白髪ケアでよく聞く「ヘナ」識者が語るその効果と注意点

白髪ケアでよく聞く「ヘナ」識者が語るその効果と注意点

白髪ケアでよく聞く「ヘナ」識者が語るその効果と注意点の画像

朝いちばんに生え際の白髪を発見して、どんより気分が沈む。そんな経験が、読者世代ならだれでもあるのではないだろうか。

「白髪がどんどん増えて、頻繁に染めないと……。お金もかかるし、ほんとに面倒」「最近、ヘアカラーがしみるようになって、次はかぶれないかと心配」「何度も美容院で染めると高くつくし、自宅ではうまく染まらない」など、白髪やそのケアに関するお悩みは尽きない。

ヘアカラーブランドのウエラが’17年に行った調査では「白髪を見つけたとき、何歳老けた気分になるか」という問いに、女性は平均「6.9歳」! また、「同世代の白髪の有無をチェックする」女性は、72.4%にのぼる。自分の白髪はもちろん、他人の白髪も気になる。白髪は、読者世代女性の“天敵”なのだ。

そこで、「髪も頭皮も、自分の体。その状態をきちんと知って、ケアしてほしい」と話す美容ジャーナリストの伊熊奈美さんに、白髪ケアについて教えてもらった。

■お出かけの直前に白髪を発見してしまった場合は?

どんなにケアしていても、白髪が残ってしまうことがある。なぜか、いまから出かけるというときに、発見するからたちが悪い。

「そんなときは、ヘアマスカラやヘアカラースプレーなどとして販売されている『一時染毛料』を使いましょう。ほのかな香りがついたものや、くせ毛を同時に抑える機能がついたもの、ヘアトリートメントの働きを持つものなど、さまざまなものが売られています。また、わざわざ買わなくても眉マスカラをお持ちなら、それも代用できます。毛先を持ち上げてつけるときれいにつきますよ」

白髪発見で沈んだ気分をアゲてくれるようなお気に入りの白髪隠しアイテムを見つけておこう。

■最近よく耳にするヘナ。実際のところどうなの?

ヘナは「髪がきれいになる」「ハリが出る」などと、よく耳にする。

「ヘナはインドや北アフリカなどで古くから重用されてきた薬草。ヘナとして市販されているのは葉を乾燥させ、粉砕したパウダーです。これをお湯で溶いたものを髪に塗ると、ヘナの植物染料が表面に吸着して染まると同時に、髪をコーティングするので、ハリが出るのです。また、頭皮の汚れを除去するといった作用もあります」

塗り方はヘアカラートリートメントと変わらないが、塗布してから1時間程度は放置したい。ヘナはオレンジ色に染まると聞くが……。

「100%のヘナはオレンジ色に染まります。黒髪はほぼ染まらないので、白髪が少なければオレンジ色の髪が混ざる感じです。ただ、白髪が増えるとオレンジ色が強くなるので、インディゴなど、ほかのハーブを混ぜたものを使う人も増えます。ブラウン、ダークブラウンといった名前で市販されているのがそれです」

とはいえ「一度ヘナを使ったら、もう後戻りはできない」とも聞くので、勇気が必要では?

「私は『ヘナは出家』といっています。というのも、ヘナをしばらく続けたあとでアルカリカラーをすると、思ったように発色しないからです。1〜2回部分的に試すくらいなら影響は少ないので、色にこだわる人はその時点でよく考えてみてください。でも、ヘナはヘアカラーで刺激を感じる人にとってのポジティブな選択肢でもあります。『出家してよかった』というヘナファンは多いんですよ」

「女性自身」2021年2月16日号 掲載

関連記事(外部サイト)