1回たった60秒のバストケア! 再生回数800万超で話題のさくまみおのメソッド

女性らしいやわらかさのある白肌、細く引き締まったウエスト、そしてふっくらとしたHカップのバスト…。まるで二次元の世界から飛び出してきたようなパーフェクトボディの持ち主は、美ボディメイクYouTuberのさくまみおさん。実はこの方、YouTubeに投稿したあるバストアップ動画の再生回数が800万回以上(!)を誇る話題の女性なんです。

「そもそも私がボディメイクに目覚めたのは、20代後半になってから。最初は『バストを大きくしたい』というよりも『二の腕を細くしたい』と思ったのがきっかけです。自己流でケアを始めたところ、2週間で二の腕が細くなったことに加え、予想外に胸まで2カップアップしていて…! そこから興味が湧いてボディメイクインストラクターの資格を取ったり、自分なりに体のことを勉強して、バストアップ動画を配信するようになりました」

さくまさんの動画の中でも特に反響が大きいというのが、バストアップマッサージ。

「バストの形が崩れたり、大きくならない原因の一つは、上半身のリンパや血液の流れの滞りによる、筋肉の凝りや衰えにあります。上半身をほぐしてリンパの流れに沿ってしっかりマッサージをすることで、バスト全体に栄養を行き渡らせ、本来あるべき理想の姿に導きます」

今回は、アンアンのために60秒バージョンの基本マッサージを紹介してくれた。

基本の60秒マッサージ


YouTubeで800万回以上再生された話題のバストアップマッサージ、その基本のやり方を伝授。1セット60秒とお手軽なので、まるっと流れを覚えて毎日のルーティンにしよう!

1. 鎖骨のリンパを流す

片手を軽くパーに開いて人差し指と中指で鎖骨を挟み、内側から外側に向かって動かしてリンパを流す。

2. ひじ下からワキに向けて流す

二の腕の脂肪をバストに持ってくるようなイメージで、ひじ下からワキの下の腋窩(えきか)リンパ節に向かって手を滑らせる。

3. 肩甲骨からワキへ流す

片腕を上げ、反対の手を横から肩甲骨の辺りに伸ばして、ワキの下を通って胸に向かって流す。さらに背中側から流しても。

4. 胸を包むように下からマッサージ

胸の下の脇腹辺りからワキを通り、円を描くようにデコルテ側に。手が離れないうちに、もう片方の手で胸の下から内側を通りデコルテ側にマッサージする。

5. お腹から両手で胸に向かって流す

お腹のお肉も胸に集合させるようなイメージで、肋骨の下辺りからバストの中心を通り、ワキ下に向かって左右同時に流す。

6. 腋窩リンパ節をほぐす

老廃物が溜まりやすいワキの下の腋窩リンパ節をもむ。親指とその他4本の指でワキと胸の間の部分をつまみ、もみほぐす。

さくまみおさん ボディメイクインストラクター、リンパケアセラピストの資格を持ち、YouTubeチャンネル「さくまみおの美ボディ研究部」が大人気。著書に『胸は大きく、体は細く! グラマラスレンダー習慣』(KADOKAWA)がある。

カーディガン¥25,960(シップス) デニム¥25,300(アッパーハイツ フォー シップス) 共にシップス 渋谷店 TEL:03・3496・0481 タンクトップ 参考商品(H&M/H&M カスタマーサービス TEL:0120・866・201)レギンス¥6,820(テン/AMATERAS) ブラトップはスタイリスト私物

※『anan』2021年9月29日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・nagisa(W) 取材、文・瀬尾麻美

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)