スッと距離を縮めるなら… 好きな男性の「懐に入り込む」ためのコツ4選

好きな男性に近づきたいという思いがあっても、なかなかそれが上手にできない方も多いはず。でも、スッと距離感を縮められるようになったら、そのまま恋愛対象として見てもらえる可能性も。そこで今回は、好きな男性の「懐に入り込む」ためのコツを紹介します。

「自分から」近づいていく


「ちょこちょこと話しかけてきてくれる女性とは、すぐに仲良くなれますね。親近感も湧きやすくなるので、ほかの女性よりもかなり好印象を持っちゃいます」(20代・男性・営業)

まずは自分から近づいていって、壁を作らないようにすると、男性もあなたに近づきやすくなります。そのためにも、自分からあいさつをしたり自分から話しかけたりして、心を開いていることを示すのが大事。

くだらない話や他愛もない話をするだけでもいいので、とにかく彼の警戒心を解くようにすると、きっと彼も近づきやすくなるでしょう。

きちんと「反応を示す」


「リアクションをちゃんと取ってくれる人だと、一緒にいてすごく楽しいです。反応がないと、どうしたらいいのかわからなくなっちゃいますからね……」(30代・男性・IT)

好きな男性といるときには、緊張や恥ずかしさが生じるので、つい硬くなってしまいがち。仕方ないことではありますが、ちゃんと反応を示すようにしないと、「俺に興味がないのかな?」とか「俺といてもつまらないんだな」なんて思われてしまうかも。

彼に何かをしてもらったときには、喜んだり感謝をしたりする姿を恥ずかしがらずに見せたほうがいいですよ。

「慕っている感」を出す


「俺のことをよく頼ってきてくれる後輩の女性がいるんだけど、やっぱり彼女のことはかわいいなって思います。頼りにしてもらえたら単純にうれしいので……」(30代・男性・建築関係)

自分のことを慕ってくれる女性に対して、「可愛らしいな」という思いを抱く男性も。「助けてあげたい」とか「力を貸してあげたい」と感じるようにもなるので、あなたの存在自体が大きくなっていくでしょう。

ときには意中の男性に甘えるなどして、アドバイスをもらった際にはちゃんとお礼を伝えるようにすると、自然と信頼関係が築けるはず。

否定せずに「共感する」


「僕の意見を否定したり、文句を付けない女性とは、もっと色々と話したいなって気持ちになります。僕のことを理解してくれているんだと、好感を持てます」(20代・男性・インストラクター)

自分に共感してくれることが多い女性のことは、“良き理解者”といった認識を抱く男性が多いもの。無理に合わせる必要はないですが、共感できる部分があったときには、それを男性に伝えるようにするといいでしょう。

異なる意見の場合でもそれを否定はせず、一旦受け入れたうえで自分の意見を述べるようにすると、お互いに尊重し合える関係性になれますよ。

好きな男性の懐に入り込むためには、まずはあなたが好意を示していくことが大事。それとなく好意を感じたら、男性もあなたのことが気になり出し、少しずつ近づいてきてくれるようにもなるでしょう。

?bojanstory/gettyimages?dusanpetkovic/gettyimages

文・山田周平

関連記事(外部サイト)