蛭子能収のゆるゆる人生相談「あの世でも競艇場に行けると思ったら…」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「あの世でも競艇場に行けると思ったら…」

蛭子能収のゆるゆる人生相談「あの世でも競艇場に行けると思ったら…」の画像

大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われる勇気』(光文社・900円+税)も発売中の“世界一ゆるい70代”となった蛭子能収(72)。

本連載で同じページに収まるのは、その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやともさん(28)。

「蛭子さんの大ファン」というはやともさんの念願がかない、初対面した2人。蛭子さんがはやともさんからの相談に答える!

【Q】「人が死んだら自分がもっとも楽しかった場所に霊となって戻ると言われています。蛭子さんは死後の世界を信じますか?」(シークエンスはやともさん・28・芸人)

【A】「死ぬのは怖いけど、あの世でも平和島競艇場に行けると思ったらラッキーかも」(蛭子能収)

はやとも「蛭子さんがすごいと思うのは、タレントと漫画家とマルチで活躍されているところです」

蛭子「働くことで大切なのは、好きかどうかではなく、楽に稼げるかどうかだと思いますけどね。お金が一番ですよ!」

はやとも「今の時代《お金がすべてじゃない》という人が多いですが、そこまでストレートに言われると……。そんな蛭子さんなら、自分で動画を発信する『ユーチューバー』になれば人気になって、もっと楽に稼げますよ」

蛭子「失敗したら怖いですね。今、うまくいっていたら新しいことには手を出しません」

はやとも「蛭子さんの欲が深くないところは見習いたいです。自分のできる範囲で、お金を稼ぐというブレない軸をしっかり持ち続けているということですね」

蛭子「とにかく、オレが怖いのは、食えなくなることと競艇場に行けなくなることだけです」

はやとも「競艇をするためにお金を稼いでいるんですか……」

蛭子「競艇場には50年以上通っていますがまったく飽きません」

はやとも「人が死んだら自分がもっとも楽しかった場所に霊となって戻ると言われています。だから、遊園地や映画館など楽しいところに幽霊は集まりやすいんです。きっと蛭子さんは……」

蛭子「えっと、オレは死ぬのは怖いけど、あの世でも平和島競艇場に行けると思ったらちょっとラッキーかもしれませんね」

はやとも「すべてにブレない強さがある。蛭子さんがどんな仕事でもこなせる秘密がわかりました」

「女性自身」2020年1月21日号 掲載

関連記事(外部サイト)