大辞典の編纂に貢献したのは殺人犯だった。映画『博士と狂人』で描かれる友情の物語

大辞典の編纂に貢献したのは殺人犯だった。映画『博士と狂人』で描かれる友情の物語

? 2018 Definition Delaware, LLC. All Rights Reserved.

 10月16日より『博士と狂人』が公開されている。本作は、殺人者が世界最高峰の大辞典の編纂に貢献していたという、驚きの実話を映画化した作品だ。

 ものものしいタイトルや見た目のイメージとは裏腹に、実は万人が楽しめる要素も備えた優れた作品であった。その具体的な魅力を紹介しよう。

◆『舟を編む』を連想させる辞書編纂のプロジェクト

 物語の舞台は19世紀のロンドン。独学で言語学博士となったマレーは、オックスフォード大学で辞典の編纂の計画に取り掛かるが、それはシェイクスピアの時代まで遡ってすべての言葉を収録するという無謀とも言えるものだった。作業が難航を極めたため、一般人からの協力者を求めたところ、1人の人物が大量の資料を送ってくる。そのマイナーという男は、殺人の罪を背負っており、しかも心を病み、精神病院に収監されていた。

 物語の根幹にあるのは、英語の“用例”を印刷物や記録から徹底的に集めるというプロジェクト。辞書編纂に関わる者たちの奮闘を描いた作品であることから、映画化やアニメ化もされた三浦しをんによる小説『舟を編む』を連想する方も多いだろう。言葉にまつわるトリビアが提示されたり、無理難題に立ち向かう過程も含めて、エンターテインメントとして楽しめる土台が構築されているのだ。

 とは言え、大英帝国の威信をかけた一大事業に犯罪者、それも殺人者が協力しているということは、客観的にみれば大問題である。こうした実際の作業におけるトラブルではなく、外部的な重く苦しい事情のために、プロジェクトが暗礁に乗り上げるというのは、今の世の中でも十分にあること。過去の特殊な出来事を描いているようで、実は現代に通ずる普遍的な物語とも言える。

◆対照的な2人が友情を育む物語

 大辞典の編纂という国家的なプロジェクトと並行して描かれるのが、殺人者であるマイナーという男の内面だ。

 マイナーは自分を殺しに来る男がいるという被害妄想をエスカレートさせた結果、見知らぬ男を誤って射殺し、妄想・幻覚・思考障害といった症状を持つ統合失調症と診断される。実は、彼は元々アメリカ有数の名家の出で、イエール大学を卒業し、南北戦争に軍医として出征したエリートだったのだが、戦場での残酷な体験がその心を蝕んでいたのだ。

 一方で、言語学博士のマレーは貧しい家に生まれ進学を断念したものの、独学で数多くの学問を習得し、10代ですでに博識で、周りからの反発を受けるも自分の力で望んだ仕事を手に入れることに成功している。出自は裕福であったにも関わらず、殺人者になるという運命を辿ったマイナーとは、正反対とも言える人生を歩んでいるのだ。

 学士号を持たない叩き上げの博士のマレーと、残酷な戦争の体験のために心の闇に飲み込まれたマイナー。対照的に見える2人だが、言葉への情熱やその知識、もっと言えば“オタク”であるということは共通だ。そんな彼らにいつしか友情が芽え、固い絆で結ばれていくことが、本作の最大の魅力と言っていいだろう。

 白眉となるのは、彼らがついに顔を合わせる瞬間だ。その時のマレーの表情には、マイナーが殺人者であるという不安や戸惑いはないように見える。離れた場所であっても文通を繰り返し、共に仕事をしてきた親友として、彼を迎えようとしているのだから。その友情が真に迫ったものとして感じられるのは、名優メル・ギブソンとショーン・ペンの熱演があってこそ、というのは言うまでもない。

