復縁でもうまくいく…! 元彼との復活愛を「長続きさせるコツ」3選 #154

大好きだったけど別れることになってしまった彼が忘れられず、復縁を望む女性はいると思います。でも、その復縁願望、本当にお互いのためになっていますか。多くの復縁は、実は長続きしないと言われています。それは、復縁をする際のポイントを押さえていないからかもしれません。

元カレとの復縁が長続きしないのはなぜ? 愛され復縁を叶える3つのポイント


【おおしまりえの恋愛道場】vol. 154

問題があって彼とはお別れしたけれど、やっぱり好き。どうしても彼を忘れられない。そんな想いから、復縁を考える女性がいます。30歳もすぎると新しい異性との出会いは減り、過去にいい関係を築けていた元カレに対する想いが募りやすい時もあります。ただ、復縁というのは、一部をのぞき、戻れたとしても関係が前よりも悪くなり、結局うまくいかないケースが多いものです。

ではなぜ復縁すると長続きしないことが多いのか、今回は復縁テクニックではなく、復縁が長続きしない原因とあわせ、相思相愛な関係を再構築するための3つのポイントも解説します。

復縁が長続きしない1番の理由


復縁しても結局前と同じように関係が悪くなり、ダメになる。復縁するときは「同じ過ちは犯さないようにしよう」と誰しもが心に誓うものですが、一体なぜ、それでもダメになってしまうのでしょう。

最大の理由は、別れにつながる原因を根本まで理解し、改善できていない点にあります! 具体例とともに紹介します。

時間や約束にルーズな彼に、だんだん嫌気がさして彼女も冷めていったカップルがいたとします。そんな2人が復縁した時、彼は「なるべく約束は守る」という改善を心に誓い、彼女も「あんまり彼を責めすぎない、負担にならないような約束はしない」など、改善を誓うかもしれません。

しかし、これだけではまだ不十分なのです。まず、心での決意といった根性論は、だいたいが時間とともに元通りになります。時間や約束が守られないことが1番の原因であれば、心の決意だけでなく、仕組みとしてその問題が起こらないように状況を整えることと、どうしてそういう行動を取るのか、心の問題に向き合う必要があるのです。

愛され復縁ポイント1 破局原因を物理的にも心理的にも解消する


例を紹介した流れで、愛される復縁関係を築くためのポイントを1つずつ紹介をしていきたいと思います。1つめは、別れの原因をきちんと分析し、物理的な理由と心理的な理由を解消することです。

先ほどの時間や約束にルーズな彼と、冷めていった彼女という関係なら、「時間と約束にルーズになる仕組み」を、復縁時には起こりにくくする取り決めをきちんとした方がいいでしょう。

具体的には、

待ち合わせ場所を彼の家にする 30分以上連絡もなく遅れた場合、自動的にキャンセルとする。彼女は待たない

合わせて、そういう問題が起きる本音についても話し合い、そして改善を図っていく必要があります。例えば以下のような思い込みがあると、行動を止めたいと思っても止めることができにくくなります。

彼はマイペースな自分を尊重してもらうことで、相手に安心感を覚えている


この場合、安心感をマイペースに合わせるという行動以外で、感じてもらえるような接し方を考える必要があります。

約束をやぶった時、彼女の不満の度合いがきちんと理解できていないから彼は悪いと思っていない


彼女は、問題が起きるとどんな気持ちになっているかを、改めて丁寧に相手に伝え、彼もそれをきちんと理解し把握する必要があります。

こうした心の問題というのは、きちんと分解するのが難しい時もあるため、お互いなあなあにやり過ごすことが多いです。ただ、行動と感情を分けてお互い思っていることを出せれば、自ずと両面での解消方法は見えてくるものです。

愛され復縁ポイント2 未練なのか好きなのかハッキリさせる


続いて復縁を円満に進めるポイントは、「もう1回やり直したい」という気持ちが、未練からくるのか純粋な愛情からくるのか、自分の気持ちをきちんと確認することです。

キレイに割り切れるものではありませんが、未練の割合が多いのであれば、その復縁はかなり危険信号です。なぜなら、未練で復縁した関係は、相手へのやり残しや復讐心、罪悪感の払拭など、ネガティブな要素がモチベーションになっていたりするからです。

先ほどの事例をもとに、未練での復縁をするのであれば、こんな想いがあると要注意です。

彼の行動に対して、辛く当たっていた自分の行いを反省したい すごく傷ついたけど、この別れ方はモヤモヤして納得できない 自分がこんなことで別れたのは受け入れられない、もう1回チャンスがほしい

いかがでしょう。一見犯してしまったことに対して前向きな行動とも取れますが、恋愛は本来「純粋な愛」からすべきものです。つまり、愛以外の気持ちが起点になっているなら、それはお互いのためにも復縁しない方がいいのです。

愛され復縁ポイント3 付き合った後の前向きな妄想


自分の気持ちを確認すると同時に、相手に具体的なアクションを取る前にぜひやってほしいことがあります。原因をきちんと分析し、自分の中の好きという気持ちを確認できたら、「彼と復縁できた時の自分」を、前向きに妄想してほしいのです。

妄想はより具体的であるほどよくて、例えば同じ問題がもし起きたときどんな気持ちを覚えるか、今度は相手にどんな対応をするかなどを、合わせて想像してみましょう。

この時、モヤッとしたり怒りを覚えたりしたのであれば、復縁しても前と同じような状態になってしまうかもしれません。また具体的な対応もあやふやだと、妄想の中の自分は前と変わらないものです。

具体的な未来を妄想できたとき、「関係がどうなっても、もう1回心を通じ合わせたい」といった清々しい感覚になれたなら、その復縁したい気持ちは本物です。ぜひ彼ともう1回いい関係が築けるように、向き合ってみてください。きっと復縁というイベントを通して、自分の中での成長や新たな幸せにもつながります。

おおしま りえ/恋愛ジャーナリスト

10代より水商売やプロ雀士などに身を投じ、のべ1万人の男性を接客。本音を見抜く観察眼と、男女のコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。私生活では20代で結婚離婚を経験した後、現在「女性自身」「週刊SPA!」など大手メディアを中心にコラムを執筆中。

?Constantinis/Gettyimages?Tara Moore/Gettyimages?Oliver Rossi/Gettyimages?andresr/Gettyimages

文・おおしまりえ

関連記事(外部サイト)