井上咲楽、マスク生活でも「チークは絶対に使う派」 おすすめチーク3選

各ブランドから続々と新作がリリースされるなど、今春は本格的にチークブームが再燃しそうな予感。仕事でもセルフメイクが多い井上咲楽さんは、オンオフ問わずチークを愛用しているのだとか。

井上咲楽×質感別チーク


マスク時代でも映え顔作りにチークは必須!


「マスク生活になってチークを使わなくなった、という声も聞くのですが、私は絶対に使う派。使う色によって簡単にイメチェンできるし、血色感があるだけで、顔色が良く見えるので!」

その日のファッションに合わせてチークを使い分けるこだわりも。

「洋服がポップな日は、ピンク系のチークをちょっと濃いめに入れたり、大人っぽい日は、ブラウン系をシャープに入れてみたり。色や入れ方を日々研究しています。よく使うのはパウダー系のチークで、クリームなどは難しい印象があったのですが、今回お試ししたら、思っていたより使いやすくてびっくり。今春は、新たなアイテムにも挑戦しようと思います!」

1、ポンポンするだけで愛され顔が即完成 賞


ANNA SUI「スポンジ チークカラー 301」

ジューシーな血色感をオン。チークがキレイになじむよう設計された、ドーム型スポンジを採用。薄膜で自然になじみ、内側からじゅわっと染まったような頬に。「スポンジの角度を変えるだけで濃淡の調節ができ、テクニックレスで使えるチーク。一見ポップなピンクでも肌なじみが抜群で、一気に顔が華やぐ!」。¥4,400(アナ スイ コスメティックス/アナ スイ コスメティックス TEL:0120・735・559)

「スポンジをポンポンするだけなので本当に手軽。頬の中央に丸くのせて、可愛い系の洋服と合わせたいです」

2、HAPPY感あふれるツヤめきを纏えるで 賞


PAUL & JOE BEAUTE「プレスト ブラッシュ 01」

美しい発色をロングキープ。パウダーならではの軽やかさで、ひと刷けでムラなく発色し、ぴたっと密着。ホワイトのパールが繊細に輝くシャンパンスパークルと、シャンパンピンクのコンビ。「ツヤ感が美しく、ブラシでさっと纏うだけで、肌がキレイに見えます。色々な使い方を楽しめそう!」。¥2,750 コンパクト I ¥1,100(ポール & ジョー ボーテ/ポール & ジョー ボーテ TEL:0120・766・996)

「チークとして使うのはもちろん、ハイライトとしてCゾーンや目の下、鼻筋などに入れても顔から浮かずキレイ」

3、ムーディな発色で美人度アップをお約束 賞


THREE「ブロウンアウェイ ブラッシュデュオ 05」

表情にメリハリ感をプラス。なめらかにのび広がり、肌に自然な血色感を添えるクリームチークと、ニュアンスのある透明感とツヤを与えるパウダーのセット。色と質感のレイヤードで、奥行きのある表情をメイク。「クリームチークは苦手意識があったのですが、パウダーもセットなので使いやすい! 大人っぽいボルドーカラーがツボ」。¥4,180(THREE /THREE TEL:0120・898・003)

「頬骨に沿って薄くシャープに入れ、シックなファッションと合わせたいです。持ち運びやすいサイズなのも」

いのうえ・さくら タレント。1999年10月2日生まれ、栃木県出身。4月から人気長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(テレビ朝日系)の新アシスタントに就任予定。

※『anan』2022年3月2日号より。写真・さとうしんすけ(商品) スタイリスト・大島有華 取材、文・松原 彩

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)