3千円の占いが8億円被害に…紀藤&山口広弁護士が解説「霊感商法の悪質手口」

3千円の占いが8億円被害に…紀藤&山口広弁護士が解説「霊感商法の悪質手口」

3千円の占いが8億円被害に…紀藤&山口広弁護士が解説「霊感商法の悪質手口」の画像

7月8日、安倍晋三元首相(享年67)が銃撃されて死亡した。殺人容疑で送検された山上徹也容疑者(41)は、母親が入信した旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)への積年の恨みが犯行の動機だと供述している。注目が集まったのは「霊感商法」という手口だ。宗教や霊感商法に詳しい紀藤正樹弁護士が解説する。

「統一教会は全国各地で霊感商法による違法な資金集めや詐欺的伝道などさまざまな違法行為を起こしてきました。霊感商法とは先祖などの因縁や祟りがあると脅して、高額なお布施をとったり、高額な商品を売りつける手口です」

「全国霊感商法対策弁護士連絡会」によると、昨年までの35年間で統一教会などが行った霊感商法の被害額は1237億円に。この5年だけでも55億円にのぼる。長年、宗教トラブルに取り組んできた山口広弁護士はこう語る。

「被害額は弁護士や消費者センターなどに相談があったもの。実際はこの数十倍ほどにも達するでしょう。霊感商法に狙われるのは圧倒的に女性が多い。悪質な手口を知ることで、被害を未然に防ぐことができます」

それでは、実際の事件を基に、霊感商法の典型的な4つの手口と見抜き方を学んでいこう。

■ 家族がだます側に回る「FF」という手口

Aさん(40代)の養母は心臓手術のため入院。統一教会の信者である姪が、教団幹部を引き連れ「聖本10冊を家に入れなければお母さんを助けられない」と創始者・文鮮明氏の説教集『聖本(1冊約3000万円)』の購入を強要。

養母名義の預金から3億円を献金させ、その後も「お母さんが心臓病なのは先祖の罪を背負っているからだ」と、4年にわたりさらに約1億9000万円を奪った。

「霊感商法の被害のきっかけは『訪問』『街頭』『広告』『FF(ファミリー&フレンド)』の4つ。『FF』は家族や親戚をはじめ友人、知人などを使う。信頼できる人からの誘いでも霊感商法を疑いましょう」(紀藤弁護士)

■まるで詐欺劇団チームで陥れる

「占いの勉強をしています」と訪れた統一教会の信者を家に招き入れたBさん(70代)。占い料として3000円を支払ったが、信者は「霊界で祖先が苦しんでいる」と(教会の施設である)霊場に誘導。

そこで霊能師から「このままでは夫の命はない」と脅され2300万円の「念珠」を購入。その後も次々と高額商品を購入させられた。その後、別の信者から、「象徴献祭」(献金にかわる献物)として自宅の不動産を担保に7億3000万円を銀行から借りることを強要。「きれいな家系にならないと子孫に早死や離婚が出る」と脅され、被害額は7億7000万円にのぼった。

「霊感商法では、資産をだまし取るため『声がけ係』『霊能師の係』『資産を調査する係』『評価する係』など10人くらいのチームが一丸となってマインドコントロールしてくる。相手の施設には絶対に行かないことが重要です」(紀藤弁護士)

■ 襲撃犯の母も…「家系図」で相続を把握する

夫に先立たれた医療事務パートのCさん(60代)。長男が直腸がんと診断された直後に、信者が布教に来て、「子孫の病気や不幸は先祖の因縁が原因」と、家系図を作成して家系や先祖について勉強することを勧められた。

その後、教会へ誘われ「夫と長男が地獄で苦しんでいる」と不安や恐怖心をあおられ続け入信、献金することに。パート年収160万円のCさんは「夫と長男を地獄から救うため」と保険を解約し、約2年間で約426万円を献金した。

「不幸や悩みがあると『原因は先祖の霊がとりついているからだ』などと不安をあおって家系図を作らせる。これは典型的な手口。相続人かどうかチェックして資産状況を調べ上げるためなのです。そう言われたら、必ず警戒を。山上徹也容疑者の母親も、家系図を書かされ、その後、多額の献金をさせられるようになったと報じられています」(紀藤弁護士)

■ネットが入口に霊感商法の最新手口

結婚するかどうか悩んでいたDさん(20代)が何げなく答えたネットのアンケート。回答してから数日後、「お礼として無料鑑定をします」とのメールを受け取る。

その後、電話がかかってきて「転換期の相が出ている」などと告げられ、直接会って鑑定してもらうことに。話し込むうちに「結婚してもうまくいかない。この開運の印鑑を授かるといい」と迫られ14万円で購入。

これをきっかけに入会金8万円を払いビデオセンター(自己啓発セミナー)に通うように。信者から「現在付き合っている男性と別れないと不幸になる」と長時間の説得。「合同結婚式以外の結婚は堕落である」と信じ込み、Dさんは恋人に別れを告げた。

「ネットやSNSなどで、アンケート調査と称したり、イベントを介在させたりするなど霊感商法の手口はさまざまありますが、人の弱みにつけこんで近づいてくることはまったく変わっていません。『自分だけは大丈夫』と思わずに高額の商品を売りつけてきたり、不安をあおってきたりするなど、おかしいと思ったら、弁護士に相談しましょう」(山口弁護士)

人生を狂わせる霊感商法には、弱みを見せないことが重要だ。

関連記事(外部サイト)