行動心理学の専門家が伝授「A型は“王道映画”でケチ体質脱却を」

行動心理学の専門家が伝授「A型は“王道映画”でケチ体質脱却を」

行動心理学の専門家が伝授「A型は“王道映画”でケチ体質脱却を」の画像

DVDで、動画配信で、年末年始は「自宅でのんびり映画でも見よう」と考えているあなたに朗報。なんと、血液型別の“お金体質”をふまえた「金運を底上げする映画」があったんです!

「以前、『50回目のファースト・キス』を見た知人から『急に仕事にやる気が出て臨時ボーナスをもらった』と聞いたのが、映画には人の運気を上げる力があると考えるきっかけになりました」

そう話すのは、行動心理学にくわしい御瀧政子さん(心理研究家)。映画を見ただけで運気が上がる? にわかには信じがたい人もいるだろう。

「後日、心理学、脳科学の立場から、改めてこの作品を見ました。前日のことをすべて忘れてしまう短期記憶障害の女性に一目ぼれし、毎日告白する獣医の男性を描いた物語。そこにはコツコツと続けることで欲しいものが手に入るという強いメッセージを感じました。これが彼の潜在意識にある“やる気スイッチ”に働きかけて、運気を上げたのだと思います」(御瀧さん・以下同)

もともと御瀧さんは自ら年間100本は見ているという映画好き。それ以来、見た映画すべてを「運気アップ」の面で星付け。手元に膨大なリストができあがっているとか。今回はそのリストの中から、とくにお金に関する潜在意識に働きかける映画を厳選。さらに、血液型別性格診断の分野では第一人者でもある御瀧さんはこう語る。

「血液型によって、お金に対する気質が違います。当然、金運を上げる“やる気スイッチ”のポイントにも違いがあり“金運を上げる映画”が異なります。そこで血液型別に6作品ずつを選びました」

また直接、潜在意識に働きかけるために、おすすめ映画を見るのには順番があるという。

「まず◯マークの2作を見て、感動してください。感動することで心が清まり素直になります。つぎは△マークのあなたを応援してくれる2作。最後に□マークの2作。これであなたの潜在意識に“金運やる気スイッチ”が点灯。お金が貯まる体質になっているはず。できれば見るときは集中力を上げるため、空腹時がおすすめ」

■「A型」ストレートに心に訴える映画で“脱ケチケチ体質”!

【お金体質】

「コツコツ貯める派が多いのが特徴。とくに細かい支出にこだわり、何か得することはないかと常にアンテナを張っています。基本スタンスが『節約』なので『セコい』『ケチ』『細かい』と思われがち。がっちり貯めてお金に困らない人生を送るのかと思いきや『お買い得』『セール』『ポイントアップ』などの言葉が大好きな一面も。1円でも安い物を買うためにガソリン代をたくさん使ったり、不要なモノでも『安い』の一言で買ってしまうことがあり、意外とお金は貯まっていないのが現実です」

【金運を底上げする映画】

「常にケチケチするのではなく、必要なときには惜しまずに使う金銭感覚を磨くことが金運の底上げに直結。A型にはそうした意識を刷り込む映画がおすすめ。また直情型なので、ひねった物語より、ストレートに伝わる映画が最適。ピッタリなのは次の6本です」

◯「奇跡のシンフォニー」(’07年・米国)
〈概説〉両親が必ず迎えに来ると信じ児童養護施設で暮らす少年の耳に不思議な音が聞こえて……。
〈潜在意識への働きかけ〉ひたむきに願えば奇跡は起こり願いはかなう。

◯「P.S.アイラヴユー」(’07年・米国)
〈概説〉最愛の夫を脳腫瘍で亡くしたその後の妻に亡き夫から手紙が届き……。
〈潜在意識への働きかけ〉愛する人は亡くなっても寄り添っている。

△「ザ・エージェント」(’96年・米国)
〈概説〉利益追求だけの会社経営に疑問を持ち、独立してスポーツ選手のエージェントを始めるが……。
〈潜在意識への働きかけ〉自分の信じた道を貫いて成功する。

△「あなたに降る夢」(’94年・米国)
〈概説〉警察官の主人公がたまたま妻に頼まれて買った宝くじが本当に当たってしまう……。
〈潜在意識への働きかけ〉どんな約束でも必ず守ることの大切さ。

□「小さな命が呼ぶとき」(’10年・米国)
〈概説〉主人公は余命9年の難病の愛娘のために天才科学者と製薬会社を起業する……。
〈潜在意識への働きかけ〉目的を果たすためにはどんな努力も惜しまない。

□「舞妓Haaaan!!!」(’07年・日本)
〈概説〉舞妓遊びにずっとあこがれていた食品会社の社員が京都に転勤になり……。
〈潜在意識への働きかけ〉夢をかなえるには並外れた行動力とパワーがいる。

数カ月に1度、繰り返して見ることでさらに効果があるという。年末年始に一気見して、来年の金運を上げてみてはいかが?

関連記事(外部サイト)