【ポップな心霊論】「SNSで話題になった呪われた猫の置き物が…」

【ポップな心霊論】「SNSで話題になった呪われた猫の置き物が…」

【ポップな心霊論】「SNSで話題になった呪われた猫の置き物が…」の画像

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、吉本興業所属の“霊がよく見える”芸人・シークエンスはやとも。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【その猫の置き物は持つ人を不幸にするそうです】

1年ほど前にSNSで「フリマサイトで呪物が売られている」と話題になったことがありました。

それは木彫りの猫の置き物で、出品者いわく祖父が戦地から持ち帰ったものだそう。

そして、この猫が家にきてから、祖母の耳が聞こえなくなり、姉も突発性難聴になるなど不幸が続いているとか。

その後、この話題に食いついたYouTuberが実際に猫を購入して動画を上げていたのですが、しばらくすると更新がぷっつり止まったんです。

なんと彼も突発性難聴になってしまい、活動を続けることが困難になったそう。

しかも次にこの猫を譲り受けたYouTuberもまた突発性難聴になり、活動を休止してしまいました。

そして、そんないわくつきの猫を最終的に引き取ったのが、呪物のコレクターである都市ボーイズの早瀬さん。

まだ耳に異変はないそうですが、一緒に住んでいる奥さんが怪奇現象に見舞われたといいます。

なんでも、お風呂上がりに耳元で「おい」という男の声が聞こえたそうです。しかも、ドライヤーをかけていても聞こえるくらい近い距離で……。

実は僕、この猫を霊視させてもらってきたんです。その内容は次回お話しするのでお楽しみに!

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

関連記事(外部サイト)