みずほら大手とネット銀行が振込手数料を値下げ…本当にお得なのは?

みずほら大手とネット銀行が振込手数料を値下げ…本当にお得なのは?

みずほら大手とネット銀行が振込手数料を値下げ…本当にお得なのは?の画像

みずほ・三井住友・三菱UFJの大手銀行は、今秋から他行あての振込手数料を引き下げる。ATM利用手数料の引き上げ、通帳発行手数料の創設など“改悪”が続いているので、久々の朗報! でも、本当にお得なのだろうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■どの大手銀行も値下げ幅や新料金は似たり寄ったり

今回の改定は、銀行間でお金を移動する際に利用する「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」の手数料引き下げによるものです。全銀システムの手数料はこれまで、3万円未満の振り込みで117円、3万円以上で162円。これが40年以上変わらず続いていましたが、10月からは振込額に関係なく62円になります。引下げ幅は、3万円未満の振り込みで55円、3万円以上で100円です。

この全銀システムの手数料は、私たちが払う他行あて振込手数料のいわば“原価”。各銀行は自行の利益を含む手数料をのせて、振込手数料を設定しています。

たとえば三菱UFJ銀行の場合、10月から3万円未満の振り込みで66円、3万円以上で110円引き下げます。振込手数料は、手続きを行う方法(銀行窓口や銀行ATM、ネットバンキングなど)によって異なりますので、新料金は次で確認してください。

【大手銀行の他行あて振込手数料】( )内は、現状との差額

〈三菱UFJ〉10月1日〜

ネットバンキング:3万円未満・154円(−66円)/3万円以上・220円(−110円)
ATM(キャッシュカード利用):3万円未満・209円(−66円)/3万円以上・330円(−110円)
窓口:3万円未満・594円(−66円)/3万円以上・770円(−110円)

〈みずほ〉10月1日〜

ネットバンキング:3万円未満・150円(−70円)/3万円以上・320円(−120円)
ATM(キャッシュカード利用):3万円未満・270円(−60円)/3万円以上・330円(−110円)
窓口:3万円未満・710円(−60円)/3万円以上・880円(−110円)

〈三井住友〉11月1日〜

ネットバンキング:3万円未満・165円(−55円)/3万円以上・330円(−110円)
ATM(キャッシュカード利用):3万円未満・165円(−55円)/3万円以上・330円(−110円)
窓口:3万円未満・605円(−55円)/3万円以上・770円(−110円)

※三井住友銀行は、’21年11月1日〜’22年1月16日のネットバンキングでの振り込みについて、値下げ分を口座に返金。

大手銀行全体を見ると、どの銀行も値下げ幅や新料金は似たり寄ったり。今後も、横並びの料金体制が続きそうです。

加えて、全銀システムで撤廃された振込額“3万円の壁”が依然として残っていますし、特に窓口での手数料は高いまま。「超低金利なのに、手数料が高すぎる」状況は大きく変わらないでしょう。

■まずはメガバンのネットバンキングを

いっぽうネット銀行も10月から、他行あて振込手数料を引き下げます。代表的なネット銀行の振込手数料は、次のとおりですが、どこも大手銀行より安く、3万円の壁もありません。

【ネット銀行の他行あて振込手数料】( )内は、現状との差額

〈GMOあおぞら〉10月1日〜

ネットバンキング:86円(−71円)
無料特典の回数:月1〜20回

〈住信SBIネット〉10月1日

ネットバンキング:88円(−69円)
無料特典の回数:月1〜20回

〈auじぶん〉10月1日〜

ネットバンキング:99円(−79円)
無料特典の回数:月0〜15回

〈ソニー〉10月1日〜

ネットバンキング:110円(−110円)
無料特典の回数:月1〜11回

〈イオン〉10月1日〜

ネットバンキング:110円(−110円)
無料特典の回数:月0〜5回

〈PayPay〉10月1日〜

ネットバンキング:145円(−31円)
無料特典の回数:月0〜5回

※auじぶんとPayPayは現状の3万円未満と比較(’21年9月9日現在)。

また、GMOあおぞらネット銀行の「カスタマーステージ」、住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」など、利用状況に応じて振込手数料無料などの優遇特典がつきます。こうした特典は大手銀行にもありますが、口座を持っているだけで月1回無料や、条件を満たせば月20回まで無料など、ネット銀行は総じて太っ腹です。

これらを活用し、少しでも安く他行に振り込む方法をいくつかご紹介しましょう。

【初級編】大手銀行のネットバンキングを利用

大手銀行の他行あて振込手数料を見ると、大手銀行の窓口での振込手数料は驚くほど高いですよね。その理由は、銀行店舗を構える土地代や人件費などが高いこと。また、経営が厳しい銀行は、コストが抑えられるネットバンキングへの移行を進めていて、銀行の本音は「振り込みなどで店舗に来てほしくない」。そのため、窓口の手数料をあえて高くしているとも考えられます。

ネットバンキングは不安という方もいるでしょう。でも、24時間365日、銀行に行かなくても手続きできるのはとても便利です。しかも、3万円以上の振込手数料は、窓口よりも500円ほど安い。これを使わない手はありません。

■ネット銀行とアプリの合わせ技も!

【中級編】代理人カードを利用

家を離れて暮らす家族にお金を送る場合は、「代理人カード」と呼ばれる2枚目のキャッシュカードを利用するとよいでしょう。

家族は同じ口座から引き出すので「送金」に当たらず、振込手数料はゼロ。ゆうちょ銀行などカード作成時の手数料もかからない銀行もあり、お得で便利です。

【上級編】ネット銀行を利用

便利なネット銀行を選び、口座を開設しましょう。選び方のポイントは2つです。

(1)家の近くや通勤途中などに、利用手数料がかからないATMがあること。コンビニATMが無料で使える銀行や、よくイオンに行く方は、イオン銀行が便利かも。

(2)振込手数料が無料、あるいはできるだけ安いネット銀行を選びましょう。自分が使えそうな無料特典の回数もチェックしてください。

次に、大手銀行の給与振込口座などからネット銀行の口座にお金を移します。ここで、送金アプリ「pring」を利用しましょう。pringはスマホ決済アプリとよく似たシステムで、A銀行からpringにお金を「おくる」は何度でも、pringにあるお金をB銀行に「もどす」は月1回まで無料です(ただし、無料回数が異なる銀行も)。つまり月1回までなら、pringを介しての資金移動は手数料なしでできます。

あとはネット銀行から振り込むだけ。スマホがあれば、すべて自宅でできますから、お金はもちろん、時間も節約できますよ。

大手3行とりそな銀行、埼玉りそな銀行は、電話番号やSNSのIDで送金できるシステム「ことら」を’22年にも始めるといわれています。便利でお得なものがどんどん登場しますから、楽しんで挑戦しましょう。

関連記事(外部サイト)