肥満も便秘も改善!おからが決め手のベジファーストパウダー

肥満も便秘も改善!おからが決め手のベジファーストパウダー

肥満も便秘も改善!おからが決め手のベジファーストパウダーの画像

約3カ月にわたる外出自粛で、いっこうに収束しない「コロナ太り」。新しい時代の“痩せる生活様式”こそが「withコロナ」時代には欠かせません。最大のポイントは、やはり食生活の改善。どうにか食べる量を減らしたいところだが、「食べることだけが楽しみ」だった自粛生活の名残りはなかなか抜けず……。

そんな人にピッタリなのが、管理栄養士の望月理恵子先生が考案した「ベジファーストパウダー」を活用するダイエットだ。

ベジファーストパウダーの作り方は、重曹(食用)とおからパウダーを1:15の割合で混ぜるだけ。血糖値の急上昇による脂肪の蓄積を抑えてくれるすぐれものなのだ。また、飲料や料理に混ぜて、食事の前に取ると、満足感が得られ、食欲が抑えられる。自然と食事の量が減り、痩せるというわけだ。

ベジファーストパウダーの特徴である抜群の満腹感は、おからと重曹のダブル効果から生まれる。

まず、飲んですぐに重曹が胃の中で発泡し、胃壁を刺激する。これが第1段階の満腹感だ。次に、おからパウダーのタンパク質がゆっくりと消化吸収され、第2段階の満腹感がやってくる。食後も長く満腹感が続くので、食後のデザートの誘惑を断ち切る効果も期待できる。

さて、このベジファーストパウダーの活用法だが、初級編は市販の野菜ジュースに大さじ1杯をよく混ぜて、食事の前に飲むだけ(できれば食事の30分前に飲む)。作り置きしておけば、どんなに眠い朝でも、仕事帰りのお疲れ状態でも、野菜ジュースに混ぜるだけで簡単にダイエット飲料が完成。1日2杯が適量だという。

また、小分けしてチャック付きポリ袋などに入れて携帯すれば、外出先でも市販の野菜ジュースと混ぜて飲むことができる。

「ダイエットを失敗するいちばんの原因は、“続かない”ことです。ダイエットは続けることが肝心なんです。1日2杯のベジファーストパウダー入り野菜ジュースを3週間続けた人は、三食きちんと食べながら、平均3キロも体重が減りました」(望月先生)

おからパウダーには、ほかの大豆製品より多くの食物繊維が含まれている。そのため、「飲んだ人のほとんどがお通じの改善を実感」しているというからうれしい限りだ。

お通じの改善は、ダイエットはもちろん、美肌効果も期待できる。せっかく痩せても、肌荒れや体調不良などを起こしては本末転倒だが、ベジファーストパウダーは食物繊維に加え、体のもととなるタンパク質も豊富だから「ダイエット老け」とは無縁なのだ。

また、このベジファーストパウダー入り野菜ジュースには、食事の前だけでなく、間食として飲むという「裏ワザ」もある。

近年、脂肪をため込む力の制御に「BMAL1」というタンパク質の一種が関係することがわかってきたが、このBMAL1は「肥満遺伝子」とも呼ばれ、その分泌量が少ない時間帯ほど、食事を取っても太りにくい。そこで、その時間帯にベジファーストパウダー入り野菜ジュースを飲むというのだ。

BMAL1の分泌量が最小となるのは午後2時ごろ。このタイミングでベジファーストパウダーをおなかに入れておけば、余計なおやつなどを間食せずに済むのだ。

栄養豊富なうえに、食べすぎもきっちり抑えてくれるベジファーストパウダー。これからの「痩せる生活様式」には欠かせない存在になりそうだ。

「女性自身」2020年7月7日号 掲載

関連記事(外部サイト)