つらい股関節の痛みがほぼ完全に消失!進化した人工関節で残りの人生を楽しもう

つらい股関節の痛みがほぼ完全に消失!進化した人工関節で残りの人生を楽しもう

つらい股関節の痛みがほぼ完全に消失!進化した人工関節で残りの人生を楽しもうの画像

「変形性股関節症のため、59歳のときに意を決して人工関節の手術を受けました。それまでは、階段を上るのもつらいしスーパーに行くのもやっとでしたが、人工関節にしたら、それまでの痛みがうそのようになくなったんです」

そう語るのは人工関節手術を受けた専業主婦のAさん(62)。

近年、手術を受ける人が増えた“人工関節”。女優の中村玉緒(82)も、’17年に変形性股関節症で人工関節にする手術を受けている。それまでは、杖を突いて歩いていたのが術後は楽に歩けるようになったという。

また、女優の堀ちえみ(55)も、変形性股関節症の関連疾患である特発性大腿骨頭壊死症により’15年に人工関節に。手術をするまでの3カ月は、あまりの痛みに毎日泣いて過ごしていたのが、人工関節にして一転。痛みもなく普通に動けるようになったそう。

「怖い、歩けなくなるのではという誤解を持たれることが多い人工関節ですが、むしろ手術を受けることでスタスタ歩けるようになるケースが多いんです」

そう語るのは、神奈川リハビリテーション病院院長の杉山肇先生。

「股関節に痛みを感じる人は、全国で500万人ほどいるとされていますが、その大半が変形性股関節症によるものです」

今年3月には、お笑い芸人の千原ジュニア(48)が、特発性大腿骨頭壊死症を患い、人工関節手術を受けたことを公表したが、変形性股関節症自体は女性が発症しやすい病気だという。

■人工関節にして活動範囲が広がった

「通常であれば、関節にある軟骨同士がクッションの役割をして、滑るように動くのですが、加齢や遺伝、肥満などにより膝や股関節の軟骨がすり減ると痛みが生じます。初期の症状や受診するタイミングがわかりづらく、悪化しやすいのも特徴。痛みがガマンできなくなって受診したときにはかなり進行しており、人工関節手術の適応となる場合が多いのです」

もしや、私も? という人は次のチェックリストで確認してみよう。

【こんな症状があったら 人工関節の検討を】

□ 歩き方がおかしいと他人から指摘される
□ 杖を突かないと歩けない
□ 夜中に股関節が痛くて目が覚める、眠れない

※どれか1つでも当てはまる人は、人工関節の手術で楽になる可能性があり!

「初期の段階なら、股関節への負担を減らす運動や薬物による保存療法でも対処が可能です。家族性があるため、痛みや違和感以外に、家族に股関節の悪い人がいることも受診の目安にしてください」

人工関節を入れたことで、暮らしが明るくなり活動範囲も広がった人という人は多い。

読者のBさん(65)は健脚が自慢。夫とともに、さまざまな観光地に行くことを趣味としていた。

「60歳を過ぎたころから、たくさん歩くと左足の付け根が痛むようになり、3年ほど前に変形性股関節症と診断されました。コロナ禍が始まった’20年の初めには、ついに歩くときに足を引きずるように……。そのころ、ちょうど娘に子どもが生まれ、育児をサポートすることを楽しみにしていのですが、それもできなくなりました」

家の中でちょっと歩いただけで痛みが出るような状態で、外にも出られずふさぎ込みがちに。夫や娘からは認知症や心の病になったのではないかと心配されたという。

「’21年の秋に手術を受けると、以前のように歩けるようになりました。孫と遊んだり、旅行にも行けるようになったんです。夫や娘からは、以前よりも明るくなったと言われています」

演歌歌手の島津悦子(60)も変形性股関節症により、57歳のときに人工関節に。手術をする前は、痛みのあまり眠ることもできなくなり、仕事にも支障をきたしていたが、術後1カ月たったころには杖なしで歩けるまでに回復。痛みもほとんどなくなったという。

■関節の耐久性もアップ! 入れ換え不要なケースも

これほどまでに、回復が早いのは、進歩した医療の功績も大きいそう。

「手術の傷を小さくする低侵襲手術が広まり、傷の大きさは10センチほどで済みます。また、ロボットやコンピューターを活用して正確かつ精密な手術ができるので、手術は1時間から1時間半ほどで終了。体への負担も少なくなりました。以前は術後3週間の安静が普通でしたが、今は手術翌日から動いてもらいますよ」(杉山先生)

リハビリは、術後2〜3日ごろから行うことが多いという。

「術後のリハビリでは杖を使った歩行や階段の上り下り、自宅での安全な動作の仕方を覚え、約2週間で退院・帰宅できます。リハビリをしっかりされたい方は、1カ月程度入院できるリハビリ機能のある病院を選ぶと安心です」

冒頭のAさんの場合、術後1日目はベッドで安静にし、2日目からリハビリを行ったという。

「つらかった関節の痛みは手術直後から全くなくなりました。さすがに切った傷は痛みましたが、痛み止めの注射を打っているのでたいしたことはありません。術後1週間で杖を使って歩く練習を始め、2週間で退院。その後しばらくは杖を使っていましたが、半年後には手術したことさえ忘れるくらい、動けるようになったんです」

さらに、かつて懸念されていた“人工関節の耐久性”も格段に上がったと杉山先生。

「以前は、人工関節自体の耐用年が10〜15年とされ再度交換手術が必要になる場合もありました。しかし、今は一般的な運動量の人で30年は持つように。さらに、加齢とともに運動量も減少するので、75歳以降はいわれている耐久年数の2倍は持つと考えられます。60歳で人工関節に換えた人なら105歳まで持つという計算ですね。耐久年数の向上から、50代で手術を受ける人も増えています」

関連記事(外部サイト)