定のカテゴリー(長編アニメ賞、長編ドキュメンタリー賞、国際長編映画賞)に該当する作品は別に対処されるという。

◆表現は狭まるどころか広がる

 ここまで長々と今回の新基準を見ていただいたが、おわかりのとおり、これまでと作品内容が大きく変わる、表現が規制されるということは考えにくい。

 むしろ、作品そのものからスタッフまで白人男性だけで固められるよりも、より多くの声が反映されることで多様なメッセージが打ち出せるようになっていくのではないだろうか。

 また、幅広いバックグラウンドを持った人々の参入機会が生まれることで、業界全体の底上げにもなるはずだ。

 近年、興行収入を席巻しているヒーロー映画においても、黒人や女性主役の作品がそれまでの通説を覆し大ヒットを記録していることからもわかるとおり、「売れる/売れない」「いい作品ができる/できない」は業界の多勢を占めていた人々の思い込みに過ぎなかったのかもしれない。

 昨年のアカデミー賞では『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を受賞し、興行的にも大成功を収めたが、これも以前までなら「ありえない」ことだった。

 スクリーンの上ではどんなにありえないことも実現できるのが映画の魅力だが、その魔法は映画館を飛び出して、現実の世界でも「不可能に思えていた」ことが可能であることを証明して見せているのだ。

 冒頭で述べたように、今回の新基準の見出しや要約だけを読んで、「ポリコレ厨」や「マイノリティ」が映画を変えてしまうと騒ぐ声もあるが、具体的に中身を読んでみれば、決してそうではないことがわかるだろう。

 導入されるのは2024年からだが、ぜひ映画館に足を運び、作品を観たうえで今回の新基準について判断をしてほしい。

<取材・文・訳/林 泰人>

【林泰人】

ライター・編集者。日本人の父、ポーランド人の母を持つ。日本語、英語、ポーランド語のトライリンガルで西武ライオンズファン

関連記事(外部サイト)