上を見だしたらキリがない…だから僕を見てください!(JINSEIのスパイス!第106回)

上を見だしたらキリがない…だから僕を見てください!(JINSEIのスパイス!第106回)

上を見だしたらキリがない…だから僕を見てください!(JINSEIのスパイス!第106回)の画像

【今週の悩めるマダム】

私はフルタイムで働きながら家事と子育てをしているのですが、全部ワンオペです。もともとつらかったですが、コロナ禍になってから余裕がなくて死にそうです。夫は優しいけど私の大変さがわかっておらず、何もせずに「少しくらい休めばいいのに」と他人事。私が休んだら、誰がやるんでしょう? もう限界です。(大阪府在住・40代主婦)

奥様はお悩みのようですが、僕から見たら、うらやましいですなぁ。コロナ禍の今、そばに優しいご主人がいるだけでも、恵まれていると思いますよ。僕なんか、ずっと一人ですからね。「少しくらい休めばいいのに」と言ってくれる相手もおりませんので、羨望しかありません。息子はもちろん手伝いなどやってくれませんからね。あの子が脱ぎ捨てていった服を拾い集めて洗濯したり、一日中、食事を作ってやったり、そのための買い物にも行かなきゃですし、掃除、洗濯、片付け……。思えばずっと一人で全部こなしてきました。

僕も奥様に負けないくらい仕事がハードでして、一日中、原稿を書いております。コロナ禍前は仕事で日仏を行き来しておりましたし、その間は息子を知り合いに預けたり人を雇ったりと、本当にシングルファザーは大変です。最近は帝京大学の先生も始めましたので、大学の仕事も増えましたし、地球カレッジというオンラインスクールもスタートさせました。他にも、連載とかテレビとかネットとか大学とか……。おっと、忘れてた。本業は歌手ですからね。歌ったり、映画はコロナで中断してますけど、監督などもやりますので、身体が一つじゃ全然足りない毎日です。そのうえ、自分が主宰するデザインストーリーズというウェブサイトでは、毎日、日記とかニュースを配信しておりまして、そのサイトだけで毎日、6千文字以上の原稿を書いております。

結構ハードな生活だと思いませんか? 誰も「少し休んだら」とか言ってくれません。世間は結構冷たいもので、悪口・陰口もよく叩かれますが、相手をしている暇もないほど、生きることで精いっぱいです。前説がずいぶんと長くなってしまいましたが、奥様のお悩み、気持ちはもちろんよくわかりますよ。でも、上を見だしたらキリがありません。奥様、哀れな僕を見てください。61歳、前期高齢者に片足をつっこんでる、情けないおやじです。こういう哀れな男もいるんですよ。奥様はまだ40代で優しいご主人もいる。本当に、うらやましいなぁ。

僕も奥様のように「もう限界」と思ったことが何度もありました。不意にシングルファザーになったとき、世間を恨んだものです。正直、「死のうかな」と思ったことも少なからずありました。マスコミにずいぶんいじめられましたからね(笑)。それでも歯を食いしばって頑張ってこられたのは、当時、小学生だった我が子をなんとか立派に育ててやりたいと思ったからです。母性も父性も総動員して、あれから今日まで一心不乱に生きてきました。先週、17歳になった我が子。あまりにかっこよく成長してくれましたからね、まじ、号泣ですよ。家族っていいですね。一緒に頑張りましょう!

【JINSEIの格言】

あいつ、何にも手伝ってくれないけど、生きてくれるだけで幸せです。息子が大学を卒業するまであと5年、僕は頑張るつもりです。僕も何度も思いましたが、限界なんかないですよ。

この連載では辻さんが恋愛から家事・育児、夫への愚痴まで、みなさんの日ごろの悩みにお答えします! お悩みは、メール(jinseinospice@gmail.com)、Twitter(女性自身連載「JINSEIのスパイス!」お悩み募集係【公式】(@jinseinospice)、またはお便り(〒112-0811 東京都文京区音羽1-16-6「女性自身」編集部宛)にて絶賛募集中。 ※性別と年齢を明記のうえ、お送りください。

以前の連載「ムスコ飯」はこちらで写真付きレシピ公開中!

関連記事(外部サイト)