世界最高齢ランナー夫婦 健康の秘訣は全12品の“フルコース”朝ご飯にあり!

世界最高齢ランナー夫婦 健康の秘訣は全12品の“フルコース”朝ご飯にあり!

世界最高齢ランナー夫婦 健康の秘訣は全12品の“フルコース”朝ご飯にあり!の画像

80代半ばを迎えた今も、楽々フルマラソンを完走する内田夫妻。そんな2人の元気の秘訣は、朝食にあり! 健康長寿のための工夫がちりばめられた、内田家の朝ご飯に突撃してきました。

「朝は、ごらんのとおりの量を食べます。今日は取材だから、写真うつりがいいようにフルーツにいちごを付け足しましたが、あとはいつもの朝食と全く同じです」

フルコースのようにずらりと食卓にならんだ料理の数々。その前で笑顔を見せるのは、内田昌詞さん(89)と良子さん(85)夫妻だ。

内田夫妻は、’19年11月に行われた「神戸マラソン」(42.195キロ)を2人そろって完走。そのときの年齢は昌詞さんが86歳289日、良子さんが83歳106日だ。2人合わせて、170歳30日という最高齢のギネス記録を持つ。

走り始めたきっかけは、10年前に短距離のランニングイベントに夫婦で参加したこと。初のフルマラソンは’14年、昌詞さん77歳、良子さん74歳のときだ。

「それまでマラソンなんてやったことがなかったのですが、走ってみるとギネス記録がポンポンと5回もとれてしまった。東京五輪の聖火ランナーに選ばれるなんて、マラソンを始めたころは、夢にも思っていませんでした」

そう語る昌詞さんの傍らで、良子さんは笑みを絶やさない。

「食べ物がまったくなかった戦中、戦後に比べると、今はいいものを選んで食べられる夢のような時代。たまたま2人ともスポーツが大好きで、体を動かすと食事もおいしいです。食べて運動すると疲れてよく眠れます。だから今は食事、運動、睡眠の3つを一生懸命やる毎日です。そのなかでもいちばん重視しているのが食事。とくに朝食はしっかり食べることを心がけています」(昌詞さん・以下同)

そんな内田家の朝食とは?

「体をつくるタンパク質はたっぷりと。魚、肉、大豆製品、乳製品、卵の5つは毎食とるようにしています。あとは野菜ですね。根菜類をふくめてさまざまな種類をバランスよくとること。そこに体にいいといわれる食べ物を見聞きするたびに加えてみようかと、やってきたのが今の朝食の形です」

■サラダには酢玉ねぎを加えて血液サラサラ!

朝8時30分から食べはじめる朝食は驚きの連続。特に珍しいのは、飲み物の豊富さだ。アマニ油と黒酢をプラスしたトマトジュース、牛乳と豆乳を1対1で混ぜて、きな粉とハチミツを加えたハチミツきな粉ミルク(ホット)。そして飲むヨーグルトと食後のコーヒーまたはココアをいただく。

もちろん食事もしっかり。パプリカと三度豆(いんげん豆)を鶏もも肉で巻いたメイン料理にパンとチーズ、ゆで卵が添えられ、さらに自家製の「酢玉ねぎ」が入ったサラダが存在感を放つ。

「酢玉ねぎは、玉ねぎとキャベツを電子レンジで加熱処理し、酢とレモンで味付けしたもの。常備菜にしてサラダに入れています」

そのほかにも、ドライフルーツとシナモンを加えたヨーグルト、新鮮な果物、スープ。これらを小一時間かけてゆっくり食べるという。

「朝、しっかり食べると、その日一日中、調子がいいんです。朝食後にはラジオ体操をしてから活動開始。週5回はジムに行き、6時間ほどかけて筋トレとストレッチ、ランニングをこなしています。日曜日は卓球教室。火曜日はマラソン練習で月間の走行距離は150キロ前後。これだけ運動しようと思ったら、朝、たっぷり食べないと」

さらに“無塩・無砂糖・無油”も内田家流だ。

「うちは砂糖を使いません。甘味はすべてハチミツと本みりん。塩も使わないようにして、料理の味付けは白だしやポン酢、にんにく、しょうが、ごまなどで。刺身も醤油に酢を混ぜて食べます。油もトマトジュースに加えるアマニ油以外はまったく使いません」

内田家の朝食は、医学的にも太鼓判を押せるという。『放っておくとこわい症状大全』(ダイヤモンド社)など長寿食に詳しい秋津医院院長の秋津壽男先生が語る。

「にんにくやしょうがなどの味の成分を利用して塩分を減らしているのは素晴らしい取り組み。また、血液をサラサラにする玉ねぎやアマニ油、疲労回復に効果があるクエン酸が多い黒酢を普通の食事にプラスするなど、楽しみながら健康にいい食べ物を取り入れているのがとってもいいです。いくら体によくても我慢しながらとっていたら実になりませんから。とくに豆乳、きな粉などの大豆製品には、良質なタンパク質だけでなく人間に必要な栄養素がバランスよく含まれており、長寿食として世界的に注目されています」

健康長寿のお手本のような食生活をパワーに“アラ90”ランナー夫妻の今後の目標は?

「今の健康な日々に感謝しながら、毎日を過ごすことです。それを続けていけば、来年の大阪マラソンで90歳と86歳という176歳で6回目のギネス記録達成という目標も出てくると思います」

健脚夫婦の朝食を、できるところから取り入れて、せわしない日々を駆け抜けよう!

関連記事(外部サイト)