【ポップな心霊論】「殺人現場を発見したかもしれません」

【ポップな心霊論】「殺人現場を発見したかもしれません」

【ポップな心霊論】「殺人現場を発見したかもしれません」の画像

その霊能力のために、楽屋では霊視を求める先輩芸人たちが行列をつくることもあるという、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の“霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも(29)。『ポップな心霊論』は、そんな彼が人生で見てきた霊たちや霊現象などを紹介していくコラム連載!

【殺人事件の現場を発見したかもしれません】

先日、動画撮影のために訪れた都内のレンタルスペースで、ある恐ろしいものを見てしまいました。

そこは、マンションの一室を利用していて、レンタルスペースにはめずらしく、ユニットバスがついていました。なんとなく興味を引かれて覗いてみると、そこに人間の手が転がっていたんです。よく見ると、実物ではなく霊体だったんですけどね。

そのときは「本物じゃなくてよかった〜」くらいに思っていたんですが、これってめちゃくちゃ怖い光景だったかもしれないんですよ。

というのも、僕が今まで見てきた限り、幽霊って頭のほうからじわじわと消えていくものなので、体の一部が残っていたとしても、足がぼやーっと見えるだけなんです。だから、手だけが残っているなんて初めて見たし、実物と見間違えるくらいに、はっきり存在感があるのはおかしいんですよ。

それでふと、あの部屋はバラバラ殺人の現場だったんじゃないかと思ったんです。幽霊ではなく、その場に残った残像みたいなものを見てしまったんじゃないかと。

そんな事件はニュースになっていないんですが、まだ発覚していないだけなのかも……と、思わずぞっとしてしまいました。

【PROFILE】

シークエンスはやとも

1991年生まれ。吉本興業所属。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)などで見せた芸能人の霊視も話題に。自身のYouTubeチャンネルでも心霊話を配信中。昨年8月には本連載をまとめた初の著書『ヤバい生き霊』(光文社)が発売された。

【お知らせ】

はやともさんへのファンレター・心霊相談は、
〒112-8011 東京都文京区音羽1-16-6
光文社・女性自身編集部「ポップな心霊論」係まで!

「女性自身」2021年3月2日号 掲載

関連記事(外部サイト)