香りやデザインにもこだわりたい! 6つの“除菌&リフレッシュ”アイテム

いまや使わない日はない除菌&リフレッシュアイテムこそ、香りやデザインにこだわって選ぶと暮らしの質が上がりそう。消耗品で価格も手頃だから、気兼ねなく贈れるのもうれしい。

使うたびに気分が上がる「除菌&リフレッシュ」グッズ


1、小谷実由さん Select


PALOS「ハンド&マスクスプレー Angelic Chorus」50ml¥2,640

甘くてスパイシーな香りでリフレッシュ。植物由来の原料で作ったアルコール60vol%を配合。イランイランやベイリーフ、セージをブレンドし、ほんのり甘いフローラル香にスパイシーさをプラス。「どこに行ってもアルコール消毒とマスクの毎日。そんな息苦しい気持ちを晴れさせてくれる大好きな香り」。ブルペン TEL:03・6407・0526 

小谷実由さん モデル。雑誌やカタログ、広告を中心に、モデルのほか執筆業でも活躍する。さまざまな作家やクリエイターとの企画、ブランドとのコラボアイテムにも積極的。

2、裏地桂子さん Select


NEAL’S YARD REMEDIES「ハーバルハンドフレッシュナー」50ml¥1,980

保湿効果が高く、手肌にやさしいのもポイント。オーガニックライ麦由来のアルコールを使用し、ひと吹きで手肌を消毒するハーバルグリーンの香りのハンドスプレー。グリセリンやハマメリスエキスを配合し、保湿効果も。「オーガニック由来で手にやさしく、贈りやすいので、心ばかりのプチギフトとして重宝しています」。TEL:0120・316・999 

裏地桂子さん ギフトコンシェルジュ。“ギフトを通して思いを伝える”をモットーに贈り物の提案や商品企画、開発などにも携わる。毎日更新のインスタ(@k.uraji)が好評。

3、木津明子さん Select


COEL×Uroom「ポータブルミストスプレー」¥2,640

手のひらサイズで携帯に便利なミストスプレー。別売りの微酸性次亜塩素酸水溶液を噴射することで、日常のあらゆるエリアをセーフティゾーンにする携帯型ミストスプレー。「子どもはあちこち触るので、子育て中の友人に贈りたい。私も首からかけて携帯しています。別売りカバーの色が豊富で、贈る相手のイメージに合わせられるところも」。

木津明子さん スタイリスト。数々のファッション誌や広告、著名人のスタイリングで活躍。シューズやジュエリートレイなど、ブランドとのコラボアイテムも多彩に展開中。

4、野崎未菜美さん Select


WHOLE TREE「クリーンアップスプレー ヒノキ」50ml¥1,760

フレッシュな精油の香りに癒される。植物が持つ殺菌&自己浄化を促す化学物質フィトンチッドを含む、ヒノキとティーツリーの精油を贅沢に使った多目的除菌スプレー。「精油のフレッシュな香りで、使うたびに気持ちがほぐれます。パッケージもシンプルで素敵なのでギフトにも最適」。プレイマウンテン TEL:03・5775・6747 

野崎未菜美さん スタイリスト。岡尾美代子氏に師事後、本誌をはじめとする雑誌、広告やカタログなどで活躍。やさしい雰囲気のなかに芯のある凛としたスタイリングに定評が。

5、中根美和子さん Select


POCKET MIST「ファンクション マスクスプレー(High Ag+)ハッカ」15ml¥980

マスク生活が快適になるハッカの香り。厚さ約1cmと胸ポケットに収まるコンパクトさながら、約250回プッシュできる銀イオン水を使ったスプレー。「とにかくさりげないので、まめにシュッシュと使ってしまいます。時間が経っても変なにおいに変わらないところもお気に入りです」。キャライノベイト TEL:03・5830・7288 

中根美和子さん スタイリスト。ファッションからインテリア、フードまで、ジャンルを問わない幅広いスタイリングが持ち味。本誌をはじめ女性誌や広告などで活躍中。

6、平野紗季子さん Select


OFFICINE UNIVERSELLE BULY「マスク用アロマシール」8枚入り¥1,540

マスク内の空気をリフレッシュするアロマシール。ペパーミントの香りがユーカリとシトラスの爽やかさと調和し、マスクに貼るだけでリフレッシュ。「マスク生活も快適にしてしまおうという発想が素敵。自分で買うにはちょっと贅沢なコスパ感ですが、だからこそ気軽なギフトに最適だと思います」。ビュリージャパン(株) TEL:0120・09・1803 

平野紗季子さん フードエッセイスト。ポッドキャスト番組『味な副音声』のパーソナリティ、菓子ブランド『(NO) RAISIN SANDWICH』の代表を務めるなど、食を中心とした活動は多岐にわたる。近著に『POPEYE 特別編集 味な店 完全版』(小社刊)。Instagramは@sakikohirano

※『anan』2021年10月27日号より。写真・加藤新作 スタイリスト・中根美和子 取材、文・宮尾仁美 撮影協力・UTUWA

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?