あなたはどっちを選ぶ? 「マンネリ気味の彼」と「告白してきた男友達」 #187

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、あることがきっかけで交際中の彼に不信感を覚えた27歳女性。同時期に高校時代の男友達から久々の連絡があり…。2人の男性の間で心が揺れ動く彼女に、佑雪さんが進むべき道を指南します!

お悩み:「結婚の約束をした彼がいても、目移りしてしまって…」


【クラブ佑雪】vol. 187

私には付き合って3年の同じ歳の彼氏がいます。彼と付き合ってから、1年ほどたったとき、オリンピックの年(2020年)に結婚したいねと言われました。彼は私の実家に3回ほど遊びに来ており、私も彼の実家へ遊びに行っておりお互いの両親に会っています。私はそわそわしながら、2020年の誕生日と記念日を迎えたわけですが、まったくプロポーズされる気配がありません。待っているだけでは状況は変わらないと思い、思い切って彼に「結婚はいつを考えてるの」と聞いたところ、「もちろんしたいと思ってるけど、コロナの状況下で結婚しても結婚式や旅行、家族へのあいさつも含めいろんなことができないよね。籍を入れても環境が変わらないのであれば急ぐ必要はないと思うから、来年あたりゆっくり進めよう」とのことでした。

私はすごくがっかりしました。今年するもんだと思い込み、仕事のモチベーションも上がり、ずっと走り続けてきたからです。いきなりゴールが見えなくなった気がしました。そして、そんなに大事なことを、まあまた来年ね、くらいに軽く考えている彼氏にも怒りを感じました。私のことを安心しきっているのだとも感じました。 自分ではストレスを直に感じていませんでしたが、ストレス性胃腸炎などを繰り返し 3か月ほどで5キロ痩せてしまいました。でも、彼は私の精神面や身体の変化に疎く、特に重大な問題とは考えていないようです。

そんなとき、高校の同級生の男友だちから不意に連絡があり会うことになりました。 もともと仲がよかったので、久しぶりに会って外に出て遊びました。ずっとステイホームだったのでいい息抜きになり、気分も上がり身体の調子もよくなったんです。 それをきっかけに今まで彼ひと筋だった私が、男友だちと予定を合わせては会うようになりました。何回か会い、男友だちに「彼がいるのは知ってるけど好き」と言われました。付き合ってくれとは言われていないです。でも、驚いた私は何も言えませんでした。でも嬉しかったです。

彼氏とはお互いの両親も知っており、いつプロポーズされるかもわかってはいません。もう後戻りはできないと思っていたのですが、最近はすっかり男友だちと一緒にいる時間が愛おしくなってしまいました。もう自分の気持ちがわからず、向き合うことさえ嫌になり、楽しいほうを優先にしてしまっています。 このまま彼と別れて男友だちと付き合ったりするのはありなのかな、と。不誠実だとは思いますが、アドバイスください。

(にゅうむーん 27歳未婚 会社員)

2人の男性の間で揺れたら


なるほど、なるほど。悩ましいところですが、そういうのがご縁ですし、人生なんですよね。彼はご相談者さまを軽く考えているとは思いません。一生、一緒にいるパートナーだと信じているから、結婚が1年延びても大丈夫と思っているんでしょう。ただ、ご相談者さまがストレスで体重が落ちていることにも気づいていないのか、なにも触れてこないというのは、寂しいですよね。果たして、そういう方と添い遂げていいものか。疑問が湧くのは仕方ないですよね。

そして、27歳という年齢。これから30に向けて、大人になるための階段を上る時期に差し掛かっています。結婚、出産どうするか。キャリア形成どうするか。悩む年頃で、同時に価値観もこれまでとは変わっていくでしょう。お金や仕事の重みも増しますしね。

これ、わたくしだけの見方かもしれませんが、周りの夫婦を見てますと、24、5までの結婚、特に学生時代に知り合って結ばれたカップルって、後がどうであれ、純粋に「好き」で結婚した感じがするんですよね、すごく。で、それ以降になると、もちろん好きという気持ちもあるけれど、肩書きや収入やライフスタイルなど、いろいろバランス見て、選びあった2人だよね、みたいな印象を受けるんです。

で、ご相談者さまは、まだまだ「好き」だけでお相手を選びたいようですから、そのままご自身の気持ちのままに流されるのがいいんじゃないかな〜と思います。楽しいって、いいことじゃないですか。

「不誠実」っておっしゃいますけど、ご相談者さまは2020年の入籍の約束を守らなかった今の彼を「不誠実」って責めたいわけでしょ? であれば、お互いさまです。悪い人ではないけれど、「あれ?」って違和感もっちゃったなら、その違和感はきっと、これからもっともっと広がります。で、ぶつかってケンカして本音を吐きあってから、「そうだったんだ〜。私もごめんね」って仲直りして、また、ぶつかって〜を繰り返し、気がついたら、出会った頃とは全然違う形の2人になってたりして。っていう路線を求めるもよし。まだ、イヤなところが見えてないご新規の彼に希望を抱いて、突き進むもよし。

すべての責任とともに、ご相談者さまの自由です! あまり頭で考えず、ご自身の「好き」「嬉しい」「楽しい」を追求するのもいいと思います。その先に、きっと幸せが待ってますよ!

※ お悩み募集しています。お気軽ににどうぞ!

藤島佑雪(ふじしま ゆうせつ)元リアル銀座のクラブのホステスを経て、WEB上の銀座『クラブ佑雪』オーナーママ。占い師・開運アドバイザー。著書に『元銀座ホステスが教える強運!美女になる方法』(文藝春秋社刊)。WEBサイト『TABI LABO』で「「今、ツラい」が自由になる! 12星座占い」連載中。Clubhouseで基本、日曜の午後3時から1時間ほどお悩み相談やってます。

?Tara Moore/Gettyimages

文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子

関連記事(外部サイト)

×