99歳で現役!最高齢の美容部員 戦前から歩み始めた美容の道

99歳で現役!最高齢の美容部員 戦前から歩み始めた美容の道

99歳で現役!最高齢の美容部員 戦前から歩み始めた美容の道の画像

「今は、累計売上4億円を目指しているんです。人生は前進あるのみです」

柔和な笑みを浮かべながらも、力強い目でそう話すのは、福原キクヱさん。ポーラの訪問販売員であるビューティーディレクターを、60年近く務め、生涯で累計売上3億円を超えるすご腕の販売員だ。

美しい眉のラインに、頬紅をさした艶のいい肌と、お化粧はバッチリ。レースの刺しゅうが入った水色セーターに黒のジャケットとパンツを着こなす姿はとても若々しい。しかし、なんと御年99!

「今年の9月には『最高齢ビューティーアドバイザー』としてギネス世界記録にも認定されたんです。人生でいちばんうれしかった」

お会いしたのは、月に1度のミーティングの日。足が悪く、車いすを利用することもあるというキクヱさんだが、1人、タクシーで移動して事務所へ。

ミーティングが始まると、70〜90代の仲間とともに、熱心にメモを取りながら、新商品の説明に耳を傾ける。わからないことがあると、「それはどうやって使うの」と質問も飛ばす。

こうした努力で、キクヱさんは今も数十人のお客さんを抱え、月に30万円も売り上げる。新規の顧客獲得にも積極的だ。

「一緒のデイサービスに参加している女性から、最近初めて化粧水とクリームを頼まれたんです。今度、持っていくのが楽しみ」

そんな今も現役で働くキクヱさん。女性の美に人生をささげたのは19歳のころ。80年も前からだ。

大正9年、島根県で誕生したキクヱさんは、父を5歳のときに、母を15歳のときに亡くし、小さいころは叔父と一緒に暮らした。そんななか「手に職をつけたい」と18歳で上京、19歳でマリールイズ美容女学校(現マリールイズ美容専門学校)に入学し、同学校の美容室で働き始めた。

「当時、お店には男爵家や宮家の方もシャンプーやひげそり、美顔マッサージを受けにお忍びでいらして……。私も三笠宮百合子妃のシャンプーをしたことがあるんですよ」

一方で、戦争は激化し、戦火が東京にも届くように。キクヱさんは初めて空襲があったのを機に、広島へと避難した。

「そこで、主人と出会ったんです。空襲警報が鳴る中、防空壕でのお見合いで。見つからないよう、電灯に風呂敷をかぶせてあったので、最初は暗くて顔がよく見えなかったのよ(笑)」

しかし、1週間後の8月6日、広島に原爆が投下ーー。キクヱさんは、爆心地から約1.3キロの場所で被爆したが、幸運にも軽傷だったという。

「朝、自転車で勤務先に到着すると、バーンとすごい音がして……。気がついたら2階に飛ばされていたんです。顔を洗おうとしても水道の水は赤土混じりばかり。街はなくなっていて、火だけが燃えさかる地獄でした」

キクヱさんは1週間ほど歩いて島根の叔父のもとへ。

「しばらく叔父の農業を手伝っていたんです。すると、見合い相手だった主人が私を見つけ出してくれて、それで26歳のときに結婚して、呉で暮らし始めたんです」

4人の男の子に恵まれたキクヱさん。夫の建設会社の社宅の寮母をしながら、子育てに励む日々が続いた。そんなときに、ポーラと出合ったという。

「30代のころかしら。肌にブツブツができて『嫌だわ〜』と悩んでいたとき、販売員に薦められたポーラの化粧水と乳液を使ったらすぐに治って。もううれしくて、それから愛用するようになりました。それで、あるとき販売員の女性から、『私が夫の転勤で辞めちゃうから、代わりに化粧品の販売してくれない?』と頼まれたの。最初は子どもも4人いるしと、断ったんだけど、同じ社宅に暮らすお友達たちが『買ってあげる』と言ってくれて。これがきっかけで始めたんです」

関連記事(外部サイト)