糖化がしわ・たるみ原因に!“低GI&抗糖化”食材で美肌復活を

糖化がしわ・たるみ原因に!“低GI&抗糖化”食材で美肌復活を

糖化がしわ・たるみ原因に!“低GI&抗糖化”食材で美肌復活をの画像

かつて「25歳はお肌の曲がり角」などと言われたものですが、気がつけばそんな年齢からすでに四半世紀が過ぎ……。というわけで、ここらでひとつお肌のメンテナンスに本腰を入れて取り組んでみてもいいかもしれませんーー。

「美肌のためには、私はなにより“インナーケア”が重要だと思っています。体を内側からきれいにするには、1日3度の食事を見直すこと。それが美肌への近道です」

そう話すのは皮膚科医の小林智子先生。いまはお肌ツルツルの小林先生だが、実は長い間、肌の乾燥に悩まされていたという。肌悩みを抑えるために必要な栄養素とは、いったいどんなものなのだろうか?

「トラブルの種類にもよりますが、乾燥を抑えるにはタンパク質が大切です。ただ、タンパク質は生命維持に関わる部分から優先的に使われますから、肌の潤いを保つ『天然保湿因子』など肌の細胞にまで行き渡らせるには、たくさんのタンパク質が必要です。忙しい日の朝食はパンとコーヒーという人がいるかもしれませんが、それではタンパク質が足りません。卵や納豆、豆腐、チーズなど手軽に食べられて、肌悩みに効く“おクスリ食材”を、もっと利用するといいと思います」(小林先生・以下同)

ミドルエージの肌悩みは、ほかにどんなものが多いのだろう?

「しみやしわ、たるみでしょうか。原因はさまざまですが、糖化によるダメージが大きいでしょう。食事で取りすぎた糖は、タンパク質と結合して糖化を起こし、AGEs(終末糖化産物)を作ります。このAGEsはさまざまな病気の原因になるだけでなく、肌にも悪影響を与えます。コラーゲンが変性して弾力やハリが失われたり、肌のバリア機能が落ちてキメが低下したり。これらにも糖化が関係しています」

さまざまな肌トラブルに直結してしまう糖化を防ぐ手立てはないのだろうか?

「血糖値の急上昇を抑えるのが効果的で、GI値の低い食品を取るのがおすすめです」

GI値とは、その食品を食べたとき、どれくらい血糖値が上がるかを示す指標のこと。精製されていないもののほうが消化吸収に時間がかかるため、GI値が低いという。炭水化物であればうどんよりそば、白米より玄米のほうが低GIの食品となる。

肌悩みの解消に大切なのは、栄養素を補い合う食品を一緒に食べる“食べ合わせ”だという。

■しわ・たるみに効く食べ合わせ

自分の写真を見て、思わずぎょっとするといった経験はないだろうか? 自分が脳内で思い描く姿より、しわやたるみが目立って、はるかに老けているからだ。この憎きしわ・たるみは、加齢によるところが大きいのはわかっているが、食べ合わせによって解消することはできるのだろうか。

「しわ・たるみの原因には、紫外線ダメージもありますが、糖化の影響も大きいと思います。特に糖化は、見た目年齢と体内の糖化が比例しているという研究データもあるほど。つまり、糖化が進んだ人ほど老けて見えるので、糖化によるAGEsを増やさないことが、若々しい美肌を保つ秘訣といえるでしょう」

糖化を抑えるには、血糖値を急上昇させないことがポイントだ。そのため、GI値の低い食品の活用はもちろんのこと、食べ方も影響するという。

「ひとつには、朝食を欠かさず食べることです。朝食を抜くとお昼前には血糖値が下がり、体は血糖値を上げるホルモンを分泌します。その状態で昼食を取ってしまうと、ホルモンの効果も手伝って、血糖値が急上昇。糖化が起こりやすい状況になるのです」

それでは具体的に、どんな栄養素を取る食べ合わせが効果的なのだろうか。

「しわ・たるみ対策には、タンパク質と、糖化を避ける低GI食品、それに抗糖化食材の食べ合わせが効果的です」

【しわ・たるみに効く食べ合わせ1:タンパク質×低GI×抗糖化】

〈タンパク質〉:ヨーグルト、納豆、豆腐、鶏肉など
〈低GI〉:オートミール、玄米、全粒粉パン、ライ麦パンなど
〈抗糖化〉:レモンティー、モロヘイヤ、酢、シナモンなど

タンパク質は鶏肉など肉類のほか、ヨーグルトや納豆、豆腐などにも多い。低GI食品は、小林先生おすすめのオートミール。それ以外には、玄米、全粒粉、ライ麦などがあり、抗糖化食材は、モロヘイヤやレモン、酢などがよく知られている。

「たとえば、低GIのオートミールに牛乳を加えてひと晩おくと、オーバーナイトオーツができます。これに、ヨーグルトや果物をトッピング。抗糖化食材であるレモンを浮かべた紅茶と組み合わせると、しわ・たるみに効く食べ合わせが完成します」

ほかにも、食べ合わせに必要な栄養素を含む食品から、好きなものを選んで組み合わせればOK。応用レシピは無限だ。ただ、しわ・たるみの原因は、皮膚だけにあるのではない。

【しわ・たるみに効く食べ合わせ2:ビタミンD×ビタミンK】

〈ビタミンD〉:焼きザケ、マグロ、きのこ類、チーズなど
〈ビタミンK〉:納豆、ワカメ、ほうれん草、小松菜など

「骨や表情筋の萎縮も、大きな原因です。特に骨は、加齢や閉経後のホルモンバランスの変化によって、萎縮が進みます。骨が萎縮すると、そのぶん皮膚が余ってたるんでしまうのです」

だが、骨というのは、常に分解と合成を繰り返し生まれ変わっている。だからいまからでも、骨の合成を促すことができるのだ。

「骨の合成に欠かせないのは、適度な運動と、栄養面ではビタミンDやビタミンKです。どちらもカルシウムを骨に沈着させて、骨の合成をサポートしてくれます」

ビタミンDを多く含むのはサケやマグロ、きのこ類など。ビタミンKは納豆やワカメ、ほうれん草などに多い。和食でよくある焼きザケと納豆の組み合わせは、たるみに効くベストマッチだ。

関連記事(外部サイト)