映画『アンダードッグ』はさながら“3倍ロッキー”!負け犬ボクサーが掴み取る、勝敗を超えた“何か”を知り、咽び泣け。

映画『アンダードッグ』はさながら“3倍ロッキー”!負け犬ボクサーが掴み取る、勝敗を超えた“何か”を知り、咽び泣け。

(C)2020「アンダードッグ」製作委員会 

 11月27日より映画『アンダードッグ』の“前編”と“後編”が一挙に公開されている。

 本作の題材はボクシングであり、タイトルの意味は“かませ犬”。1974年の映画『ロッキー』は負け犬ボクサーの奮闘を描き世界的な人気を得たが、本作は“日本版ロッキー”、いや“3倍ロッキー”と呼んでも差し支えない、飛び抜けた面白さと魅力を持つ作品であった。

 森山未來、北村匠海、勝地涼という実力派の俳優たちの熱演はもちろん、本格的なトレーニングを積んだ結果として手にした本物のボクサーと遜色ない肉体と動き、撮影に1日半ないし2日をかけたという試合の迫力は、圧巻という言葉でも足りない。

 それだけでもスクリーンでの見応えが存分にある力作であるが、前編131分、後編145分、合わせて4時間半超えのボリュームで描くドラマにも、とてつもない感動があった。その具体的な特徴と見所を、以下に記していこう。

◆栄光にしがみ付くボクサーは、闘う理由を探していく

 末永晃(森山未來)は、一度掴みかけたチャンピオンの道から外れ、どん底に落ちてもなおもボクシングにしがみついていた。妻は愛想を尽かして息子を連れて家を飛び出し、今では借金まみれの父との二人暮らし。場末のデリヘルの運転手として無為に日々を消化しながら、無様なかませ犬としてリングに立ち続けていたのだ。

 彼にとって辛いのは、自身がボクサーとして闘う理由を見出せなくなりつつあり、「ボクシングを辞めるべきだ」とジムのオーナーをはじめとした周囲の人間から言われ続けていること。別居している息子からは「お父さんがボクシングを辞めたら、また一緒に住めるんでしょ?」と問われ、知り合いのボクサーからも「あんたみたいな生き方、大嫌いなんだよ」と今の境遇を全否定されることすらある。ボクサーとしてかませ犬であるだけでなく、彼は人生においても負け犬そのものなのだ。

 その晃は、デリヘル店に幼い娘を連れてきたシングルマザーの送迎を頼まれ、陰りを帯びた彼女に惹かれていくことになる。いい年をした負け犬ボクサーの再起をかけたチャレンジと並行して女性との交流が描かれるというのも『ロッキー』らしい要素だが、本作ではそれよりもかなりトーンは暗く重い。明らかにこのシングルマザーは娘を虐待しており、晃との関係は「仕事の後に行きずりで性的な関係を持つ」ようなもので、ラブストーリーとは呼びにくい不健全さに満ちている。

 だが、それでも、晃はボクサーとして泥臭く闘う理由を見つけようとし、シングルマザーとの関係からも何かを得ようともがく。しかし、その答えは簡単には見つからず、さらに惨めな気持ちになっていく。その過程は『ロッキー』よりもさらにハードで救いがないように見える。

 ボクシングに限らず、「何のために今の人生を選んでいるのか」「他に幸せになれる道があるんじゃないのか」といった想いを抱えている方は決して少なくはないだろう。そうであれば、より彼の葛藤と焦燥感は、胸に迫るものとして感じられるはずだ。

◆親の七光りのお笑い芸人は、男のプライドを取り戻そうと闘う

 前述した栄光にしがみ付くボクサー・晃の1人だけでも、十分に『ロッキー』のような(さらに重くて苦しい)ドラマとして成立しそうなところだが、この『アンダードッグ』では彼の物語と並行して、さらに2人の男の人生における重要局面を丹念に描き出しているということが重要だ。実質的に主人公は3人いると言っても良く、それこそが“3倍ロッキー”と称したい理由だ。

 前編で特にクローズアップされるのは、大物俳優の二世タレントである、鳴かず飛ばずのお笑い芸人の宮木瞬(勝地涼)だ。バラエティ番組の企画としてボクシングに挑戦する彼は、初めこそボクシングをナメきっているようにしか見えず、お笑い芸人としても1人の男としてもつまらない存在として映るのだが、そのことも重要な意味を持っていく。

 瞬は親の七光りと揶揄され、その父親本人からもお笑い芸人を辞めろと言われ、あまつさえその父親からいい年をして仕送りをされ続けていた。ボクシング未経験だった彼が芸能界引退をかけて必死でトレーニングを積み、そして闘いに赴くのは、ズタズタに傷つけられてきた男としてのプライドを取り戻すためでもあるのだ。

 この瞬の境遇は、前述した晃の人生との明確な対比になっている。お笑い芸人としての地位が低く、ボクサーとして素人であった瞬であっても、心から彼の身を案じる恋人もいるし、応援してくれる取り巻きもいて、何よりも明確な闘う理由がある。対して、晃は自身が過去に栄光を掴みかけたボクシングに無様にしがみつき、デリヘルで働くシングルマザーと不健全な関係を持ち、闘う理由が希薄になっていっている。どうしようもなくつまらない男に見えていた瞬のほうが、まだ希望があると思えてしまうのが、残酷なのだ。

