むくみ&張りを緩める! スポーツマッサージのプロ直伝、簡単“脚ケア”

腕がいいと評判の先生を直撃、脚や股関節にアプローチできる施術をライターSが体験しました。ここでは、スポーツマッサージの逸材・Athliv. sports massage tokyo ginzaの室賀淳先生に注目! ストレッチやツボ押しなど自宅で簡単にできるケア方法も教えてもらいました。

座りっぱなしや運動で疲れた脚をスポーツマッサージで和らげる。


血流を促進させてむくみや張りを緩める。


血液の流れを促進することでスポーツによる疲労を回復し、ベストなパフォーマンスに導くことを目的としたスポーツマッサージ。室賀淳先生は、スポーツに関わる仕事がしたい、パフォーマンスに貢献したいという思いから、トレーナーの道へ。さまざまなスポーツチームに帯同するなど、多くのアスリートのボディメンテナンスを担当してきた。

「スポーツマッサージは、解剖学や機能解剖学、生理学の観点に基づいた施術を行います。筋肉や筋膜、皮膚、脂肪などの組織にアプローチすることで、人に本来備わっている自己回復力を高めていきます。リズミカルにテンポよく、筋肉をほぐしていく点が特徴の一つで、施術にマニュアルなどはありません。患者さんそれぞれの症状や体の構造、生活習慣に合わせて行っています」

スポーツをしている人以外にも、おすすめできるものだという。

「血流を良くすることを大事にしたメソッドなので、生活習慣や普段の動作のなかで蓄積された体の疲労や痛み、肩こりなどにも、もちろん効果が期待できます。硬くなったふくらはぎまわりの筋肉を柔らかくすることで、長時間のオフィスワークなどによる慢性的な脚のむくみの改善にもいいですよ」

ほどよい圧で押され施術後は脚が軽やかに!


生活習慣やどのくらい運動をしているかなどの質問の後、施術がスタート。付け根や太ももの裏、ふくらはぎなど、日々のデスクワークによりむくんだ脚全体がほぐされていく。症状がひどい箇所を押されると、「うっ」と声が出る瞬間も。いろいろな体勢で素早くマッサージをしていく先生は、まるで忍者のよう…。施術後は脚がうんと軽くなり、股関節も開くように。

室賀先生が伝授! 自宅でできる脚ケア


普段あまり使わない内転筋を伸ばす。

硬くなった内転筋を緩め、股関節の可動域を広げるエクササイズ。まずは四つん這いになり、足を肩幅よりも広く開く。その状態から、お尻を後ろに引くようなイメージで下げていく。内転筋が伸びているのをあまり感じない場合は、脚をもっと広く開いて行う。

脚を左右に倒して股関節を柔らかく。

股関節のこわばりを和らげ、可動域を広げるエクササイズ。まずは、体育座りをした状態で両手を後ろにつく。次に、足を肩幅より広く開き、膝を90度に曲げる。膝の角度をキープしたまま両脚を右に倒し、その後、左に倒す。これを20回ほど交互に繰り返す。

東京都中央区銀座4‐3‐2 銀座白亜ビル6F TEL:090・7222・5381 11:00〜22:00(土・祝日〜21:00、日曜〜18:00) 不定休 部分コース30分¥4,500〜、全身コース60分¥7,500〜。他に鍼灸やオイルマッサージなどのメニューもあり。

※『anan』2022年3月16日号より。写真・田尻陽子 イラスト・山中玲奈 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)