朝食は“食べる美容液”!美肌に欠かせない栄養素とれるメニュー

朝食は“食べる美容液”!美肌に欠かせない栄養素とれるメニュー

朝食は“食べる美容液”!美肌に欠かせない栄養素とれるメニューの画像

「美肌のためには、私はなにより“インナーケア”が重要だと思っています。体を内側からきれいにするには、1日3度の食事を見直すこと。それが美肌への近道です」

そう話すのは皮膚科医の小林智子先生。いまはお肌ツルツルの小林先生だが、実は長い間、肌の乾燥に悩まされていたという。肌悩みを抑えるために必要な栄養素とは、いったいどんなものなのだろうか?

「トラブルの種類にもよりますが、乾燥を抑えるにはタンパク質が大切です。ただ、タンパク質は生命維持に関わる部分から優先的に使われますから、肌の潤いを保つ『天然保湿因子』など肌の細胞にまで行き渡らせるには、たくさんのタンパク質が必要です。忙しい日の朝食はパンとコーヒーという人がいるかもしれませんが、それではタンパク質が足りません。卵や納豆、豆腐、チーズなど手軽に食べられて、肌悩みに効く“おクスリ食材”を、もっと利用するといいと思います」(小林先生・以下同)

ミドルエージの肌悩みは、ほかにどんなものが多いのだろう?

「しみやしわ、たるみでしょうか。原因はさまざまですが、糖化によるダメージが大きいでしょう。食事で取りすぎた糖は、タンパク質と結合して糖化を起こし、AGEs(終末糖化産物)を作ります。このAGEsはさまざまな病気の原因になるだけでなく、肌にも悪影響を与えます。コラーゲンが変性して弾力やハリが失われたり、肌のバリア機能が落ちてキメが低下したり。これらにも糖化が関係しています」

さまざまな肌トラブルに直結してしまう糖化を防ぐ手立てはないのだろうか?

「血糖値の急上昇を抑えるのが効果的で、GI値の低い食品を取るのがおすすめです」

GI値とは、その食品を食べたとき、どれくらい血糖値が上がるかを示す指標のこと。精製されていないもののほうが消化吸収に時間がかかるため、GI値が低いという。炭水化物であればうどんよりそば、白米より玄米のほうが低GIの食品となる。

小林先生は食事のなかでも、とりわけ重要なのは朝ごはんだと説く。

「朝ごはんを食べると、体内時計がリセットされて1日の始まりを認識し、体のリズムが整います。すると、自律神経も整ってきて、メンタルが安定します。さらに、朝ごはんを食べることで血糖値の急上昇を抑制できます。糖化リスクを抑えて、肌の老化や病気、肥満などの予防にもつながります。こんなにメリットの大きい朝ごはんは、まさに“食べる美容液”といえるでしょう。朝ごはんを正しく取ることが、美肌を制するいちばんの要素なのです」

とはいえ、朝は眠いし忙しい。正しい朝食を毎日取るのはむずかしいのでは?

「“正しい”ことと“手をかける”ことは違います。私の言う正しい朝食とは、その人が必要とする栄養素がもれなく取れる朝食のことです。肌悩みに効く食品の納豆や卵などは、あまり手をかけなくてもおいしく食べられて、栄養面も優秀です。そんな美肌に効くおクスリ食材を9つ挙げてみました」

■定番朝食メニューの“おクスリ食材”

【サケ】

高タンパク質食材。アスタキサンチンやオメガ3、ビタミンB群、ビタミンD、カリウムなど美をサポートする栄養素が満載。

【オートミール】

血糖値が上がりにくい代表的な低GI食品。ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富。アレンジしやすい点も魅力のひとつ。

【納豆】

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく含んだ最適食材。腸内環境改善や活性酸素の抑制効果も。

【アボカド】

ビタミンE、ビタミンB群、カリウムなどと食物繊維を一度に取れる美肌に必須のスーパーフード。オメガ3の補給もできる。

【ヨーグルト】

タンパク質、抗酸化のビタミンA、美肌に効くビタミンB群も豊富な発酵食品。乳酸菌が豊富で、腸活にも最適な食品。

【卵】

1日に必要なタンパク質や脂質、ビタミン、カルシウム、鉄分などが取れるスーパーフード。体内で合成できない必須アミノ酸も。

【ベリー類】

低糖質・低カロリーで糖化ケアに最適。ポリフェノールやビタミンE、ビタミンCのほか、葉酸や食物繊維も補給できる。

【チーズ】

アミノ酸含有量の多いタンパク質食材。ビタミンA、ビタミンB2、カルシウム、乳酸菌など、女性に必須の栄養素がたっぷり。

【みそ汁】

酸化ストレスを減らすビタミンE、イソフラボン、サポニンと、血行改善のビタミンEが豊富。具材しだいで栄養価アップも。

「どれも調理の手間をかけなくても、簡単に食べられておいしいものばかり。そして、朝食の定番ともいえるものが多いことにお気づきでしょうか。こうしたおクスリ食材をストックしておけば、時間がなく、眠くてつらい朝でも、必要な栄養素をたっぷり含んだ正しい朝ごはんが食べられるでしょう」

確かに、夕食は品数も多く、豪華なものを食べる機会も多いが、朝食は軽視しがちだ。

「たとえば1日1,500キロカロリー取るとすると、朝昼晩に3等分して、500キロカロリーずつ取るのが理想です。食事のあと寝るだけの夕食より、これから活動が始まる朝食をもっと重視してほしいと思います。これまでパンとコーヒーだけだった人は、目玉焼きやチーズ、ヨーグルトなどを添えてみてください。卵入りの納豆ごはんにおみそ汁もよい食べ合わせです。朝ごはんは受け付けないという人でも、冷凍ベリーをトッピングしたヨーグルトなら喉を通るのではないでしょうか」

そうはいっても、もうオバサンだから……と肌悩みの克服をあきらめていた人もいるだろう。

「いまからでも十分、間に合います。もちろんアトピー性皮膚炎など、治療が必要な皮膚疾患を食べ物だけで治すことはできませんが、ターンオーバーのサイクルである2週間〜1カ月間、食事に気をつけることで、肌の変化を実感できる人もいるでしょう」

若く見える美肌を目指して、明日から、おクスリ食材たっぷりの朝ごはんを始めよう。

関連記事(外部サイト)