体重4kg減! 女性約200人の「メリットしかないお家時間の過ごし方」

2020年以降、新型コロナウイルス感染防止策として世界中が外出自粛ムードに。ショッピング、女子会、デート等をしない代わりに、みんなは何をして過ごしているのか。今回は、アラサー女性が集まるanan総研メンバーに「コロナ禍で新しく始めたこと、ハマったことがありますか?」という問いを投げ、詳細を調査。なかには「あるものを30万円で購入した」というメンバーも。詳細を緊急調査しました!

ぶっちゃけ、コロナ禍の外出自粛期間中何してた?


20代〜30代の女性が集まるanan総研メンバー約200人に、コロナ禍で始めたことを聞きました。

コロナ太りが深刻で、ジム通い


「コロナ禍でジムをやめたけど、家にこもることが増えて体重が増加。自己肯定感が下がってしまったので2021年からFeelcycleをスタート。マスク着用などコロナ対策をしつつ週1~2回通い、結果半年で-4kg減量! メンタルも強くなるしこれからも続けたい」(26歳・公務員)

「肩こり解消目的でマシンピラティスを始めました。体幹を鍛えることで全身にも変化があり、デニムのウエストサイズが−8cmになりました」(34歳・自営業)

「パーソナルトレーニングに力を入れました。結果、体のラインが変わった」(34歳・自営業)

通勤にも制限がかかり、体を動かす機会が減ることで体重増加が気になりジム通いを始めたメンバーが多数。それぞれ具体的に体の変化を実感していました。ん〜うらやましい!

アイドル、アニメ、ゲーム……オタ活万歳!


「SixTONESにハマりました。FCにも入り、ロケ地巡りや遠征も経験。今までいわゆるオタクになった経験がなかったので、世界が広がりました」(29歳・会社員)

「KPOP、なかでもNizi Projectにハマり、過去の人気アイドルも追いかけ始めました。しまいには運動不足解消も兼ねてコピーダンスを踊るっていうところまで影響されました」(35歳・自営業)

「もともとゲーム好きでしたが、引きこもり生活に拍車がかかりハイスペックゲーミングPCを30万円で購入。APEXなどいろいろなゲームを楽しんでいるので毎日忙しい!」(35歳・自営業)

「お家時間が長くなったので、LINEマンガのアプリで、暇さえあればマンガを読むようになりました。もちろん、仕事以外の時間にです(笑)」(35歳・会社員)

「『原神』というスマホゲームを始めたら、どハマりしてしまった。スマホをいじる時間が増えてしまったので最近は自粛中」(23歳・大学院生)

おうち時間が多くなり、エンタメに触れる機会も増加。今まで気に留めていなかった芸能人の魅力に気づき、ハマる人も。また、ゲーム好きは本領発揮。環境を整え、とことん楽しでいる様子。

語学、料理を習得しスキルアップ!


「YouTubeを視聴するようになり、資産運用やミニマリストのノウハウを勉強したことで、証券口座を開設して運用するようになった」(34歳・会社員)

「資格取得に励み、自分の仕事のスキルアップができた」(31歳・専門職)

「WordPressの勉強を始めた。家から出なくても仕事ができるようになりたい」(33歳・会社員)

「料理。インスタグラムで料理アカウントを開設し発信までするようになった。周りに投稿を見せると褒められます」(29歳・会社員)

オンラインセミナーやYouTube動画を上手に利用して、自分のスキルアップを目指したメンバーもいました。

キャンプやゴルフなど、近場で楽しめるアウトドア


「キャンプ! お金をかけずに旅行を楽しめるようになった」(31歳・会社員)

「ゴルフ。人生で初めて趣味ができた」(34歳・専門職)

「ゴルフ(打ちっぱなしなど)」(30歳・会社員)

自然に触れ開放的な気分を味わえるキャンプやゴルフ。キャンプは近場かつ、低予算で旅行気分を味わえるからアンケート調査でも人気でした。ゴルフは、ラウンドに行かなくても打ちっ放しでコツコツ練習できるから続けられて良いですよね。

以上、「コロナ禍で新しく始めたこと、ハマったことがありますか?」でした。無心になって楽しめるものがあれば、これから始まる新生活や環境の変化で心がザワザワした時にもストレス発散できます。特にハマったものが無い人も、このアンケート結果のなかで気になるものがあればぜひ参考にしてみてくださいね!

文・玉絵ゆきの

?Evgeniia Siiankovskaia/Getty Images?Willie B. Thomas/Getty Images?Morsa Images/Getty Images?Nitat Termmee/Getty Images

文・玉絵ゆきの

関連記事(外部サイト)