県民割と合わせ技で…Go To再開前は「近場でおトク旅」を

県民割と合わせ技で…Go To再開前は「近場でおトク旅」を

県民割と合わせ技で…Go To再開前は「近場でおトク旅」をの画像

※新型コロナウイルスの新たな変異ウイルス「オミクロン株」の感染が世界で広がり、日本でも感染者が初めて確認されています。旅行や外出は、事前に今住んでいる地域や旅行先の情報を確認し、感染対策を徹底したうえで楽しもう。

感染状況が落ち着きを見せ、観光地に人が集まっているニュースなどを目にするたび、遠くへ旅をしたいという思いに駆り立てられている人も多いだろう。

少しでもお得に出かけたいところだが、現在一時停止している観光支援事業「Go To トラベル」の再開は’22年1月下旬以降の見通しだーー。

「今注目されているのが、住んでいる地域を巡る“近場旅”。この秋から道府県が一気に始めた『県民割』が、お得な旅を強力にバックアップしてくれるのです」

そう語るのは、旅行クーポンサイト「トラベラーズナビ」代表の宮内真人さん。

県民割とは、「Go Toトラベル」の代替策として東京都、千葉県、埼玉県を除く44道府県で実施されている観光支援事業のこと。

「県民割を使うと、住んでいる道府県内を旅行する場合、1人1泊あたり5,000円を上限として宿泊費が割引に。加えて、土産店や飲食店などで使える2,000円分のクーポンがもらえます。旅行代金が1泊1万円の場合であれば、支払額が5,000円引きになるのに加え、最大2,000円分のクーポンがもらえるため、旅行代金が実質7,000円お得になる計算です」(宮内さん・以下同)

県民割を利用する方法は主に〈対象の宿泊事業者に直接電話をする〉〈旅行会社の窓口で予約をする〉〈オンラインだけで取引を行う旅行会社を利用する〉の3つがある。

■合わせ技で宿泊費が“実質ゼロ円”にも

この県民割を、市町村などの自治体が独自に展開している「観光キャンペーン」と組み合わせると、驚くほどの格安旅が可能になると宮内さんは話す。実際に宮内さんがお得に旅をした例を見てみよう。

「私は大分県に住んでいますが、先日、県内の日田市に旅行した際、1泊1人2万円の宿に泊まりました。大分県の県民割『新しいおおいた旅割』を使ったので、まず実質7,000円引きに。これに加え、日田市が行っている、スマホアプリに3,000円チャージすると宿泊費5,000円と3,900円分の商品券がもらえる『日田の恩返しキャンペーン』を併用しました。合計すると、1人当たり実質1万2,900円が補助された形です。全国の自治体は、経済的メリットが大きい観光に力を入れて、さまざまなキャンペーンを展開しています。なかには宿泊費を“実質ゼロ円”にできるものもあります」

■自治体の観光キャンペーンもお得!

自治体の観光キャンペーンの多くは県民割と異なり、その道府県内に住んでいない人でも利用可能。キャンペーンに関する情報は、その自治体の観光協会のホームページをチェックしたり、宿泊施設が決まっていればその施設に直接問い合わせるのがポイントだそうだ。一覧表(画像参照)は、宮内さんおすすめのキャンペーンをまとめたもの。

「冬の観光地の定番、北海道では札幌市の『さぁ!サッポロ冬割』、函館市の『はこだて割』の特典が魅力的です。宿泊料が最大50%オフになる『どうみん割』との併用ができれば、かなりお得な旅ができるでしょう。また、高知県が独自に行っている『高知観光リカバリーキャンペーン』は、県内旅行のうち交通費に対して上限5,000円を助成。県民割『高知観光トク割キャンペーン』と併用しやすいのが特徴です」

神奈川県三浦市の「みうらおもてなしクーポン年末年始応援キャンペーン」では、市内で利用できるクーポン券(7,500円分)1口を5,000円で販売。これを最大10口まで購入できる。

「ただし、各自治体が設定している予算や販売数に達すると終了してしまうキャンペーンも少なくないため、注意が必要です。東北6県に住んでいる人が対象の宮城県仙台市の『Travel仙台選べるトク旅キャンペーン』や、計7県の在住者が利用できる金沢市の『五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン』など人気の観光地の特典は早期に売り切れてしまうことも。自ら積極的に情報をチェックしておくことが大切です」

感染対策というエチケットを忘れずに、冬の旅を、近場でお得に楽しんでみてはいかがだろうーー。

関連記事(外部サイト)