絶対にカバンに入れちゃダメ!? 金運がダダ下がりしそうな「カバンの中身」5つ

風水では家の中だけでなく、身の回りにあるものを整えることで、いい運気が引き寄せられると考えられています。たとえば、持ち歩く機会の多いカバンは、持ち運びする自分専用の空間とも言えますし、中身によってあなたの運の良し悪しが大きく左右される可能性も。そこで今回は、占い師の五十六謀星もっちぃさんに、“カバンの中にあると金運を下げてしまう可能性のあるもの”を教えてもらいました。これから紹介するものが自分のカバンの中にないかどうか、さっそくチェックしてみて。

NGポイント1:バラバラな状態の小物


化粧品や文房具などの小物が、バラバラな状態でカバンの中に散らばっているのは、風水的によくないとされています。

カバンの中身も整理整頓することが、金運の上昇につながるでしょう。運気を上げたいのなら、持ち歩かなければならない小物はポーチにまとめるなどして、カバンの中で散らばらないようにしてみてください。

NGポイント2:期限の切れたおやつ


小腹が空いたときに備えて買っていたおやつなどの軽食を、期限が切れてからもカバンに入れたままにしているのも、あまり良いことではありません。

日常的に食べる習慣があって頻繁に入れ替えているのなら問題ないでしょうが、いざというときに備えて軽食を入れているものの、ほとんど食べないという場合は要注意。賞味期限が切れたり腐ったりしているものをカバンの中に入れっぱなしにしていると、気づかぬうちに運気を下げてしまう恐れも。

そのため、基本的にはその日のうちに食べるもの以外は、極力持ち歩かないようにするといいでしょう。ただし、のど飴や口臭ケアのためのタブレットなど、目的が決まっているものはその限りではありません。

NGポイント3:割れた鏡


鏡は古来様々な儀式で使われており、神聖なものとして考えられていました。また、鏡は自分の運気を映し出すものとも言われます。そのため、鏡は汚れがないキレイな状態であることが望ましいでしょう。

それにもかかわらず、割れたりヒビが入ったりしている鏡を持ち歩いていると、怪我につながる危険性だけではなく、運気を下げてしまう可能性もあります。割れた鏡をカバンの中に入れっぱなしにしている人は、直ちに処分し買い替えるようにしましょう。

NGポイント4:剥き出しの小銭


キャッシュレス化が進んでいる昨今、現金を持ち歩く人は少なくなっているかもしれません。そんななかで剥き出しの小銭を持ち歩くことは、この先ますます運気を下げることにつながっていくでしょう。

そもそもお金は暗くて静かなところを好むと言われているので、小銭をそのままカバンの中に放り込むようなことをしていると、お金に嫌われてしまう恐れも。

マネークリップで留めたお札は例外的に良いとしても、カバンの中で剥き出しのコインをジャリジャリと鳴らしながら持ち歩くのは避けたほうが良さそう。小銭は必ず小銭入れに入れて持ち歩くようにしましょう。

NGポイント5:尖っているもの


先の尖った鋭利なものをカバンの中にそのまま入れておくのも、金運を下げてしまうことにつながるでしょう。

というのも、先の尖ったものをカバンの中に入れていると、怪我をする恐れがあるだけでなく、カバン本体やカバンの中に入っているお財布などを傷つけてしまう可能性も。

お金も人も、自分を大事にしてくれる人の元に集まるものです。運気を上げたいのなら、カバンや中に入っているものを傷つけるものは持ち歩かないようにしましょう。

おわりに


あなたのカバンの中に今回紹介したものは入っていましたか? もし入っていたのなら、これを機にカバンの中から取り除いてみてはいかがでしょうか。そうすれば、自ずとあなたの運気が上昇するかもしれませんよ。

五十六謀星もっちぃ10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。占い師や、占い師になりたい人向けのオンラインサロンを運営。著書『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』(同文舘出版)

?Opla/gettyimages?Gw. Nam/gettyimages

文・五十六謀星もっちぃ

関連記事(外部サイト)