「春の日焼け」が招く「秋の抜け毛」…専門家に聞く対処法

「春の日焼け」が招く「秋の抜け毛」…専門家に聞く対処法

「春の日焼け」が招く「秋の抜け毛」…専門家に聞く対処法の画像

気象庁によると、’90年に茨城県つくば市で観測を開始して以降、地表に到達する紫外線量は年々増加しており、10年あたりの増加率は4.1%にものぼるという。今年も私たちの肌は、過去最高量の紫外線にさらされることになる。

「コロナ禍になってから、肝斑が濃くなった、という方が増えています。マスク着用による摩擦と、紫外線のダメージをダブルに受けてしまった結果によるものだと思います」

そう指摘するのは、KUMIKO CLINIC院長で美容皮膚科医の下島久美子先生。

肝斑とは、女性ホルモンの影響から生じるシミの一種で、ホルモンの影響を受けやすい30〜40代によく見られるもの。一般的なシミはポツポツと不規則に点在するのに対し、肝斑は目のまわりや頬骨に左右対称に広がるのが特徴だという。

「肝斑は摩擦と紫外線によって悪化するため、マスクがふれる頬骨のあたりが濃くなりやすい。また、マスクを長時間着けていることでメークが落ちてしまうので、そこに紫外線を浴びると悪化しやすいのです」

■在宅中でもメークで肌を保護すること

どうすれば肝斑やシミを防ぐことができるのだろうか。

「どちらも対策は同じで、まずは日焼け止めをしっかり塗ることが基本です。リモートワークで自宅にいる場合、一日中ノーメークという人もいると思いますが、室内にも紫外線は降り注いでいます。室内にいるときでも、日焼け対策は怠らずに」

外出する際も、「マスクを着けているから」と、ノーメークで出かけることが習慣になってしまった人も少なくない。

「一般的な不織布マスクでは紫外線を防ぐことはできません。天気のよい日に外出する際は、紫外線防止効果がもっとも高いSPF50・PA+++以上の日焼け止めを塗り、その上からリキッドファンデーション、さらにUVカット効果のあるパウダーでおさえるなどして二重、三重に紫外線対策をしましょう」

せっかく塗った日焼け止めやファンデも、マスクを長時間着けていると取れてしまう。

「そんなときも、日傘や帽子、羽織り物などを携帯していれば、ある程度は紫外線を防げます。余裕があれば、マスクを外してパウダーをつけ直すとより安心です」

日々の肌のお手入れでは、“保湿”がポイントになるという。

「乾燥肌の人は、潤い不足が原因で角質層に隙間ができ、紫外線を浴びたとき影響を受けやすくなります。保湿の基本は、化粧水で補給した水分を、クリームなどで閉じ込めること。ただ、暑くなってベタつきが気になる場合は、クリームの代わりにさっぱりしたジェルで潤いを閉じ込めましょう」

■酸化した皮脂が毛根を刺激してしまう

体の内側からの対策もぬかりないようにしたい。

「抗酸化作用のある緑黄色野菜やビタミンCたっぷりのフルーツは、日々の食卓に積極的に取り入れたいですね。それが難しい場合であれば、紫外線が強くなるこれから夏までの間だけでも、抗酸化作用のあるサプリメントなどを取り入れるのもいいしょう」

紫外線によるトラブルで見逃されがちなのが、頭皮への影響だ。この時季に浴びた紫外線が原因で、秋口に脱毛が見られることがあるという。

「紫外線の影響で、6〜11月までは、薄毛の悩みを訴えるお客さまが増加する傾向があります」

そう警鐘を鳴らすのは、ヘッドスパプロデューサーの辻敦哉さんだ。

「頭皮に紫外線を浴びると、過酸化脂質という酸化した皮脂が増え、それが毛根を刺激して、抜け毛につながると考えられています。4月に浴びた紫外線の影響が頭皮に表れるのは大体2〜3カ月後。そのため、夏から秋にかけてお客さまが増えるようです」

外出時には帽子や日傘で頭皮を守ることに加え、次のようなケアも有効だ。

「髪の分け目はこまめにかえて、紫外線が集中して当たる箇所を作らないことも大切。ほかに、シャンプーの前に椿油やシアバターオイルなどで頭皮を軽くマッサージすると、抜け毛の一因となっている過酸化脂質から頭皮を守ることができます」

強い日差しが照り付ける、ひと足早い“猛暑”を、きめの細かいケアで乗り切りたい。

関連記事(外部サイト)