◆夫を殺された妻が抱いてしまう感情

 本作にはさらにもう1つ、重要な物語の軸がある。それは、マイナーが誤って射殺してしまった男、その妻であるイライザの視点だ。

 未亡人となったイライザには、お腹にいる赤ちゃんも含めて7人の子どもがいた。マイナーは彼女のためにアメリカ軍支給の年金を渡すよう看守に依頼をするが、当然のごとくイライザはそれを一度は拒否する。だが、その後のある出来事をきっかけに、イライザは援助の受け入れも考えるようになり、それどころかマイナーに"許し”を超え、“愛情”にも似た複雑な感情が芽生えていく。

 言うまでもなく、夫を誤って殺した男を許す、あまつさえ愛情を感じるなど、異常だと感じる方がほとんどだろう。だが、イライザにとってマイナーは家族の生活の支えとなる資金を提供してくれる上、字が読めない自分のために言葉を教えてくれる、大切な存在に“なってしまう”。そのことが、ただでさえ殺人というこの世で最も重い罪を背負ったマイナーをさらに苦しめる。自分が殺した男の妻の愛を得るなど、言語道断なのだから。

 マイナーはタイトル通りに“狂人”とされる存在である一方、イライザとの関係からはむしろ“まとも”な倫理観を持った人物であることもわかっていく。こうした複雑な感情が交錯する人間ドラマとしても、本作は奥行きのある内容になっている。

 なお、監督を務めたP・B・シェムランは、仕事への猛烈な献身、そこに孕む危険、時に生まれる浅ましさといった、人間の心理を見せるように尽力したと語っている。その証明というべきか、編纂の作業が進まず焦りを生みストレスが溜まっていく過程は緊迫感に満ちており、マイナーが緊急手術や精神科の治療を受ける様は目を背けたくなるほどに生々しくて痛々しい。彼らの苦しみや恐怖といった感情を余すことなく描いているというのも、本作の美点だろう。

◆古い時代を舞台にした現代の映画である

 「現代に通ずる普遍的な物語とも言える」と前述したが、P・B・シェムラン監督は実際に「マレー博士と狂人マイナーが抱いた希望、野望、そして困難は、マーク・ザッカーバーグやスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツが抱いたものと驚くほど似ているだけでなく、それを予兆したと言える。これは時代ものの映画ではなく、古い時代を舞台にした現代の映画だ」と、本作について語っている。

 インターネットは同じ趣味や仕事を持つ人々をつなげ、ウィキペディアは編纂のためのクラウドソーシングを世界中に呼びかけ、FacebookなどのSNSや、iPhoneなどの電子機器も、その後押しをしている。確かに、そうしたことは『博士と狂人』での、マレーとマイナーが文通で友情を育む過程や、専門家ではない一般人からの力を借りようとする流れとも、似たところがあるのかもしれない。

◆構想20年の労作である

 本作で扱われる「オックスフォード英語大辞典(略称はOED)」は60万語以上、250万を超える用例集を収録した世界最大級の辞典だ。その誕生秘話を記した原作となるノンフィクション本は1998年に発行され、ニューヨーク・タイムズのベストセラーに入るなど大反響を呼んでいたという。

 本作で主演を務めるメル・ギブソンはこの原作に惚れ込み、構想に20年もかけて映画化を実現。当初は自身で監督も務めるつもりでもいたという。だが、その妥協を許さない姿勢こそが、限られた予算を主張する製作会社との軋轢を生むことになり、裁判にも発展してしまった。結果として、本作はアメリカでの公開の規模が縮小されるという憂き目にあったのだという。

 その映画人としてのメル・ギブソンの姿は、そのまま劇中のOEDの編纂に人生を捧げたマレー博士と重なるところもある。その労作ぶりと、作り手の溢れんばかりの情熱は、劇場のスクリーンからも存分に伝わってくるだろう。

<文/ヒナタカ>

【ヒナタカ】

インディーズ映画や4DX上映やマンガの実写映画化作品などを応援している雑食系映画ライター。過去には“シネマズPLUS”で、現在は“ねとらぼ”や“CHINTAI”で映画記事を執筆。“カゲヒナタの映画レビューブログ”も運営中。『君の名は。』や『ハウルの動く城』などの解説記事が検索上位にあることが数少ない自慢。ブログ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」 Twitter:@HinatakaJeF

関連記事(外部サイト)