◆荒れ果てた過去を持つ青年は、負け犬ボクサーに何かを見出す

 本作の3人目の主人公となるのは、プロテストのため日々トレーニングを積んでいる青年の大村龍太(北村匠海)。ジムでサンドバッグを叩いている晃にタメ口で話しかけていて、7年前の日本タイトルマッチで晃の試合を見ていたという龍太は、その後も何かと晃のことを気にかけるようになる。

 彼は若くて将来を有望視され、長年連れ添った妻との間に子どももできていた。だが、彼は親に捨てられ児童養護施設で育ち、半グレとして荒れ果てていた過去を持っており、そのことが彼の人生に暗い影を落とすようになる。

 龍太は、表面上ではリア充な青年にも見える。そのことが前述したお笑い芸人の瞬に続いて、相対的にボクシングにしがみつき負け犬人生を歩んでいる晃が惨めに見えてくるという構図がある。だが、瞬にとって晃はとある理由によって、どこか憧れを抱くような、そして自身の人生に多大な影響を与えていた存在でもあった。後編で描かれるのは、そんな彼と晃との因縁であり、それは後の闘いにおいても重要な意味を与える。

 この『アンダードッグ』は前後編合わせて4時間半超えというボリュームをもって、3人の主人公それぞれの境遇や周囲の評価、『ロッキー』のような“負け犬”の側面、何よりもボクシングで闘う理由を丹念に描き出していく。それらは暗く苦しくはあっても、奥深くも豊かでもある。そうした人生の多面性を描くためにも、この上映時間は必要だったのだ。

◆性描写が示すもの

 本作には直接的な性描写があり、R15+指定がされている。“性”は言うまでもなく根源的かつ生物的な欲求であり、そのことが3人の主人公それぞれが生死をかけていると言っても過言ではないボクシングの試合に赴く様、もっと言えば“生”への渇望にダイレクトに繋がっているようにも見えた。

 また、幼い娘を連れたシングルマザーがデリヘル嬢として働き、ボクシングにしがみ付く主人公の晃がその運転手を務め、不健全な関係にも染まっていくということなどには、セックスワーカーの貧困の現状がつぶさに作劇に反映された結果にも思える。

 間違いなく言えるのは、本作における性描写はただいたずらに過激というだけでなく、キャラクターそれぞれの境遇の過酷さや、その必死に生きようとする意思のために必要であった、ということだ。性描写に眉をひそめる方もいるかもしれないが、それがあってこその切実な人生のドラマ、そして試合が鮮烈に映るという効果を生んでいることにも、注目してみてほしい。

◆人生の縮図としてのボクシングと、勝敗を超えた“何か”

 武正晴監督は、「ボクシングになぜ魅せられてしまうのか」の理由について、「1ラウンド3分、1時間にも満たない試合のリング上に、人生の縮図を垣間見せられる刹那があるから」「憎くもない相手と殴り合う因果のボクサーたちにとって、リングという領域は、勝敗を超えた“何か”を掴み取れる場所なんです」などと語っている。

 この『アンダードッグ』における3人のボクサーそれぞれもまた、単純な勝ち負けという価値観では推し量れない、何かを見つける。それは人生をかけてでも見つけたい、掛け替えのないものであるだろう。彼らが具体的に何を手にするのか、その答えが提示される瞬間には、咽び泣いてしまうほどの感動がある。ぜひ、スクリーンで見届けてほしい。

◆合わせて観てほしい、2つの日本のボクシング映画

 最後に、本作『アンダードッグ』と合わせて観てほしい、2つの日本のボクシング映画を紹介しておこう。

『百円の恋』(2014)

 32歳になっても実家にひきこもり、自堕落な生活を送っていた女性が、ボクシングと出会い、人生の意義に目覚めていく。『アンダードッグ』と同じく監督・武正晴×脚本・足立紳のコンビによる作品であり、“女性版ロッキー”と呼ぶべき1作。主演の安藤サクラの熱演は各所で絶賛を浴び、第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選ばれるなど高い評価を得た。

『あゝ、荒野』(2017)

 境遇も性格も正反対の2人の男がボクシングに出会い、時には衝突し、時には高めあっていく様を描く。押しも押されもせぬ人気俳優の菅田将暉と、韓国出身の俳優ヤン・イクチュンのW主演作。原作となるのは1966年に出版された寺山修司による小説。『アンダードッグ』とはボクシングが題材である以外にも、過激な性描写がありR15+指定がされていること、前後編で紡ぐ大ボリュームなど、共通点が多い。

 これらを『アンダードッグ』と合わせて観れば、日本のボクシング映画が存分に世界と渡り合えるクオリティであるということが、間違いなくわかるだろう。

 

 なお、『アンダードッグ』の配信版は、ABEMAプレミアムにて2021年1月1日より全8話が一挙配信開始予定となっている。劇場版が3人の男たちのドラマを中心に追った内容である一方、配信版は彼らを取りまく登場人物にも視野を広げた群像劇色の濃い内容となっているそうだ。劇場版と合わせて、こちらも鑑賞してみてはいかがだろうか。

<文/ヒナタカ>

【ヒナタカ】

インディーズ映画や4DX上映やマンガの実写映画化作品などを応援している雑食系映画ライター。過去には“シネマズPLUS”で、現在は“ねとらぼ”や“CHINTAI”で映画記事を執筆。“カゲヒナタの映画レビューブログ”も運営中。『君の名は。』や『ハウルの動く城』などの解説記事が検索上位にあることが数少ない自慢。ブログ 「カゲヒナタの映画レビューブログ」 Twitter:@HinatakaJeF

関連記事(外部サイト)