塩みかんで認知症予防 1日小さじ2杯の新健康習慣で病気知らずに

塩みかんで認知症予防 1日小さじ2杯の新健康習慣で病気知らずに

塩みかん 認知症予防効果も

塩みかんで認知症予防 1日小さじ2杯の新健康習慣で病気知らずに

塩みかんで認知症予防 1日小さじ2杯の新健康習慣で病気知らずにの画像

みかんの皮やすじなどには多くの体によい栄養が詰まっています。塩みかんは果実を丸ごと使って作るので、みかんのいいところをすべて摂取できる調味料なんです」

こう話すのは栄養士で食のアドバイザーでもある成田和子さんだ。

そもそもみかんの皮はその薬効の高さから漢方では“陳皮”として重宝されている。鮮やかなあのオレンジ色は豊富に含まれるポリフェノールによるもの。抗酸化作用が高く、体の老化を防ぎ、美容面だけでなく動脈硬化や高血圧など、生活習慣病全般の予防や改善に有効なフルーツだ。

「みかんに含まれる栄養成分・ヘスペリジン(ストレス軽減、血流改善)、β-クリプトキサンチン(インスリン抵抗性、肝機能障害、動脈硬化などに効果的)、ナリンギン(かんきつ類の苦みのもとで高血圧に効果的)は注目の成分です。これらは、皮やすじ、袋に多く、特にスーパーによく並ぶ温州みかんには豊富に含まれています」(成田さん・以下同)

また、認知症予防にもとても効果があるという。

「みかんの皮には認知症予防に大切な成分の1つであるフラボノイドの一種『ノビレチン』が含まれています。ノビレチンは、認知機能の低下を抑える働きがあります。さらに、抗酸化作用、抗糖化作用の老化抑制の働きや抗炎症作用などがあり、これらも認知症に対して有効だと確認されています」

■皮やすじを捨てるのはもったいない

ではここで塩みかんの作り方をご紹介。

【材料】

みかん3個程度(200グラム)、塩2グラム(小さじ1/3)

【作り方】

〈1〉みかんをお湯にさっとくぐらせたあと、しっかりと水洗いする。キッチンペーパーなどで水分を完全に拭き取ってから、ヘタを取る。
〈2〉〈1〉をみじん切りにして、塩を混ぜる。フードプロセッサーで粉砕してもよい(塩も同時に入れてOK)。
〈3〉〈2〉を清潔な耐熱性の瓶に移して、ふたはせずに600Wの電子レンジで30秒加熱。500Wなら40秒。
〈4〉瓶の上からラップを中身に密着させてかけ、押し込んで、空気を抜く。
〈5〉ラップをかけたままふたをして、常温で12時間おいたらできあがり。
〈6〉冷蔵庫に入れて保存し、1~2週間で食べきる。冷凍なら1年持つ。

塩みかんは、塩を入れることで熟成されて日持ちがよくなり、栄養価も高まる。

「1日小さじ2杯ほどをそのままスプーンにのせて食べてもいいし、サラダや冷ややっこ、デザートにのせるのもおすすめ。肉や魚のソースとして活用してもおいしい」

あなたもこの冬は塩みかんを常備して健康的な毎日を!

【PROFILE】

成田和子

栄養士。健康と食育に関わる情報を発信し、メディアで活躍。著書多数

関連記事(外部サイト)

  • 6

    ママレードに入ってる皮が美味しい。 プレーンヨーグルトと混ぜて食べてる。

  • 5

    医者いらず、補助職いらず、なら現実的じゃね? 医療リソースや公金を不当に独占しすぎの奴ら。 このメディアも有害だよね。

  • 4

    栄養士という職種の評判を貶めるためのツリ? 女性自身というメディアの確信的なインチキ拡散なのは間違いないよね? 健康安全部 薬務課 監視指導担当(03-5320-4512) 東京都福祉保健局ウェブサイトより一部引用↓ 病気の治療又は予防を目的とする表現は医薬品的な効能効果に該当します。 「明らかに食品と認識されるもの」であれば何を広告・表示してもよいというわけではありません。虚偽・誇大な内容のものは「景品表示法」に抵触します。十分ご注意ください。

すべてのコメントを読む