ついに運命の出会いがありそう…! 「SNS恋活」がうまくいく人の特徴5つ

文章や写真が得意で、面白いことを考えるのが好き……という人は、マッチングアプリよりSNSで恋活したほうがいいかもしれません。杓子定規な自己紹介文より、他愛ない日常のつぶやきで恋のきっかけをつかめるはずです。

SNS恋活が失敗しない理由


合コンや婚活パーティが難しいコロナ禍では、マッチングアプリが出会いの最前線。いくつも併用している人は少なくないでしょう。でも、どれだけアプリを駆使しても出会えないなら、性に合っていないのかもしれません。恋活のステージをSNSに変えたほうがうまくいく場合があります。

SNS恋活の強み


SNS恋活とマッチングアプリの大きな違いは、SNSのほうが人間性や日常生活がわかりやすい点にあります。アプリのプロフ写真や自己紹介文はどこか“よそ行き”で、ナチュラルな自分をあらわしているかというと微妙なはず。どんなに謙虚な人であっても、「良く見せたい」という気持ちがにじみ出て、実際とは違うキャラになっていることが少なくありません。

でも、SNSでは日常のひとコマを切り取った投稿がほとんどで、アプリより気楽で素の自分がありのまま表現されます。職場の愚痴や赤裸々な本音も包み隠さず話す人は多いでしょう。

そのため、フォローして投稿を追いかけることで相手の性格や好み、ライフスタイル、ポリシーといったものが手に取るようにわかるのです。趣味や好みだけでなく、許せないことなどネガティブな条件も察しやすいでしょう。

しかも、リプやダイレクトメールで直接に絡むことも難しくありません。マッチングしないとメッセージがやり取りできないアプリより、SNSのほうが手軽に出会えるはずです。

SNSという性質上、外見より内面を重視した出会いになりやすく、言葉のやり取りでウマが合えば、対面で話してもそれほど大きなズレはありません。いったん仲良くなると恋に発展するまでが早く、内面から好きになるため心も離れにくいでしょう。

SNS恋活に向いている人の特徴


とはいえ、SNS恋活は人を選ぶところがあります。誰もがうまくいくというわけではないのです。

文章が上手 人の目を引く写真が撮れる ユーモアのセンスがある 自分をさらけ出してネタにできる器用さがある 社交的で文字だけでも人と絡める

こうした特徴を持つ人がSNS恋活では注目を集めます。当然ながら、SNSはアカウントを作るだけでは誰ともつながれません。自分からフォロワーを集め、たくさんの人の目に触れることで出会いは増えて恋の可能性も広がります。

そもそもSNSが好きな人や、Twitterやインスタグラムを日常的に使う人が、恋活でも上手に活用できるはずです。

SNS恋活で気をつけたいこと


SNS恋活でもっとも気をつけたいのは、容姿がわからないことが多い点です。自撮り写真をたくさん投稿している人でも、写真加工アプリで目や顔の大きさを変えているかもしれません。結局は会ってみないとわからないため、「性格は好きだけど見た目が無理」という場合がしばしばあります。

また、自分が恋活アピールをするなら、抵抗はあっても自撮り写真は投稿したほうがいいでしょう。“中の人”を知ってもらうことでフォロワーの注目度は変わってきます。顔すべては見せないにせよ、定期的に自撮り写真をアップすると恋活がスムーズになるはずです。

使えるツールはすべて使う!


コロナ禍で人との接点が限られるなか、「出会いがない」と恋活に苦戦する人は少なくありません。だからこそ、使えるツールはすべて使うつもりで。ガツガツするくらいがちょうどいいでしょう。

ひと昔前は合コンで出会ったと言うのも恥ずかしがる人がいましたが、今どき出会い方にこだわるなんて無意味なこと。大切なのは新しい恋を手に入れられるかどうかで、出会い方ではありません。

ものは試しとSNS恋活を始めるのも、アプリとSNSを併用するのもアリ。いろいろ試してみることで自分に合った恋活が見つかるはずです。

?JGI/Jamie Grill/Gettyimages?Tim Robberts/Gettyimages?filadendron/Gettyimages

文・沙木貴咲

関連記事(外部サイト)