職場が名古屋なら岐阜に住むのがいい?家賃安く住みよい街

職場が名古屋なら岐阜に住むのがいい?家賃安く住みよい街

職場が名古屋なら岐阜に住むのがいい?家賃安く住みよい街の画像

「コロナ禍により“在宅勤務”が浸透したことで、わざわざ家賃の高い都市部で暮らす必要がないと考える人が増えています。移住先として注目されているのが、都市部までそれほど遠くない『トカイナカ』と呼ばれる場所です」

こう語るのは、国や自治体のさまざまなデータを基に、住みやすさや災害リスクなどの分析、評価を行う、住環境コンサルタントの堀越謙一さんだ。

1月29日、総務省が住民基本台帳に基づく人口移動報告を発表した。その中で東京都の転出者数が、’13年に現行の集計方式になって以降、初めて「転入超過」から「転出超過」に転じた。

昨年のコロナ禍以降、東京都は7〜12月までの6カ月連続で人口が減る転出超過が続いており、’20年の転出者数は、前年より1万7,938人多い40万1,805人。その転入先は近隣の神奈川、埼玉、千葉の3県が55%を占めた。

総務省の統計からも、都心から近いトカイナカへ移住する人が急増していることが裏付けられる。

「トカイナカとは、都会すぎず田舎でもない場所。生活環境が整っていて、田舎暮らしの楽しさも味わえ、都市部よりも家賃が安い。都市部まで電車で1時間30分程度のエリアまでが1つの目安です」(堀越さん・以下同)

だが、いざ都市部から引っ越しするとなれば、街の便利さや病気になったときは大丈夫かなどの心配があるだろう。そこで、生活環境が充実していて自然も楽しめる、“住みやすいトカイナカ”を徹底調査した。

堀越さんの監修のもと、6つの指標(病院数、一般診療所数、老人福祉費、小売店数、生活関連サービス業、家賃相場)を偏差値化し、総合的なランキングを作成した。

名古屋圏で上位のトカイナカは次のとおりだ(※総務省統計局データなどを基に、堀越謙一さんが作成。名古屋市役所を中心に20キロメートルから50キロメートル範囲に位置する政令指定都市を除いた市町村のなかから、家賃水準4万円以上かつ7万人以上の市町村を抽出してランキング化した)。

【第1位】岐阜県岐阜市/総人口40.7万人、家賃4.97万円

・家賃偏差値:48.6
・病院数:73.9
・診療所数:74.6
・老人福祉費:67.7
・小売店数:60.4
・サービス業数:72.0
〈総合値〉66.2

「病院数、一般診療所数、老人福祉費、生活関連サービスの分野でトップの評価です。名古屋中心部から約30キロメートルに位置し、岐阜駅から名古屋駅まで快速でわずか20分ほど。物価水準も低く、国道沿いにはスーパーや飲食店が充実していて、生活の利便性は非常に高いんです。長良川や金華山をはじめとした自然も数多く点在し、都会らしさと自然の両方を楽しめます」

【第2位】岐阜県大垣市/総人口16.0万人、家賃4.62万円

・家賃偏差値:57.3
・病院数:55.4
・診療所数:59.9
・老人福祉費:59.9
・小売店数:65.6
・サービス業数:66.6
〈総合値〉60.8

「“水の都”といわれるほど河川が多く、湧水も豊富。緑豊かな公園や大垣城など、自然豊かな環境です。国道21号線や国道258号線などの主要道路沿いには、飲食店、スーパーなどの店舗・施設があって、大垣駅から名古屋駅まで電車で約30分と交通のアクセスもいい」

【第3位】愛知県蒲郡市/総人口8.1万人、家賃4.57万円

・家賃偏差値:58.4
・病院数:46.9
・診療所数:58.1
・老人福祉費:67.5
・小売店数:63.4
・サービス業数:56.8
〈総合値〉58.5

「老人福祉費、小売店数で高評価。市内にはイオンやクラスポ、アピタなどの大型ショッピングモールが多数。温泉地も4つあり、愛知県内で最大の温泉街があります。名古屋中心部まで、特別快速を使えば、乗り換えなしで約40分、豊橋駅へは約10分で行ける」

【第4位】岐阜県関市/総人口8.9万人、家賃4.37万円

・家賃偏差値:63.5
・病院数:37.5
・診療所数:56.1
・老人福祉費:54.7
・小売店数:65.0
・サービス業数:66.4
〈総合値〉57.2

【第5位】三重県桑名市/総人口14.0万人、家賃4.51万円

・家賃偏差値:59.9
・病院数:73.7
・診療所数:46.4
・老人福祉費:44.6
・小売店数:64.1
・サービス業数:49.0
〈総合値〉56.3

今後、在宅勤務がさらに浸透すれば、トカイナカへの移住者はますます増えることが予想される。今回のランキング結果を参考にして、あなたも新しいライフスタイルを検討してみませんか?

※「病院数」は病床数20以上の医療施設、「診療所」は病床数19以下の医療施設のこと。「サービス業数」は美容院やクリーニング店などの「生活関連サービス業」に分類されるお店。これらと「小売店数」はいずれも1万人あたりの数。「老人福祉費」は各自治体が拠出している高齢者1人あたりに対する事業費。以上の4項目は圏内の平均値を50とし、多くなるほど高くなるように偏差値化した。家賃は35平方メートルの物件の平均価格。家賃も圏内の平均家賃を50としたが、こちらは安いほど高くなるように偏差値化した。

「女性自身」2021年3月2日号 掲載

関連記事(外部サイト)