親友の夫を略奪後… 33歳女性を待ち受けていた「地獄の結末」【後編】

純奈さん(仮名・33歳)は7年ぶりに友人の千紗さん(仮名)と再会。すると、その夫がかつての元カレ・和樹さん(仮名)だったそう。そして、友人の夫ではあるものの、和樹さんが自分のことをまったく憶えていなかったことに悔しさを覚え、彼との不倫に走ってしまったのだとか。今回は、純奈さんたちがどんな結末を迎えたのか、詳しく伺いました。

裏切りが発覚


「親友の千紗に気づかれないよう、和樹と私は不倫関係を続けていました。

ときには、千紗の子どもと合わせて4人で食事をするような機会もあり、そこで千紗が私に気を遣い、“誰かいい男性を紹介してあげてよ”と和樹に依頼するようなシーンもあったりしましたね。

そしてあるとき、千紗から電話がかかってきました。最初の声のトーンの低さから、和樹との関係に気づいたんだと察しましたね。どうやら私と和樹のLINEのやり取りを見てしまったようでした。

千紗は酷く取り乱していて、話をしている最中、何度も“嘘でしょ?”という言葉を繰り返していました。信頼していた2人に裏切られたわけですから、そういう反応になるのも仕方ないと思っていましたね」

慰謝料の請求に対して


「結局、千紗と和樹は離婚することになりました。その際、千紗から慰謝料を請求されることに。不倫により離婚に至ったということで、かなりの金額でした。

実は私は、前の夫の影響で、仮想通貨の投資を始めていたんです。始めた時期がかなり早かったため、それなりに儲かり貯えもありました。なので、慰謝料のほうは問題なく払えたんです。

ただ、子どもに対する養育費のほうは心配していました。しかし、千紗はバツイチで、子どもは前の夫の連れ子だったんです。なのでこちらが養育費を払う義務はないということで決着しました」

ルーズなのはお金だけでなく…


「離婚が成立して、私と和樹は一緒に住むようになり、間もなく籍を入れました。

和樹はパチンコ店の社員をしていました。とにかくパチンコが好きで、就業後にほかのパチンコ店に行って遊んでいたほど。パチンコ屋で稼いだお金を別のパチンコ屋に落としていくという感じでしたね。

そして和樹がルーズなのは、お金に対してだけではありませんでした。結婚後しばらくして、ほかの女性の影が浮上したのです」

過去の女性を渡り歩く男


「彼は私が仮想通貨でかなり稼いでいたことを知り、羨ましがっていました。そして、自分も始めたいと、セミナーに通うようになったんですね。

そこで知り合った女性と、深い関係になったのです。その女性というのが、和樹のかつての飲み仲間。セミナーで再会し、男女の関係になったようです。

どうやら彼は過去の女性を渡り歩く人だったようです。私も和樹に対して、心のどこかでどうしようもない人だということには、気づいていたんだと思います。だから、諦めはすぐにつきました。ほどなくして、私はバツ2となりました」

“親友の夫を奪った女性の告白”をご紹介しました。

親友の夫を略奪したら、同じような状況で、ほかの女性に夫を略奪されるということが起きてしまった純奈さん。人を傷つければ、それが自分に返ってくることもあるのかもしれませんね。

?structuresxx/gettyimages

文・塚田牧夫

関連記事(外部サイト)