ビタミンCや次世代レチノールも! “毛穴&ニキビ”対策8アイテム

長引くマスク生活に加え、紫外線や皮脂量が増えるこれからの季節、ますます肌トラブルが加速しそうな予感。そこで、この時季多い肌悩み別に、“攻め”と“守り”両方向からの最適なケア法を、皮膚科専門医の小林智子先生に教えていただきます。肌状態に合わせ、賢くケアを取り入れて!

与える&落とすケアで皮脂の過剰分泌を抑制。


汗や皮脂の分泌量が増えるこれからの季節、ますます毛穴トラブルには要注意!

「この時季、特に気をつけたいのが、毛穴詰まりです。毛穴詰まりとは、皮脂や古い角質などが混ざってできた角栓が、その名の通り、毛穴に詰まる状態です。毛穴詰まりを放置しておくと、酸化して毛穴が黒ずんだり、炎症が起こることで、ニキビへと発展してしまいます。また、皮脂が過剰に分泌することで、毛穴がすり鉢状に開いてしまうことも。いずれにせよ、皮脂をコントロールしつつ、適度な保湿を心がけることがケアのポイントです」(皮膚科専門医・小林智子先生)

皮脂コントロールの方法は?

「守りのケアとしては、皮脂の分泌を抑制してくれるビタミンCやレチノールなどが配合されたアイテムの継続使用が有効です。攻めのケアは、角栓や角質をオフできるアイテムで優しく洗うこと。強い力でこすると肌への刺激となり、より毛穴を目立たせるので、あくまで優しく丁寧に。落としすぎも乾燥を招くので注意しましょう」

毛穴開きの原因から抑えるケアで守りを固めつつ、週何回かの物理的アタックでつるん肌を目指すべし。

守り:毎日の与えるケアで皮脂分泌をコントロール。


守りどき:基本的に毎日!

オバジC「リファインローション」


オバジから待望のローションが誕生!2種のビタミンCや4種の植物エキス配合。ビタミンCの効果を最大化させる処方を採用し、毛穴悩みに徹底アプローチ。拭き取り化粧水にもなる。150ml¥3,850(ロート製薬 オバジコール TEL:06・6753・2422)

ダーマレーザー「スーパーVC100 ローション さっぱり」


レーザー美容発想の浸透力を実現。浸透型ビタミンCをはじめ、合計4種類のビタミンCを独自バランスで配合。プチプラながら、美容液レベルの成分と浸透技術を採用し、様々な肌悩みをケア。240ml¥1,650(クオリティファースト TEL:03・6717・6449)

KINS「セーラム リペア」


年齢を感じさせないハリツヤ肌へ。肌の常在菌バランスを整えつつ、次世代レチノールとして注目を集める植物由来のバクチオール配合で、ハリツヤにもアプローチ。デリケートな肌でも使える優しい処方。30ml¥9,240(KINS contact@yourkins.com)

アルビオン「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル N」


名品化粧水がパワーアップ!感触や印象的な香りはそのままに、濃縮ハトムギエキスに加え、ハトムギオイルを新たに配合。表皮ターンオーバーを整え、トラブル知らずの肌へ。[医薬部外品]165ml¥5,500 5/17発売(アルビオン TEL:0120・114・225)

攻め:落とすケアで角栓や古い角質をすっきり除去。


攻めどき:3日に1回。

カネボウ「クラリファイング パウダー ウォッシュ」


なめらか肌に導く酵素洗顔パウダー。角栓を分解し、皮脂や毛穴汚れを除去しつつ、潤いは守り、つっぱらない洗い上がりを実現。洗うたび、毛穴の目立たないピュア肌へ。0.4g×32個¥3,300(カネボウインターナショナルDiv. TEL:0120・518・520)

ファンケル「アクネケア 洗顔クリーム(医)」


ニキビの原因となる毛穴詰まりを除去。有効成分甘草成分誘導体がニキビや肌あれを防ぎ、カンテンが皮脂を多く含んだ角質を除去。すっきりと洗い上げながらも必要な潤いはキープ。[医薬部外品]90g ¥1,540 5/18発売(ファンケル TEL:0120・35・2222)

ベアミネラル「AGL フィト ラディアンス フェイシャル」


ビーガン角質ケアで明るいクリアな肌へ。AHAと同等の角質ケア効果を持つ、植物由来成分フィトAHAを配合した洗い流すタイプの角質ケアマスク。低刺激設計でありながら、パワフルなケア効果を発揮。50ml¥7,150(ベアミネラル TEL:0120・24・2273)

シトラナ「シカグロウ クレイマスク」


デリケート肌にも優しいクレイマスク。硬くなった角質をほぐして浮かす、独自のモイストクリアクレイ設計を採用。肌をいたわりながら、不要な角質や過剰な皮脂を除去し、毛穴悩みにもアプローチ。80g¥2,310(プレミアアンチエイジング TEL:0120・557・020)

小林智子先生 皮膚科専門医、医学博士。食事と健康に関してレシピや情報などを医学的な立場から発信するブランド『ドクターレシピ』を監修するなど、幅広く活躍中。

※『anan』2022年5月18日号より。写真・加藤新作 Getty Images スタイリスト・大島有華 取材、文・松原 彩

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)