不倫相手に正式な彼女ができ… 37歳専業主婦が迎えた「最悪の結末」【後編】

美央さん(仮名・37歳)は、会社経営者の修一さん(仮名)と出会い不倫に堕ちてしまいました。その後、彼と豪遊を繰り返し、贅沢三昧の日々に夢うつつの状態でしたが、その時間は長くは続かなったそう。今回は、どんな結末を迎えたのか、美央さんに詳しく伺いました。

不倫相手に正式な彼女が


「交際が始まり3か月ほどしたころ。修一さんからの連絡が減ってきたんです。それに、こちらがLINEを送っても返事が素っ気ないんですね。

そこで、以前の交流会に参加していた、修一さんと一緒にいた男性に連絡をしてみました。そこで、それとなく近況を尋ねると、“彼女ができたようなことを言っていた”と言うんです。

ショックでしたが、修一さんは独身です。恋愛は自由。仕方ないと思う気持ちもありましたが、やっぱりもう一度振り向いて欲しくなりました」

振り向いてもらうために


「彼が車の輸入関係の会社を経営していることを思い出した私は、彼のところで車を購入すれば、また振り向いてもらえるのではないかと思いました。そこで、“いい車がないか探している”と連絡を入れてみたんです。しかし、“今度、お店に来て”という素っ気ない返事しか返ってきませんでした。

やはり修一さんをお金で振り向かせるのは無理なのだと悟りましたね。そのため、何かほかの方法はないかなと模索していたところ、別の男性と親しくすれば気にかけてもらえるのではないかと考えたんです。

そこで、修一さんのことで連絡を取った男性と、会ってみたんですね。そして、そのことを修一さんに伝えました。しかし、それが逆効果。電話がかかって来て、“なにやってるんだ”と不機嫌にさせてしまいました」

数日後、紹介された「先輩」


「数日後、修一さんから“紹介したい人がいる”という連絡が来ました。続けて、“大事な人だから”と言うんです。そのメッセージを見て、機嫌を直してくれたんだと、ホッとしましたね。

食事の席が設けられ、行ってみると、修一さんともうひとり男性がいました。スーツ姿の礼儀正しい人で、彼は“先輩”と呼んでいました。

先輩は投資で成功した人らしく、どんな方法で成功したかを説明してくれましたが、正直チンプンカンプン。でも最後に、“セミナーに来てください”と誘われました。しかも、“ぜひお友達も一緒に”と。

後日、言われた通り友だちも連れて参加しました。なぜならセミナーへの参加は、修一さんのためにもなると思ったからです」

不倫からの転落


「投資に関する知識を少し学び、私も始めてみることに。説明を受けた通り、初心者向けのミドルリスクミドルリターンのものから始めました。すると、ビギナーズラックでしょう。僅かですが儲けが出たんです。

そこから楽しくなり、積極的にセミナーに参加。しまいには、ハイリスクなものにも手をつけるようになっていきました。そうしたら一切儲けがなくなり、最終的に1か月で80万円もの損失を出してしまうことに。

修一さんにそれを伝えても、“そういうこともある”と言うだけ。相談にものってくれませんでした。おそらく、先輩に私を紹介したのも、セミナーの人数集めだったのでしょう。

おかげで独身時代に貯めていた貯金が激減。しかし、幸いなことに夫には一連のことはバレず、家庭に目に見える形で被害が及ぶことはありませんでした。

それ以降、修一さんとの関係も清算することに。今はパートを始め、コツコツと貯金を取り戻しています」

“不倫から転落した妻の告白”をご紹介しました。

不倫での豪遊は、今まで主婦として頑張ってきたご褒美のようなものだと思っていたようですが、それは大きな間違い。これを機に、もう2度と同じ過ちを犯さないようにして欲しいものです。

?eggeegg/shutterstock?Yuji Ozeki/gettyimages

文・塚田牧夫

関連記事(外部サイト)