【ご長寿ネコ】目指せ20才超え! 飼い主に聞いた長生きの秘けつ

ギネス世界記録認定の最長寿ネコは享年38才 ご長寿ネコの飼い主に長生きの秘けつ聞く

記事まとめ

  • ネコの平均寿命は15.03才で、「この30年でネコの寿命は2倍に延びた」という説も
  • ギネス世界記録認定の世界最長寿ネコは、米国のクリーム・パフちゃん(享年38才と3日)
  • 享年19〜20才のこみみちゃんの飼い主は塩分と給餌の時間やペースに気をつけていたそう

【ご長寿ネコ】目指せ20才超え! 飼い主に聞いた長生きの秘けつ

【ご長寿ネコ】目指せ20才超え! 飼い主に聞いた長生きの秘けつ

【ご長寿ネコ】目指せ20才超え! 飼い主に聞いた長生きの秘けつの画像

一般社団法人ペットフード協会による2019年の調査では、ネコの平均寿命は15.03才(イヌは14.44才)。ちなみに、ギネス世界記録認定の世界最長寿ネコは、アメリカのクリーム・パフちゃん(享年38才と3日)だ。「この30年で、ネコの寿命は2倍に延びた」という説もある。

平均寿命を過ぎ、20才が見えてきたら「アラウンド二十歳(アラハタ)」。この企画では、アラハタネコの飼い主に取材し、その健康長寿の秘けつに迫りたい。

■小鳥屋さんで拾ったネコが20才の長寿に

今回の主役は、こみみちゃん。プロフィールは以下のとおりだ。

名前:こみみ
性別:メス
出身:静岡県
出会い:小鳥屋さんの軒先の「もらってくださいケージ」
享年:推定19〜20才
死因:老衰と腎臓疾患

飼い主は美術家で、武蔵野美術大学造形学部油絵学科教授の諏訪敦(すわ・あつし)さん。出会いは1997年にさかのぼり、こみみちゃんは諏訪さん宅に引き取られてから19年と半年以上も暮らしたことになる。長生きの秘けつはどこにあるのだろうか。

「食事担当の妻は、塩分と給餌の時間、ペースにかなり気をつけていたようです。浄水器でろ過した水を新鮮に保つようにし、高齢期になってからは、獣医推奨の腎臓・健康維持、関節ケア用のフードにしました。でも、ときに刺身なども与えていたのは、食事自体の楽しみも大切に考えていたためです」

やはり、秘訣は食事である。ネコは体内で水を有効活用し、腎臓で濃縮した尿を排泄するため、腎臓に負担がかかりやすく、高齢になると腎臓病を発症しやすい。高齢期からは、高齢ネコ用に作られたフードに切り替えるのが必須だ。また、食いつきのよいフードに慣れていると、塩け・味けのないケアフードを食べようとしないこともあるため、若く健康なころから適切な食事を心がけることが重要でもある。

■マイペースだから死に際も自然に

ネコは生き方と同様、死に際もマイペース。老いて「体が思うように動かない」と感じても、ネコ自身はその日、その時を生きるのみ。過去という概念はなく、「昔は体も軽くてよかったな」などと悔やむ気持ちもなさそうだ。

「こみみは、本格的に食が細くなったり水を飲まなくなったりしてから数日で亡くなったため、特別な介護はほとんど必要ありませんでした」

一方で、こみみちゃんが諏訪家に仲間入りしたとき、すでにここに暮らしていた先輩ネコがおり、その最期が壮絶だったという。

「異変に気づいた妻が動物病院に連れて行ったところ、悪性腫瘍が発見され開腹手術をしましたが、手をつけられる段階ではありませんでした。急にネコの死が目前にあることを知った私たちには、覚悟ができていなかったのでしょう、家に酸素発生装置を持ち込み、手作りの無菌室をしつらえ、徹底的に死を遠ざけようとしたのです。子ネコのときからなでてきた小さな頭には、医療器具のチューブが外れないよう固定するために縫い付けられた糸……。『胸が痛む』という表現が、本当にそう感じるものなのだと思い知らされるとともに、人ができることの限界を感じました。そうまでして抗っても、病気の進行を止めることはできなかったのですから」

この先輩ネコの看取りから学び、こみみちゃんの終末期は、苦痛を取り除くための努力はしつつも、自然な死を迎えさせることにした。ネコときょうだいのように育った小学生の息子が「はじめて他者のために涙を流した」というほど家族は悲しみに包まれたが、看取りについての後悔はない。

■生まれ持った体質も寿命を左右する

高齢ネコは毛のツヤが失われ、毛が束になる「毛割れ」が起きがちだが、こみみちゃんは最期までツヤツヤだったという。どうやら、生まれ持った体質にも恵まれていたようだ。

「こみみと出会った日、拾って帰ってすぐにお風呂に入れました。くしでネコノミを数えながら駆除したら、260匹もくいついていて、こんな小さな体に……(笑)と驚かされました。たまに鼻ちょうちんを出していたこともあったし、ワクチンを打つために動物病院へ連れて行ったところ、獣医さんに『この子はいいネコだからここで飼ってもいい』と言われたんです。健康そうにも見えなかったので、当時、この発言は謎だったのですが、さすがは獣医さん、何かを見抜いていたのかもしれませんね」

関連記事(外部サイト)