2025年ごろから始まる医療現場崩壊を危惧 厚労省の試算では内科医が1万4000人不足

記事まとめ

  • 2025年ごろは団塊の世代すべてが75歳以上になるため、医療現場崩壊が危惧されている
  • 厚生労働省は内科医が1万4000人、看護師らが最大27万3000人も不足すると試算している
  • 献血者は年々減少しているが、2027年には約86万人分の輸血用血液が不足する試算も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております